電動歯ブラシと手磨きはどちらでもよい|正しい磨き方と選び方

近頃はさまざまな種類の電動歯ブラシを見かけるようになり、今までの手磨きから電動歯ブラシに変えてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。電動歯ブラシと普通の歯ブラシをつかった手磨きとではどちらがよいのでしょう。

この記事の結論

・電動歯ブラシと手磨き、どちらを選んでもよい

・電動歯ブラシと手磨き、どちらを選んだ場合でも大切なのは正しい磨き方をすること

・年齢やライフスタイルによって使う歯ブラシの選び方は変わる

電動歯ブラシと手磨き、実はどちらでもよい

電動歯ブラシと手磨きでは、どちらがよいということはありません。まずは自分に合った歯ブラシを選択するために、電動歯ブラシと手磨きのための歯ブラシの特徴を理解しましょう。

電動歯ブラシには回転式、振動式、音波式、超音波式といった4種類があります。回転式はブラシ部分が回転し、パワフルで歯垢除去力が優れているのが特徴です。振動式はブラシ部分が往復の動きをして汚れを落とします。音波式は200~300Hz、超音波式は160~200万Hzの振動数で、いずれも振動で汚れを浮かし除去します。

手磨き用の歯ブラシはドラッグストアやスーパーで気軽に買えるものや、歯科医院で専売しているものなどがあります。金額、歯ブラシの形状、硬さなどさまざまな種類のものから選び購入できます。

電動歯ブラシと手磨き、どっちも大切なのは磨き方

電動歯ブラシと歯ブラシによる手磨きはどちらを選んでも問題ありません。どちらを選んだ場合でも大切なのは正しい磨き方をすることです。正しい磨き方で効果的に虫歯や歯周病を予防しましょう。

汚れがたまりやすい部分を意識して磨く

主に汚れがたまりやすく、磨き残しが多い部分は奥歯のかみ合わせの溝の部分、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目の部分です。他には歯の裏側や親知らずも磨き残しが多いですが、それらの部分を意識して磨くことが大切です。

歯には90°、歯と歯ぐきの境目には45°に当てる

歯の表面や奥歯のかみ合わせの部分には歯ブラシを90°の直角に当て磨きましょう。また、歯と歯ぐきの境目の部分は歯ブラシを45°に当てて磨きましょう。

歯の表面や奥歯のかみ合わせの部分のような平らなところには、歯ブラシの毛先を直角に当てることで汚れを効果的に落とすことができます。

歯と歯ぐきの境目の部分には歯周ポケットとよばれるわずかな隙間があり、汚れが付着したままだと歯周病になるおそれがあります。歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先を45°の角度で当て、歯周ポケット内の汚れを落としましょう。

歯並びが悪いところには縦磨き

歯並びが悪い部分は歯ブラシを縦にするなど工夫して磨きましょう。歯が斜めにはえていたり、重なっている部分は汚れがたまりやすいです。むし歯や歯周病になりやすいので、歯ブラシを縦にして磨いたり歯ブラシを当てる角度を工夫したりして、重点的に磨いてください。

補助器具を併用する

時間をかけて丁寧に磨いても、どうしても落としきれない磨き残しは補助器具を併用してみましょう。歯と歯の間の汚れはフロスを使うのが効果的です。歯並びが悪い部分や、歯ブラシが届きにくい親知らずなどには歯ブラシの毛先がひとつの束になったタフトブラシが便利です。

電動歯ブラシと手磨き、どっちを選べばより効果的か|年齢やライフスタイルによって変わります

電動歯ブラシと手磨きのどちらがよいということはありません。しかし、どちらを選べばよりよい口の中のセルフケアができるかは、年齢や口の中の状態、ライフスタイルによって変わります。

口のケアに力を入れたい方

より一層口のケアに力をいれたいという場合は電動歯ブラシがおすすめです。

音波歯ブラシは、手磨きでは落とせないバイオフィルムを破壊し除去します。バイオフィルムとはむし歯の原因になる細菌がかたまり膜となって歯に付着したものです。バイオフィルムは歯科医院で行うクリーニングで除去する必要がありますが、音波歯ブラシを使えば毎日の歯磨きでバイオフィルムを除去することができます。

またスマートフォンと連携して、ブラッシングの時間や磨けていない場所などを確認して記録できる機能が搭載されているものもあります。さまざまな機能を利用し工夫して歯を磨く習慣がつき、歯のケアのモチベーションアップにつながることも考えられます。

歯磨きの時間を短縮したい方

電動歯ブラシはブラシ自体が動くので、通常の歯ブラシに比べて歯磨きの時間が短縮できます。日頃から歯を磨くのがめんどうな方や、忙しい朝には電動歯ブラシを使えば短時間で効率的に歯を磨くことができます。

介護が必要な方、筋力が衰えた方

介護が必要な方や手や指を動かすのが困難、筋力が衰えたという方には電動歯ブラシを使うことをおすすめします。自分で磨くことが難しい方は電動歯ブラシの補助があると歯磨きがしやすくなると考えられます。

握力がない方は電動歯ブラシの持ち手が太めのものを選ぶと持ちやすいでしょう。軽いものがいい場合もあるので、状況に応じて判断が必要です。

また、介護する立場の方も要介護者の歯磨きをする際に電動歯ブラシを使えば、短時間で的確に歯磨きすることができます。

矯正中で器具を装着している方

電動歯ブラシを使えば、矯正中の磨き残しが多くなりがちな部分をきれいに磨くことができます。矯正器具のまわりや隙間は汚れがたまりやすくなってしまいます。

電動歯ブラシであれば、振動を利用して手磨きでは届きにくいところの汚れを除去することができます。矯正器具の周辺を磨くときには、強く押し当てないよう注意しましょう。

いろいろな歯ブラシを使いたい方

気軽にいろいろな歯ブラシを使いたい方は、歯ブラシを使った手磨きがよいでしょう。数種類の替えブラシが付いている電動ブラシはありますが、本体の価格は歯ブラシに比べると高額になってしまいます。

歯ブラシであれば手軽な値段で購入することができるので、硬さやブラシ部分の形状が、そのときの口の中の状態や気分によって使い分けることができます。

電動歯ブラシと手磨き、どちらか迷ったときには歯科医院で相談してみましょう

電動歯ブラシと手磨きの特徴やどちらを選ぶと効果的なのかを解説しました。大切なのは自分の口の中の状態やライフスタイルに合った歯ブラシを選び、正しい磨き方をすることです。
歯科医院では歯ブラシの正しい選び方や磨き方をアドバイスしてくれます。かかりつけの歯科医院で相談してみましょう。

スマイルティース編集部おすすめの電動歯ブラシ、手磨き用歯ブラシ

おすすめの電動歯ブラシと手磨き用の歯ブラシをそれぞれ紹介します。

スマイルエックス 超音波電動歯ブラシ

1分間に160万回の超音波振動で手磨きでは落とせない細菌の膜を破壊し除去します。「超音波モード」と「超音波+音波モード」が選べます。

購入はこちら

エミデント 超音波電動歯ブラシ

「超音波」と超微細「マイクロバブル」によって、歯垢とともに着色も除去します。コーヒーやタバコの着色が気になる方におすすめです。

購入はこちら