電動歯ブラシは効果ある?効果と正しい使い方をご紹介!

電動歯ブラシは、正しく使うと手で磨くよりも効率的に隅々まで歯の汚れが落とせます。

電動歯ブラシにはどんな効果があるのか、効果的に正しく使うにはどうすれば良いのかをご紹介します。

この記事の結論

・電動歯ブラシの効果は駆動方式や機能によって異なる
・電動歯ブラシは正しく使うことで効果が引き出せる
・電動歯ブラシに歯磨き粉は必要ないが、薬用効果が欲しい場合は研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うのがおすすめ

電動歯ブラシの効果


電動歯ブラシは手用歯ブラシには無い効果があります。ブラシの駆動方式によって汚れを落とす効果は異なり、以下のような特徴があります。

  • 振動式→振動する力で歯垢を落とす
  • 回転式→汚れを掻き出す
  • 音波式→ブラシが届かないところの汚れも落とす
  • 超音波式→バイオフィルムまで落とす
  • スマホと連動するタイプなら磨き残しを防ぐ効果もある

振動式|振動する力で歯垢を落とす

内蔵されたモーターで歯ブラシを振動させて、歯垢を除去する効果があります。 ブラシの毛先が歯垢や食べかすなどに直接当たることで汚れが落ちます。

回転式|汚れを掻き出す

円形のブラシが回転して歯を1本ずつ磨くタイプで、歯垢を落とす効果が高いです。歯と歯の間や歯と歯茎の境目、歯の裏側に毛先が入り込んで食べかすや歯垢を落とします。

ほかの駆動方法の歯ブラシと比べて力が強いので、使い方によっては歯肉を傷つけやすいです。歯肉のケアが必要な歯周病の方には向いていません。

音波式|ブラシが届かないところの汚れも落とす

音波式は歯ブラシに毎分2〜4万回の音波振動が起こります。この振動が歯と歯の間や歯周ポケットなどの細かい隙間に伝わるので、ブラシが触れていないところの汚れまで落とす効果があります。

音波振動はブラシの先から2mmほど離れたところまで伝わります。さらに音波振動が歯垢を洗い流す唾液の流れを作るので、効率よく歯の汚れを除去できます。

超音波式|バイオフィルムまで落とす

毎秒約160〜200万回の非常に細かい振動で、歯垢だけでなくバイオフィルムまで除去する効果があります。

バイオフィルムは虫歯や歯周病の原因となる口内細菌が繋がって膜のようになったもので、歯垢とは異なる通常の歯ブラシで落とすのが難しい歯の汚れです。

バイオフィルムを破壊して細菌の結びつきを断ち切ることで、歯に新しい汚れが着きにくくなります。また、骨や歯茎の細胞を活性化する効果もあり、歯周ケアに効果的です。

スマホと連動するタイプなら磨き残しを防ぐ効果もある

製品の中には専用アプリと連動して、磨き残しや歯ブラシの動かし方をチェックできるものがあります。このようなタイプは、汚れを落とす効果に加えて磨き残しを防ぐ効果もあります。

電動歯ブラシを効果的に使うためのポイント


電動歯ブラシを効果的に使うには、以下のポイントを抑える必要があります。

  • 電動歯ブラシの基本的な使い方をマスターする
  • ブラシは定期的に交換する
  • 口や歯の大きさに合ったブラシを使用する
  • 歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを使用する

電動歯ブラシの基本的な使い方をマスターする

電動歯ブラシの効果をきちんと得るためには、基本的な使い方をマスターする必要があります。手用歯ブラシとは、ブラシの動かし方が違うので注意しましょう。

1、ブラシを口に入れてから電源を入れる

電源を入れてから歯に当てると歯磨き粉が飛び散る可能性があります。電動歯ブラシを口に入れてから電源を入れましょう。

2、軽い力で歯に当てる

電動歯ブラシは汚れを落とす力が強いため、強く押し当てると歯茎や歯が傷つきます。軽い力で歯に当てて、はブラシを歯に対して90度に当てるのが基本です。

歯周病の予防や改善が目的の場合は、歯と歯茎の境目に対して45度の角度でブラシを当てます。

3、少しずつ横にブラシをスライドさせる

1本ずつの歯に当てるイメージで数秒間ブラシの毛先を当てたら、少しずつ横にスライドさせます。

電動歯ブラシはブラシが自動で動いているので、手用歯ブラシのようにゴシゴシと横に動かす必要はありません。ゴシゴシと動かすと、振動が上手く伝わらずに歯垢が落ちない可能性があります。

ただし、超音波歯ブラシは目で見えないくらい振動が細かくブラシ自体がほぼ動かないため、手用歯ブラシのように横方向に小刻みに動かす必要があります。

ブラシは定期的に交換する

ブラシは消耗品のため、3ヶ月を目安に新しいものに交換しましょう。

毛先が広がったブラシは歯垢に正しく振動が伝わらないので、電動歯ブラシの効果が発揮されません。

口や歯の大きさ、目的に合ったブラシを使用する

歯周病の方は毛先が細くて歯茎に優しいブラシ、矯正中の方や口が小さい方は細くて小さいブラシを使用するなど、自分の口の大きさや目的に合った歯ブラシを使用しましょう。

電動歯ブラシのメリットは口の状態に合わせて歯ブラシの大きさや形を変えられることです。電動歯ブラシを選びのポイントとしてブラシのバリエーションも視野に入れておくと良いでしょう。

歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを使用する

歯磨き粉を使う場合は、研磨剤の入っていないものを使用しましょう。また、泡立ち過ぎてしまうので、できれば発泡剤も無いものが良いでしょう。

ジェルタイプや液体タイプなら研磨剤や発泡剤が配合されていないものが多いです。

電動歯ブラシは、正しく使えば歯磨き粉を使わなくても歯垢を十分に落とせます。しかし、手用歯ブラシよりも歯を磨く力が強いので、研磨剤入りの歯磨き粉を使うと歯の表面が削れてしまう恐れがあります。

電動歯ブラシにおける歯磨き粉の効果


歯垢を落とすことが目的なら、電動歯ブラシに歯磨き粉は必要ありません。しかし、歯磨き粉を使うと薬用成分による以下のような効果が期待できます。

  • 歯質強化による虫歯予防
  • 殺菌効果による歯周病・口臭の予防と改善
  • ヤニやステインを浮かせて落とすホワイトニング効果

歯質強化による虫歯予防

フッ素が含まれた歯磨き粉は、歯質を強化して虫歯を予防します。

また、フッ素には歯の再石灰化と、虫歯菌の活動を抑制して歯を溶かす酸ができにくいようにする効果もあります。酸に溶けにくい歯と酸の生産の抑制、酸によって溶けた歯の修復の3方向から歯を守ります。

殺菌効果による歯周病・口臭の予防と改善

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)、CPC(塩化セチルピリジニウム)、LSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)などの成分が含まれた歯磨き粉は、殺菌効果による歯周病や口臭の予防・改善効果があります。

ヤニやステインを浮かせて落とすホワイトニング効果

ポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールなどの成分が含まれた歯磨き粉なら、ヤニやステインを浮かせて落とす効果があります。

電動歯ブラシに研磨剤の入った歯磨き粉は使用できませんが、薬用効果で汚れを浮かせて落とすタイプの歯磨き粉なら使用できます。

歯の表面にあるヤニやステインの除去が目的なので、元の歯の色よりも白くはできません。

しかし、普段からコーヒーや紅茶をよく飲む、タバコを吸うなどの習慣がある方は、ホワイトニング成分が配合された歯磨き粉が着色予防に効果的です。

多機能な電動歯ブラシならホワイトニングモードという歯の表面の着色汚れを落とすのに特化した機能があるので、そちらと併用するのも良いでしょう。

電動歯ブラシは正しく効果的に使おう


電動歯ブラシは正しく使うと手用歯ブラシよりも汚れを落とす効果が高く、短い時間で効果的に口腔ケアが完了できる優れものです。

効果が引き出せる電動歯ブラシの効果は駆動方式や機能によって異なります。電動歯ブラシの性能と効果を踏まえて、自分のライフスタイルに合っているものかを基準に選ぶと良いでしょう。

スマイルティース編集部おすすめの電動歯ブラシ


多機能であらゆる口の悩みに対応できる、効果の高い電動歯ブラシをご紹介します。

  • ブラウンオーラルB iOシリーズ iO9
  • パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DL36
  • オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B306

ブラウンオーラルB iOシリーズ iO9


歯の汚れだけでなく舌の汚れにまでアプローチできる7つのモード搭載のブラウン最上位機種です。ブラッシングをサポートする人工知能搭載で、アプリと連携して磨き残しをチェックできます。

購入はこちら

パナソニック 音波振動ハブラシ ドルツ EW-DL36


歯科医師が推奨する歯ブラシの動かし方を電動歯ブラシで簡単に再現できます。極細毛の歯ブラシと毎分31,000回ほどの音波振動で歯周ポケットの中の汚れを除去します。

購入はこちら

オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B306


ブラシが立体的に振動する独自のマルチアクション音波振動で、手磨きの5倍の歯垢除去効果を発揮する電動歯ブラシです。歯垢除去、歯周ケア、ステイン除去、歯の隙間に強い4種類のブラシ搭載で、価格も数千円とコスパが高いのが魅力です。

購入はこちら