ホワイトニングに痛みは付きもの?痛みの仕組みと対処の仕方

安心してホワイトニングを受けられるように、痛みの原因や対処、さまざまなホワイトニングシステムなどについて詳しく解説します。

この記事の結論

・ホワイトニングでは一時的に歯がしみることがある
・知覚過敏が起きやすい方は痛みが出やすい傾向にある
・痛むときは歯科医師・歯科衛生士に相談しよう

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ホワイトニングは一時的に痛くなる可能性がある

歯を白くするために過酸化水素が含まれた薬剤を使用するため、歯の痛みやしみるといった症状を一時的に感じることがあります。ただ歯科医院で受けるホワイトニングと、サロンなどで行うホワイトニングでは使用できる薬剤に違いがあるため、必ず痛みを伴う処置ではありません。

歯科医院で行うホワイトニングでは過酸化水素が多く含まれた薬剤を用いており、この薬剤はしみる症状を起こすことがあります。症状を感じた場合、過酸化水素の濃度の低い薬剤に変えたり、ライトの照射時間を短くしたりするなどして痛みが出にくいような対応を受けることが可能です。

知覚過敏の症状が出やすい方や過去にホワイトニングをしてしみたことがある方は、あらかじめ歯科医師に相談することを推奨します。

なお使用する薬剤の過酸化水素の濃度が低くなるほどホワイトニング効果は低くなるため、希望する白さにするにはどの程度の施術回数が必要になるのかの確認もしておきましょう。

一方、ホワイトニングサロンなどでは歯科医師が常駐していないため過酸化水素が含まれている薬剤を使用することはできません。そのため、痛みやしみるといった症状は比較的起こりにくいです。ただ、ホワイトニング効果は低いものとなります。

なお、ライトの熱による刺激でも痛みを伴うことはあるため気になったときにはスタッフに相談してみると良いでしょう。

施術中や施術後に痛くなる原因はホワイトニング剤によるもの


歯科医院で行うホワイトニングでは使用する薬剤に高濃度の過酸化水素を使用することが多く、この薬剤は歯の表面のミネラル質を一時的に消失させ、神経を刺激することにより知覚過敏を起こします。

薬剤の濃度はホワイトニングシステムによって異なりますが、濃度が高く使用時間の長いとしみる可能性は高くなります。しかしホワイトニングの効果は高くなるメリットがあります。

施術後に痛くなる原因は、エナメル層を覆って外来の刺激から守っているぺリクルというタンパク質の膜が薬剤によって剥がれるため、刺激が伝わりやすくなっています。できるだけ冷たいもの・熱いものは口にしないように気をつけましょう。ぺリクルは24時間ほどで再び形成されるため通常どおりの食事をしても問題ありません。

ホワイトニング剤が体に合わないことがあるため、施術中・施術後に限らず気になる症状があれば我慢せず歯科医師に相談し、痛みが治まらない場合は鎮痛剤を処方してもらうこともできます。

ホワイトニングで痛みを感じやすい人


ホワイトニングで痛みを感じやすい人には以下のような特徴を持っていることが挙げられます。

  • 知覚過敏がある人
  • 歯ぎしりがひどい人
  • 虫歯を治療したのがだいぶ前の人
  • 歯茎が下がっている人

それぞれ歯の表面のエナメル質が削られていたり、エナメル質の下にある象牙質が露出した状態になっている人が痛みを感じやすい傾向にあります。

知覚過敏がある人

知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなったり欠けたりすることで中の神経に刺激が伝わりやすくなり、しみる症状のことです。なお先天的にエナメル質形成不全・象牙質形成不全がある方も一時的な知覚過敏になる可能性があるので注意が必要です。

歯ぎしりがひどい人

歯ぎしりや噛みしめにより、歯が擦り減ったり小さな亀裂が入ったりしていると、その部分から直接薬剤が触れてしまい刺激を感じやすくなります。これらの症状はご自身で気づくことは少なく、歯科医院で検査を受けることで分ることが多いです。

虫歯を治療したのがだいぶ前の人

古い修復物はその境目から再び虫歯になっている可能性があり、虫歯の部分から歯の神経に刺激が伝わり強い痛みを生じます。歯科医院でホワイトニングを行う際は事前にむし歯検査を行うことが多く、治療をしてからホワイトニングをすることが一般的です。

歯茎が下がっている人

歯周病・加齢・強い噛み合わせ・過度なブラッシングなどにより歯茎が下がり、歯の根の部分が露出してきていると、そこから刺激が伝わりやすく痛みを伴うことがあります。

これは歯の根っこは象牙質で覆われており、この象牙質は神経につながる穴が無数にあるため薬剤が浸透しやすく、しみる症状を引き起こすのです。

痛くない3つのホワイトニング方法


ホワイトニングでは過酸化水素を使用しているため、しみるなど痛みを伴う可能性があります。しかし、効果は劣りますがホワイトニングシステムによって痛みを抑えた方法もあります。これらのホワイトニング方法を選択する際は希望する白さになるかよく検討してから選ぶと良いでしょう。

薬剤濃度の低いホームホワイトニング

歯科医院では知覚過敏が起きやすい方に向けた濃度の低いホームホワイトニング剤を用意しているところもあります。

ホームホワイトニングとは専用のマウスピースの中に薬剤を入れて決められた時間装着して歯を白くする方法です。マウスピースがあれば薬剤のみ購入することもできるため続けやすい方法でもあります。

また海外から個人で輸入することも可能で、ホワイトニング剤を安く手に入れることも可能です。ただこれらの製品は薬剤の成分や濃度により、歯や歯茎にダメージを与える恐れがあるため、歯科医院で処方されたものを使用することを推奨します。

市販のホワイトニング剤

セルフホワイトニングとも言われており、市販のホワイトニング剤を使用したホワイトニング方法です。薬機法により使用できる成分が制限されているため、歯科医院でのホワイトニングと比べると痛みを抑えてホワイトニングすることが可能です。ただ市販のものはホワイトニングを謳っていても歯の表面の着色を落とすことが目的であり、歯の内側から白くすることはできません。

歯磨きをした後ホワイトニング剤を着けて磨くタイプや、ホワイトニング剤を塗布した後にLEDライトを照射して効果を高めるタイプのものがあります。比較的安価で購入できるため手軽に始められるのがメリットです。

【関連記事】
セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!
自分でホワイトニングするには?間違えた方法は後悔のもと

ホワイトニングサロン

ホワイトニングサロンは医療機関ではないため、薬機法で定められた成分を含むホワイトニング剤を使用することはできません。そのため痛みを抑えてホワイトニングすることが可能です。

効果は歯を漂白するのではなく、表面に付着した色素を落とし、歯本来の白さに近づけることを目的としています。また歯科医院で行うホワイトニングよりも安価でできるため、手軽に始められるのがメリットと言えるでしょう。

【関連記事】
ホワイトニングサロンって何?歯科医院との違いや利用方法を解説!

痛みの少ないオフィスホワイトニングの種類

市販のホワイトニングやホワイトニングサロンで行うホワイトニングでは、いずれも歯の表面に付着した着色を除去して歯本来の白さに近づけるもの。歯の漂白ができないため希望の白さにならない可能性もあります。

ただオフィスホワイトニングでは痛みを軽減できるように過酸化水素の濃度の低いホワイトニング剤やジェルを選んで使用したり施術後にフッ素を塗布したりして痛みを感じないように工夫してくれる歯科医院もあります。

知覚過敏があるけれどもホワイトニングで白くしたい場合は以下のオフィスホワイトニングを扱っている歯科医院で行うと良いでしょう。

  • ポリリン酸ホワイトニング
  • TioN
  • ピレーネ
  • ルクマール

ポリリン酸ホワイトニング

ポリリン酸を配合することによって過酸化水素の濃度を下げ、ホワイトニングの際に現われやすい痛みを軽減することが可能です。ホワイトニング剤の主成分である過酸化水素にポリリン酸ナトリウムを混ぜたものを使用します。

なおポリリン酸自体は歯の漂白効果はありませんが、歯の汚れを落とし、歯の表面にステインやプラークの付着を防止する効果があります。

TioN

TioNにはオフィスホワイトニング用とホームホワイトニング用があり、どちらも低濃度の薬剤で痛みが出にくい特徴があります。

オフィスホワイトニングでは過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度ですが、痛みを抑えながら高いホワイトニング効果を得られます。これは光照射されると薬剤から電子を放出し、過酸化水素と反応して着色物質を効率良く分解できるためで、TioNにしかない特徴です。

ホームホワイトニングでは、歯科医院で作製したマウスピースにホワイトニング剤を入れ、1日2時間の装着を2週間ほど継続します。薬剤には、10%の過酸化尿素を使用しているため歯や歯肉への刺激が少なく、時間をかけてゆっくりと歯の内部まで薬剤を浸透させていきます。

効果の持続期間はオフィスホワイトニングの効果が3~6か月程度なのに対し、ホームホワイトニングの効果は6~12か月程度と長めに維持できます。

ピレーネ

低濃度(3.5%)の過酸化水素と二酸化チタンに特定の波長の光を照射し、着色を分解しながら痛みなく高いホワイトニング効果を得られるのが特徴です。

薬剤は弱酸性のため歯や歯肉を傷めることなく、知覚過敏が起きる可能性も少ないホワイトニング剤です。

ルマクール

ルマクールのオフィスホワイトニングでは、光照射時の発熱による痛みが少なく、歯質へのダメージも少ないため低刺激でホワイトニングを行えます。

知覚過敏が出にくいように開発されたホワイトニングシステムで、発熱を抑えたアーチ型にした青色LEDを使用することにより口の中全体に光が当たりますが、効果が得られるまでに2~3回の施術が必要になります。

ホワイトニングで痛みを感じないために気を付けたいこと


ホワイトニングで痛みを感じないためには、事前に知覚過敏の治療を受けることが大切です。なおホワイトニング前に歯科医師に相談し、対処しながら施術を受けることも可能です。状況に応じて適切な対処法を選択すると痛みを感じる可能性は低くなります。

知覚過敏があるなら事前に治しておく

知覚過敏を抑える成分の入っている歯磨き粉を使用するか、フッ素を塗布し歯質を強化して知覚過敏が起きないようにしましょう。

知覚過敏を抑える歯磨き粉には「硝酸カリウム」が含まれているものを選びます。この成分は露出した象牙質にアプローチし、刺激を神経に伝達するのを防ぐ効果があります。またフッ素塗布では歯を丈夫にする再石灰化作用があり、歯をしみにくくする効果も期待できます。

気になるところは事前に相談しておく

虫歯や歯周病などをそのまま放置してホワイトニングをすると強い痛みを生じやすいため、きちんと相談・治療をしてからホワイトニングを行うようにしましょう。

なお歯科医院では検査を行ってからホワイトニングを行うことが一般的です。ホワイトニングに影響があるほどのむし歯であれば処置をしてから施術を開始します。

【関連記事】
ホワイトニングは痛いもの?痛みの原因・対処法まとめ

痛みの少ないホワイトニングならホワイトエッセンスがおすすめ

ホワイトエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院近くをフランチャイズ展開しているホワイトニング専門の医院です。クリーニング・ホワイトニング技術のレベルはとても高く安心して施術を受けられます。

オフィスホワイトニングでは6,500円(税込)からのプランが用意されており、コストパフォーマンスはかなり高いです。相談してから決めたい方や、どのメニューを選んだら良いか分からない方は、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら