ホワイトニングに痛みは付きもの?痛みの仕組みと対処の仕方

ホワイトニングは、歯の痛みを伴うことがあると耳にしたことがあるでしょうか。ホワイトニングをしようと考えていても「痛みを伴う」と聞くと躊躇するかも知れません。
しかし、すべての人が痛みを感じるような施術ではありません。

では、痛みが起きる人と起きない人では何か違いがあるのか、また、痛みの回避の仕方があるのかなど疑問が出てくると思います。

安心してホワイトニングを受けられるように、痛みの原因や対処、さまざまなホワイトニングシステムなどについて詳しく解説します。

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

ホワイトニングは痛い?

「歯科医院で受けるホワイトニング」と、「サロンなどで行うホワイトニング」のどちらとも必ず痛みを伴う処置というわけではありません。

多くの歯科医院では過酸化水素が多く含まれたホワイトニング剤を用いています。この過酸化水素によって歯の痛み沁みといった症状を、個人差はありますが一時的に感じることがあります。
症状を感じた場合、過酸化水素の濃度の低い薬剤に変えたり、ライトの照射時間を短くしたりするなどして、痛みが出にくいような対応をしてもらえます。

知覚過敏の症状が出やすい方過去にホワイトニングをして沁みたことがある方は、あらかじめ過酸化水素の濃度やホワイトニングの方法について歯科医師と相談しておいた方が良いでしょう。
また、使用する薬剤の過酸化水素の濃度が低くなるほど、ホワイトニング効果は低くなるので希望する白さにするにはどの程度の施術回数が必要になるのかの確認もしておきましょう。

一方、歯科医師の常駐していないホワイトニングサロンなどでは過酸化水素が含まれるホワイトニング剤を使用することはできません。そのため、ホワイトニング効果は低いですが、痛みや沁みといった症状は比較的起こりにくいです。しかし、ライトの熱による刺激でも痛みや沁みの症状を感じることはあるので、気になったときにはスタッフに相談してみてください。

ホワイトニング施術中・施術後に痛みが出る原因は ?

ホワイトニングの際の痛みは、ホワイトニング剤によるものです。薬剤には高濃度の過酸化水素が含まれており、その刺激が歯の神経に伝わると知覚過敏を起こします。薬剤の濃度は、ホワイトニングシステムによって異なります。薬剤の濃度が高く使用時間の長い方が、ホワイトニング効果が高くなりますが沁みる可能性も高くなります。

施術後はエナメル層を覆って外来の刺激から守っているぺリクルというタンパク質の膜が、薬剤によって剥がれているため、刺激が伝わりやすくなっています。できるだけ冷たいもの・熱いものは口にしないように気を付けましょう。ぺリクルは24時間ほどで再び形成されるので、通常どおりの食事をしても問題ありません。

ホワイトニング薬剤が体に合わないことがあるため、施術中・施術後に限らず気になる症状があれば、我慢せず歯科医に相談しましょう。痛みが治まらない場合は、鎮痛剤を処方してもらうこともできます。

痛くないホワイトニングはある?

薬剤濃度の低いホームホワイトニング

海外から個人で輸入したものについては、薬剤の成分や濃度によっては歯や歯茎にダメージを与える恐れがあるため、歯科医院で処方されたものを使用することを推奨します。

市販のホワイトニング剤

歯科医院ではなく市販で購入できるため、比較的安価で手軽に始められます。
歯磨きをしたあとホワイトニング剤を着けて磨きます。
ホワイトニング剤にLEDライトを照射してホワイトニング効果を高めるタイプのものもあります。
薬機法により使用できる成分が制限されるているため、歯科医院でのホワイトニングと比べると効果は低く、個人差も出やすいです。

セルフホワイトニング

市販のアイテムを使ったホワイトニングは、漂白をするわけではないので効果がかなり低めです。
セルフケアでは、着色汚れの予防を目指しましょう。

【関連記事】
セルフホワイトニングって効果あるの?歯科医院との違いなどを徹底解説!
自分でホワイトニングするには?間違えた方法は後悔のもと

ホワイトニングサロン

ホワイトニングサロンは医療機関ではないため、薬機法で定められた成分を含むホワイトニング剤を使用することはできません。そのため、ホワイトニングサロンで望める効果は歯の表面に付着した色素を落とし、ご自身の歯本来の白さに近づくまでです。

【関連記事】
ホワイトニングサロンって何?歯科医院との違いや利用方法を解説!

痛みの少ないオフィスホワイトニングの種類は?

ポリリン酸ホワイトニング

「過酸化水素」に「ポリリン酸ナトリウム」を混ぜたものを使用するホワイトニング方法です。
ポリリン酸自体は歯の漂白効果はありませんが、歯の汚れを落とし、歯の表面にステインやプラークの付着を防止する効果があります。
ポリリン酸を配合することによって、過酸化水素の濃度を下げ、ホワイトニングの際に現われやすい痛みを軽減させる目的があります。

ピュールホワイト

ピュールホワイトは過酸化水素をまったく含んでいないため、ホワイトニングサロンなどで用いられています。基本的にはセルフ方式なので、比較的リーズナブルで気軽にホワイトニングできます。

酸化チタンを配合したジェルに紫外線LEDの光を当てることで、光触媒作用を発生させ反応速度を高め歯を本来の自然な白さに戻すことができます。
「光触媒」の仕組みで汚れを除去するので、歯の表面を溶かすことも歯肉の痛みも無く、施術時間も短縮、歯のダメージや知覚過敏の発生も小さいことが期待され、表面が艶やかになります。
神経に作用しないので虫歯があっても施術が可能で、さらに口臭の原因になる細菌も除去し、口臭予防にもなります。
ホワイトニング後やホワイトニング期間中に着色しやすくなるため色の濃い食事は控えるなどの規制がありましたが、酸化チタンと光触媒を用いたホワイトニングは歯の表面をまったく溶かさないので、施術直後からどのような食事も可能です。

痛みは出にくいですが、本来の歯の色以上の白さにするのは難しいです。 個人差がありますが、効果は3~4か月程度維持できます。

ティオンホーム

ティオンにはオフィスホワイトニング用とホームホワイトニング用があります。

歯科医院でホワイトニングする際には、薬剤を塗布したあと、光照射を行います。光照射されると薬剤が電子を放出し、過酸化水素と反応するため、着色物質を効率良く分解します。このため、ティオンオフィスの過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度ですが、高いホワイトニング効果を得られます。

ホームホワイトニングでは、歯科医院で作製したマウスピースにホワイトニング薬剤を入れ、1日2時間の装着を2週間ほど継続します。
ホームホワイトニング用の薬剤には、10%の過酸化尿素を使用しているので、歯や歯肉への刺激が少ないですが、唾液との接触や体温によって分解して変色物質を酸化し、着色歯面の清掃を補助します。

刺激が少なく、時間をかけてゆっくりと歯の内部まで薬剤を浸透させることができるため、個人差はありますが、オフィスホワイトニングの際の効果が3~6か月程度なのに対し、ホームホワイトニングの際の効果は6~12か月程度と長めに維持できます。
また、歯科医師の指導の下で行うので安心、安全に行うことができます。

ピレーネ

歯や歯肉を傷めないよう考慮したオフィスホワイトニング用の漂白材です。歯磨きでは取り切れない着色汚れや黄ばみを取り除き、自然な歯の白さを実現できます。

低濃度(3.5%)の過酸化水素二酸化チタンに<特定の波長の光を照射し、汚染された色素成分を分解することで活性酸素が発生し、高いホワイトニング効果を得られます。

また、弱酸性なので歯と歯肉への負担が軽い薬剤です。エナメル質に与えるダメージが少ないので、痛みが少なく後戻りしづらいのも特徴です。

ルマクール

オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング剤に含まれる過酸化水素のホワイトニング反応を促進させるために光を照射します。アーチ型にした青色LEDを使用することにより、口の中全体に光が当たるようにしたホワイトニングシステムです。ハロゲンやプラズマより発熱が少なく、歯質へのダメージが少ない低刺激なホワイトニングを行えます。

ホワイトニングで痛みを感じやすい人

知覚過敏がある人

知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなったり欠けたりすることで中の神経に刺激が伝わりやすくなり、沁みる症状のことです。
また、エナメル質形成不全象牙質形成不全の方も一時的な知覚過敏になる可能性があるので注意が必要です。

歯ぎしりがひどい人

歯ぎしり噛みしめにより、歯が擦り減ったり小さな亀裂が入ったりしていると、その部分から中に直接薬剤が触れ、刺激を感じやすくなります。

虫歯を治療したのがだいぶ前の人

古い修復物は、その境目から二次的な虫歯になっている可能性があります。虫歯の部分から、歯の神経に刺激が伝わり強い痛みを生じます。

歯茎が下がっている人

歯周病加齢噛み合わせ過度なブラッシングなどにより歯茎が下がり歯の根の部分が露出してきていると、歯の根の部分から刺激が伝わりやすくなっています。

ホワイトニングで痛みを感じないために気を付けたいこと

知覚過敏があるなら事前に治しておく

知覚過敏を抑える成分の入っている歯磨き粉を使用するか、フッ素を塗布し歯質を強化して知覚過敏が起きないようにしましょう。

気になるところは事前に相談しておく

虫歯歯周病などをそのまま放置してホワイトニングをすると強い痛みを生じやすいので、きちんと相談・治療をしてからホワイトニングを行うようにしましょう。

【関連記事】
ホワイトニングは痛いもの?痛みの原因・対処法まとめ

オフィスホワイトニングでも痛みを軽減できるよう対応してくれるところも

痛みを軽減できるように過酸化水素の濃度の低いホワイトニング剤やジェルを選んで使用したり、施術後にフッ素を塗布したりして痛みを感じないように工夫してくれる歯科医院もあります。

痛みの少ないホワイトニングならホワイトエッセンスがおすすめ

ホワイトエッセンスとは?

ホワイトニングエッセンスとは、北海道から沖縄まで全国に200医院近くをフランチャイズ展開しているホワイトニング専門の医院です。
歯科医院の技術にエステの心地良さを取り入れ、歯だけではなく歯肉や唇のケアも受けることができ、笑顔を魅力的にするメニューが充実しているため、美容院に通うような感覚で通えます。

100時間以上の接遇・技術研修を受け試験に合格し、認定を受けた女性歯科医師と歯科衛生士のみがセラピストとして施術を担当しています。
ホワイトエッセンスでは全国どこの医院でも、クリーニング・ホワイトニング技術のレベルはとても高く安心して施術を受けられます。
アロマの香りと癒し効果のある体感音響システムが導入された専用のチェアのある個室が用意されています。完全個室なので、とてもリラックスして施術を受けることができます。

ホワイトエッセンスのメリット

歯科医院のホワイトニングが良心的価格で受けられる

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも15,000円(税抜)からのプランが用意されています。
施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスはかなり高いです。
すべてのホワイトエッセンスは歯科医院に併設されています。そのため、虫歯や歯周病に関する相談は別途で併設の歯科医院で受けることが可能です。

無料カウンセリングを利用できる

相談してから決めたい方や、どのメニューを選んだら良いか分からない方は、まずは無料のカウンセリングを受けることをおすすめします。

安心して利用できる圧倒的に豊富な実績

ホワイトニングとクリーニングを合わせた症例実績は1,135,000件を超えます。実績が豊富で、ホワイトニング後の食事などの指導も的確で安心です。

独自に開発したホワイトニングジェルと光照射器

ホワイトニング効果を高めるため、自社で独自のホワイトニングジェルとそのジェルを光により活性化させる装置を開発し、どちらも薬機法(旧薬事法)の認可を取得しています。これらの使用で歯が沁みることはほとんどありません。

返金保証と中途解約制度で安心して始められる

過去に他の歯科医院でのホワイトニングを受けた経験が無く、初めての来院の方で施術後に歯の白さの変化を実感できない場合は、翌日までに連絡をすると全額返金されます。
また、対象コースを契約したあとで、ご自身の都合で通うことができなくなった場合や、サービスや効果に満足できなかった場合は中途解約ができます。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら