気になる歯のヤニ取りをしたい!歯に付着したヤニを綺麗にする方法や予防法をご紹介

タバコのヤニによる歯の黄ばみは印象を悪くするため、どうしたら黄ばみを落とせるか知りたいという方は多いです。

この記事では、タバコの黄ばみを防ぐ方法やヤニを落とす方法について解説します。

この記事の結論

・タバコに含まれるヤニ(タール)が、歯の表面に固着すると歯が黄ばむ

・歯科医院でのクリーニングで黄ばみを落とすことができる

・タバコのヤニが固着しないように、マメに歯磨きをするなどの対策方法がある

【おすすめのホワイトニング商品①】
歯の黄ばみを色素分解する!
自宅でできる医療ホワイトニング
ホワイトエッセンスのオンラインホワイトニング

【おすすめのホワイトニング商品②】
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

【おすすめのセルフホワイトニングサロン】
ホワイトニングサロンの中でも圧倒的な通いやすさ!
思い切り笑顔になれる口元へ
ホワイトニングLipsy

ヤニによる黄ばみの原因

タールが歯の表面に固着して起こる

タバコに含まれるヤニ(タール)は独特の匂いと色で、部屋の壁紙や窓を黄色くしてしまう成分としてよく知られています。喫煙者の歯も同じようにヤニで黄色くなります。

ヤニは植物の樹脂で油っぽく粘着質なため、一度歯にこびり付いてしまうと歯磨きではなかなか落としきれません。

しかし、水溶性なので歯磨きなどで早めに洗い流すことができれば、定着することはありません。

黄ばみはヤニ以外でも起こる

着色は歯の表面に残っている残留物や色素が、ペリクルという本来歯を守るための唾液由来のタンパクの薄い膜に取り込まれることで起こります。

着色しやすい飲食物は、カレーやコーヒー、赤ワインなどの色の濃いものです。

【関連記事】
歯の黄ばみの原因は?対処法や一番効果的な方法を教えます

ヤニによる黄ばみの落とし方

歯科でのクリーニング

ヤニは固着してしまうと歯磨きだけでは落とせないので、自分で綺麗に落とすのは難しいです。
ヤニによる黄ばみが気になったときは、歯科医院でのクリーニングを受けることをおすすめします。

歯科医院では薬剤や専用の機械を使用して汚れを落としてくれるため、歯の裏側や凸凹部分に付着したヤニでも奇麗になります。

また、歯石除去などもしてもらえるため、歯周病予防や口臭改善にもなります。
喫煙は歯周病にも悪影響があるので、歯科での検診は定期的に受けることをおすすめします。

【関連記事】
歯のクリーニングは本当に効果がある?その頻度や費用について解説

市販のヤニ落とし用の歯磨き粉で磨く

一般的な歯磨き粉より固めの研磨剤が含まれているので注意が必要です。

歯磨き粉をたくさん付け過ぎたり頻繁に使用し過ぎたりして、歯の表面を傷付けてしまうと、そこに色素やヤニ、汚れなどが入り込みやすくなるためさらに着色しやすくなります。

市販の歯の消しゴムを使用する

市販の歯の消しゴムは、消しゴムのように歯の表面のヤニが付いた部分を擦ることによって汚れを落とすことができるアイテムです。

即効性がありますが、強い力で擦りすぎると歯を傷つけやすいですので、使用には注意が必要です。

激落ちくんは使用しないで

台所掃除用品の「激落ちくん」を使用しヤニ取りをするという話がネット上にあるようですが、絶対に辞めましょう。事実、人体に使用しないようにと商品への注意書きに書いてあります。

口の中に入れると危険な有害成分が摂取されてしまったり、歯に傷をつけてしまったりするリスクがあります。また歯に細かい傷が付くと、かえってヤニが再付着しやすくなります。

ヤニで歯を黄ばませないためにできること

マメに歯磨きをする

プラークが付着した歯の表面は、ザラザラしているのでヤニが付きやすくなっています。そこで、こまめに歯磨きをして歯の表面がツルツルになるように頻繁にリセットしてあげることで、ヤニも付着しにくくなります。

忙しくて歯を磨く時間を上手く作れなかった場合は、1日の終わりにいつも以上に丁寧に歯を磨きましょう。
また、お酒の好きな方で飲んだあとそのまま寝てしまった場合は、起きたときにいつも以上に丁寧に時間をかけて磨きましょう。

電動歯ブラシを使用する

音波式の電動歯ブラシを使用すると、細かい振動によって歯についたヤニを落としやすくできます。また電動歯ブラシの種類によっては、着色汚れを落とすことに特化したモードがある電動歯ブラシが販売されています。

手磨きの歯ブラシで磨くよりも効率的に歯を磨くことができますが、研磨剤入りの歯磨き粉と併用すると歯を傷つけてしまうリスクが高くなります。

電動歯ブラシを使用する際の歯磨き粉は、低研磨や研磨剤無配合のジェルタイプがおすすめです。

タバコを吸い終わったあとは口をゆすぐ

ヤニは水溶性なのですぐに口をゆすげば、固着してしまう前にある程度は洗い流せます。

理想は歯磨きをすることですが、外出先などでは難しい場合は口をゆすいだり、水を飲んだりして対策をしましょう。

ガムを噛む

ガムを噛むことにより唾液を多く分泌させて、自浄作用を利用して洗い流すのも有効です。また、唾液には抗菌作用もあるため、唾液を多く分泌させることは口臭予防にも繋がります。

ガムは、できるだけキシリトールの含有量が高いものを選び30分以上噛むようにすると、虫歯予防にも効果にも繋がります。

ヤニ取りフィルター・パイプを使用する

タバコにつけるフィルターやパイプを使用することにより、歯に付着するヤニの量を減らすことができます。

お酒の席でタバコを控える

アルコールは摂取量が増えると口腔内の乾燥を引き起こすので、唾液が口腔内に十分に行き渡らず自浄作用や抗菌作用の効果が低くなります。

そのため、アルコールを摂取すると着色しやすくなり、口臭も強くなる可能性が高まります。
歯の黄ばみが気になる方は、お酒の席ではできるだけタバコを控えるほうがいいでしょう。

コーヒーとタバコをセットにしない

喫煙者にはコーヒーとタバコをセットで楽しまれている方が多いですが、両方とも着色しやすいものなので歯の黄ばみ予防の面から考えると、おすすめできる組み合わせではありません。

コーヒーには、多くのポリフェノール(活性酸素を除去する抗酸化物質)が含まれています。このポリフェノールとペリクル(唾液由来の歯を保護するタンパクの薄い膜)が結合することで色素沈着し、着色汚れになります。

どうしてもコーヒーと一緒にタバコを楽しみたい方は、歯磨きをこまめにするようにしましょう。そして、就寝前の歯磨きは特に念入りにするようにしてください。

また、タバコの本数かコーヒーを飲む回数を減らしたり、電子タバコに変えたりしてみるのもいいでしょう。

あまりに気になるなら歯科医院でのホワイトニングを


クリーニングを行ったあとさらに白くしたいと感じた方は、ホワイトニングという方法があります。

ホワイトニングは薬剤を使用して、歯の内側から漂白するので確実に歯が白く綺麗になります。

また、ヤニ汚れだけでなく加齢による黄ばみが気になる方も歯科医院でのホワイトニングは効果があります。

【関連記事】
知らないと後悔する!?オフィスホワイトニングの基礎知識

歯科でのクリーニングやホワイトニングなら おすすめは ホワイトエッセンス

ホワイトエッセンスは、北海道から沖縄まで全国に200医院以上をフランチャイズ展開しています。

歯科医院の技術にエステの心地よさを取り入れ、美容院に通うような感覚で通えます。

認定を受けるためには独自の研修を受け試験に合格しなければならず、全国どこの医院でもクリーニング・ホワイトニング技術レベルはとても高く安心して施術を受けられます。

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも16,500円からのプランが用意されているため、気軽にホワイトニングを受けやすいです。
ホワイトニングエッセンスのHPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら