電動歯ブラシの替えブラシの特徴は?種類や選び方を解説

多くの電動歯ブラシではブラシ部分の交換が可能で、電動歯ブラシ本体と一緒に替えブラシも販売されています。替えブラシは種類によって利用目的が異なり、正しく利用しないと正しい効果を得られない可能性があります。

そこで、この記事では電動歯ブラシの替えブラシについて、基本情報や替えブラシを選ぶ際のポイントについても解説しているので、ぜひ参考にして見て下さい。

この記事の結論

・電動歯ブラシは定期的にブラシを替えブラシに変更したほうがよい
・替えブラシには様々な種類がある
・替えブラシは目的に沿ったものや純正品を選ぶ

電動歯ブラシの替えブラシとは

電動歯ブラシの替えブラシとは、ブラシ部分を交換する部品です。電動歯ブラシは一般的な歯ブラシと比べて高価なため、歯ブラシのように使い捨てにはしません。

そのため、多くの電動歯ブラシでは、ブラシ部分を交換できるように設計されているのです。

また、電動歯ブラシを使い続けると、どうしてもブラシ部分が劣化するので、歯垢除去力が低下してしまいます。そのため、電動歯ブラシの清掃力を高く保つためには、定期的に替えブラシを交換する必要があるのです。

替えブラシの種類

電動歯ブラシの替えブラシには、種類によって様々な効果があります。単に劣化したから交換するだけでなく、あなたの目的に応じて替えブラシを交換することもできます。

例えば、電動歯ブラシの替えブラシが豊富なオムロンの場合、以下の種類があります。

  • 歯垢除去
  • 歯周ソフトケア
  • すき間みがき
  • やわらか毛先
  • ステイン除去
  • 幅広プレミアム

メーカーによっては他にも様々な効果を有する替えブラシが販売されています。そのため、あなたの悩みに適した替えブラシを購入すると良いでしょう。

替えブラシの互換性

全ての電動歯ブラシに全ての替えブラシを装着できるとは限りません。基本的に電動歯ブラシの本体によって、利用できる替えブラシが決まっているので注意が必要です。

電動歯ブラシ本体と替えブラシの互換性はメーカーによって異なるので、替えブラシの購入前に確認しておきましょう。また、メーカーによっては全ての電動歯ブラシ本体と替えブラシの互換性がある商品もあるため、確認が面倒な方におすすめです。

例えば、ソニッケアーであれば、特定のシリーズ(キッズ・eシリーズ)を除いて全ての替えブラシと互換性があります。

電動歯ブラシの替えブラシを交換する

電動歯ブラシを長く効果的に使用し続けるためには、定期的に替えブラシを交換する必要があります。この章では、替えブラシの交換に関して、以下3つを解説します。

  • 替えブラシを交換する必要性
  • 替えブラシを交換する時期

一つずつ解説していきます。

替えブラシを交換する必要性

電動歯ブラシの替えブラシは、交換することで「歯垢除去力の維持する」「清潔さを守る」などのメリットがあります。

ブラシ部分は物理的に歯を磨くため、使い続けることで毛先が広がってきます。そのまま使い続けると、毛先が上手く歯に当たらなくなって歯垢を効率的に除去できなくなるのです。

また、電動歯ブラシを何度も使っていると、ブラシ部分には雑菌が増殖します。ブラシ部分は食事の食べかすや歯垢と直接触れる部分のため、筋が増殖しやすいのです。

そのため、替えブラシを交換せずに長く使用し続けると、衛生的にも良くないと言えるでしょう。

替えブラシを交換する時期

電動歯ブラシの替えブラシを交換する時期は、約2~3ヶ月です。メーカーによって交換を推奨する時期は異なりますが、概ね平均3ヶ月くらいが替え時であると言えます。

しかし、電動歯ブラシを使う頻度は人によって違うため、あなたの使用頻度に応じて交換すると良いでしょう。ブラシ部分の毛先が折れていたり、開いてきたりすると見た目で分かる交換時期です。

そのまま使う続けると、ブラシが上手くすき間に入らないため、歯垢除去力が低下してしまいます。1ヶ月も経たずにブラシの形が崩れてきた場合は、ブラッシング圧が強すぎる可能性があるため、注意して下さい。

また、電動歯ブラシの使用頻度が少ない場合でも、衛生的な観点から替えブラシは定期交換するべきです。前述した通り、ブラシ部分は雑菌が繁殖しやすい場所なので、長期間使用し続けない方が良いでしょう。

電動歯ブラシの替えブラシを選ぶポイント

電動歯ブラシの替えブラシを交換する重要性が分かったところで、替えブラシの選び方についても解説していきます。具体的なポイントは以下3つです。

  • 純正品を選ぶ
  • 目的に合ったものを選ぶ
  • まとめ買いで費用を抑える

一つずつ解説していきます。

純正品を選ぶ

電動歯ブラシの替えブラシを購入する場合は、純正品を選ぶようにしましょう。純正品の替えブラシは品質が高いため、効果的に歯を磨くことができます。

有名ブランドの電動歯ブラシを利用している場合、純製品の替えブラシは比較的高額で、価格の安い互換品を購入する方も多いです。しかし、互換品は純正品に対して品質で劣るため、歯垢除去力や耐久性には差があります。

そのため、せっかく高品質の電動歯ブラシを使っていても、互換品の替えブラシを使用すると電動歯ブラシ本来の性能を発揮できず勿体ないと言えます。また、互換品はすぐに形が崩れて交換の頻度が高くなる可能性が高いです。

目的に合ったものを選ぶ

電動歯ブラシの替えブラシは、種類によって様々な効果があるため、あなたの目的に合ったものを選びましょう。

メーカー毎に複数種類の替えブラシが販売されているため、目的に応じて替えブラシを使い分けるのも良いです。替えブラシの代表的な種類としては、以下のようなものがあります。

  • 歯垢除去
  • 歯茎ケア
  • ステインケア
  • 歯周ポケットケア

まとめ買いで費用を抑える

電動歯ブラシの替えブラシは、まとめ買いすれば1つあたりの費用を抑えることができます。純正品の替えブラシをまとめ買いすると、ランニングコストを安く抑えられます。

電動歯ブラシの替えブラシは、消耗品のため買い過ぎて困ることはありません。また、替えブラシを交換することで、家族で電動歯ブラシ本体を共有することもできるのです。

まとめ

本記事では電動歯ブラシの替えブラシについて、種類や選び方について解説しました。電動歯ブラシは替えブラシを交換することで、高い清掃力を維持することができます。

品質の高い替えブラシを利用し、本体の性能を最大限発揮しましょう。また、種類によって様々な効果も得られるため、目的に応じて選ぶと良いです。

スマイルティース編集部おすすめ|おすすめの電動歯ブラシ

この章では、スマイルティース編集部がおすすめする電動歯ブラシをご紹介していきます。

HX9043 電動歯ブラシ 替えブラシ フィリップスソニッケアー

ゴム製の柔軟なヘッドが歯にフィットし、密度の高い毛束が歯垢をかき出します。また、届きにくい部分も歯茎に優しく磨きます。毎分31,000回の振動×振幅で歯垢除去力が高いのが特徴です。

ご購入はこちら

ブラウン オーラルB 替えブラシ マルチアクションブラシ

丸形ブラシが歯1本1本を優しく包み込んで歯垢を除去します。ブラシが16度に傾いており、歯ぐきの際を優しく包み込むよう設計されています。

ご購入はこちら

オムロン 歯垢除去替えブラシ

形の異なる3種類の植毛によって、効果的に歯垢を除去します。ブラシは湾曲しているため、奥歯まで磨きやすいよう設計されています。

ご購入はこちら