歯が黒ずむ原因と対処法をまとめて解説!

歯が黒ずむ原因はさまざまで、歯科医院でしか治せないものもあれば自宅で治せるものもあります。本記事はそれぞれについて詳しく解説します。

この記事の結論

・黒ずみの原因には虫歯や飲食物、被せ物による変色などがある

・黒ずみを無くすには歯科医院で行う施術が良い

・黒ずみを無くすにホワイトニングも有効

おすすめのホワイトニング商品
自宅でホワイトニングサロンと同じホワイトニング効果を得られる!
家庭用LEDホワイトニングマシン
デンタルラバー SUPER WHITE LV

歯の黒ずみの原因

歯の黒ずみがあるとまず虫歯を疑うのではないでしょうか。しかし、歯が黒くなる原因には虫歯以外にも食べ物による着色や、被せ物による原因があります。歯の黒ずみになる原因を紹介します。

  • 虫歯がある
  • 飲食物による着色
  • 歯の神経を抜いている
  • 詰め物・被せ物による変色
  • 銀歯による影響
  • 薬の副作用

虫歯がある

歯が黒ずんでいる場合、まず思い浮かぶのは虫歯でしょう。虫歯が黒くなる理由には、虫歯によって穴が空いたところに飲食物の着色がつくため黒く見えることが多いです。なお虫歯には何もしなくても痛みがあったり、飲食時にしみたりすることがあります。

飲食物による着色

コーヒーやお茶、ワインなどをよく飲む方、タバコを吸う習慣がある方はそれらが原因である可能性が高いです。この場合痛みは感じません。それらを控えたり歯磨き粉を変えたりすると、歯の黒ずみが薄くなることもあります。

【関連記事】 ・ホワイトニング歯磨き粉はこうやって選ぶ!おすすめ歯磨き粉10選

歯の神経を抜いている

虫歯治療で歯の神経を抜いたり、ぶつけたことで歯の神経が死んだりすると歯が全体的に黒ずみます。この場合は少し時間が経ってから黒ずんできます。

詰め物・被せ物の劣化による変色

詰め物・被せ物をしている部分が黒ずんでいる場合、それらの変色や劣化が原因である可能性が高いです。特にプラスチック(レジン)素材は経年劣化・変色がしやすいです。また詰め物・被せ物の形に沿って歯が黒ずんでいる場合は、それらと歯の間に虫歯ができている可能性もあります。

銀歯による影響

銀色の詰め物・被せ物をしていると、それらから金属イオンが溶け出して近くの歯が黒ずむことがあります。このことをメタルタトゥーと呼びます。この場合、歯だけでなく歯ぐきが黒ずむこともあります。

薬の副作用

テトラサイクリン系の抗生物質を飲んだことにより、歯が黒ずむことがあります。

テトラサイクリンは灰色、黄色、茶色など横縞模様のように歯が変色します。これは永久歯の形成期(出生~8歳頃まで)にテトラサイクリン系の抗生物質を服用した場合に起こります。現在ではほとんど使用されていないため、40歳以上の方に見られることが多いです。

歯の黒ずみを無くす6つの方法

簡単な着色以外は自分では落とせないことがほとんどです。そのため歯科医院で行う施術を受けることが望ましいです。それぞれの施術内容や自宅で落とす方法を6つ紹介します。

  • 虫歯治療をする
  • クリーニングを受ける
  • 着色除去に特化した歯磨き粉を使う
  • 詰め物・被せ物を作り直す
  • 銀歯を白い歯に交換する
  • ホワイトニングを受ける

虫歯を治療する

歯の黒ずみの原因が虫歯である場合は、黒ずみの部分(虫歯)を削ってプラスチックを詰めます。この場合は1回で治療が終わります。 虫歯が大きい場合はプラスチックの詰め物ではなく、歯の型取りをして詰め物・被せ物を入れます。この場合は詰め物・被せ物の完成に数日かかるため、最低2回の通院が必要です。

クリーニングを受ける

コーヒーやお茶、ワイン、タバコによる着色で歯が黒ずんでいる場合は、歯科医院でクリーニングを受けましょう。専用の器材や材料を使って、歯のプロである歯科医師や歯科衛生士が行います。歯科医院のクリーニングは施術内容により保険が効かないことがあります。

頑固な着色を落とす際はジェットクリーニングと呼ばれる方法で落とすことがほとんどです。この場合は自費診療となります。

【関連記事】 ・歯のクリーニングは本当に効果がある?その頻度や費用について解説

着色除去に特化した歯磨き粉を使う

歯の表面の簡単な着色であれば、市販の歯磨き粉でも落とせます。歯磨き粉で黒ずみが落ちれば、歯科医院のクリーニングより圧倒的に安く済みます。

なお着色を除去する歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いため、電動歯ブラシと併用すると歯肉を傷つける恐れがります。電動歯ブラシとの併用は避けるのが無難です。

まずは歯磨き粉を試し、黒ずみが落ちなければ歯科医院でクリーニングを受けると良いでしょう。

詰め物・被せ物を作り直す

詰め物や被せ物の変色・劣化が原因で歯が黒ずんでいる場合は、それらを作り直すしかありません。作り直すときはそれらを取り外し、土台の状態を確認した上で歯の型取りをします。詰め物・被せ物の完成に数日かかるため、最低2回の通院が必要です。

詰め物や被せ物を外してみたら土台が虫歯になっていたということもしばしばあります。この場合は土台の虫歯治療をしてから型取りを行います。 ただ詰め物・被せ物の表面に着色しているだけの可能性もあるため、まずは歯科医師や歯科衛生士に相談してみましょう。

着色が原因であればわざわざ作り直す必要はありません。 また薬の副作用により歯の黒ずんでいる場合には、ラミネートベニアという被せ物の一種を使って対応することも多いです。

銀歯を白い歯に交換する

銀色の詰め物・被せ物から金属イオンが溶け出し歯が黒ずんでいる場合は、素材を変えるしかありません。それらを取り外し、土台の状態を確認した上で歯の型取りをします。詰め物・被せ物の完成に数日かかるため、最低2回の通院が必要です。 銀色の詰め物・被せ物は保険が効きますが、白い詰め物・被せ物は素材によって保険が効きません。

ホワイトニングを受ける

歯科医院でクリーニングを受けても歯の黒ずみが取れない場合、あるいは神経を抜いた・神経が死んでいるゆえの黒ずみの場合はホワイトニングが必要です。着色が原因の黒ずみであればオフィスホワイトニングやホームホワイトニング、神経が原因であればウォーキングブリーチを行います。どの方法も保険が効きません。

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは、いずれも天然の歯に有効なホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を塗り一定時間作用させることで歯を白くします。オフィスホワイトニングは歯科医院へ定期的に通い、歯科医師や歯科衛生士が行います。ホームホワイトニングは歯科医院で専用のマウスピースを作り、ホワイトニングは自宅で自分で行います。

それに対してウォーキングブリーチは、神経を抜いた歯に対して有効なホワイトニングです。歯の内側にホワイトニング剤を入れそのまま放置します。およそ1週間後に再度歯科医院へ行き、効果によって薬剤を入れ替える作業を繰り返します。歯の黒ずみが消え、他の歯と同じくらいの色になれば終了です。

【関連記事】 ・ホワイトニング

歯科でのホワイトニングならおすすめはホワイトエッセンス

歯の黒ずみを無くすためのホワイトニング。ホワイトニングを扱っている歯科医院は数多くありますが、中でもホワイトニング専門医院であるホワイトエッセンスがおすすめです。

ホワイトエッセンスでは、ホワイトニングを15000円~から始めることができます。施術のクオリティに対しての価格は比較的リーズナブルで、ホワイトニングとクリーニングを合わせた症例実績は1135000件。実績が豊富なのでホワイトニング後の指導なども的確で、他の歯科医院より信頼できます。

ホワイトエッセンス公式HPはこちら

おすすめのホワイトニングができるクリニック

ホワイトニングで歯を白く!【ホワイトエッセンス】

ホワイトニング症例数国内No.1!全国に165院以上、547,000件以上の症例実績!

空間づくりにも力を入れており、アロマが香る上質な個室空間で治療を受けることができるため、歯科医院の雰囲気が苦手な方も楽しく通えます。 公式HPはこちら

安いホワイトニング専門歯科クリニック【スターホワイトニング】

スターホワイトニング 1回2,500円(税別)からとリーズナブルな料金でホワイトニングを行うことができます。

クリニックによるプロのホワイトニングを安く体験したいという方におすすめです! 公式HPはこちら

通院1回、高品質のホワイトニング!審美歯科【ホワイトニング東京】

ホワイトニング先進国のアメリカの高度な技術を取り入れ、歯を傷つけることなく施術が可能!

施術は全部で1回、ホワイトニング所要時間は約90分で完了! 公式HPはこちら