歯間ブラシの最適な使用頻度・交換頻度を徹底解説!

歯と歯の間をお掃除する歯間ブラシは、歯ブラシでは取りきれない歯と歯の汚れを除去することができる便利なアイテムです。

どのくらいの頻度で歯間ブラシを利用したら良いのか、ご存じでしょうか?

この記事では、歯間ブラシの使用頻度・交換頻度や、歯間ブラシの使い方について徹底解説!さらにおすすめの歯間ブラシをご紹介していきます。

歯間ブラシの最適な使用頻度・使用タイミング


歯と歯の間や、歯ぐき近くのプラーク(歯垢)は、歯ブラシだけでは除去しきれません。

しかし、歯ブラシと歯間ブラシ(狭い歯間はデンタルフロス)を併用することによって、歯垢除去率が9割近くになるといわれています。

1日1回歯間ブラシを使用しよう

歯間ブラシの理想の使用頻度は、1日1回です。

プラークを取り残すと、2~3日で石灰化が始まるといわれてて、だんだんと取りにくくなってきてしまいます。

歯石になってしまうとご自分では除去できないため、歯科医院を受診しスケーリングをしてもらう必要があります。

汚れをため込まないように、1日1回は歯間ブラシを使うとよいでしょう。

1日に複数回使用しても大丈夫ですが、間違った使い方をして歯肉を傷つけ、歯茎を下げないように気を付る必要があります。

また、食べたものが歯に挟まってしまったときに、つまようじを使うと歯茎を傷つけてしまうことがあります。つまようじよりも歯間ブラシやデンタルフロスのほうが、歯茎を傷つけにくいですのでぜひ使ってみましょう。

寝る前に歯間ブラシを使うとより効果的

歯間ブラシ使う時間帯は、特に就寝前が効果的です。

なぜなら、就寝時には唾液の分泌量が減り、お口の中の細菌が増殖しやすい環境になるからです。細菌が繁殖すると、虫歯・歯周病・口臭などの原因となります。

そのため、就寝前にはよりしっかりとしたプラークコントロールを行うことが大切。歯と歯の間のプラークを歯間ブラシで落としてから、寝るようにしましょう。

歯磨きの前に歯間ブラシを使うと効果的

歯間ブラシを使うとブラシでかき出された歯と歯の間の汚れが、歯の表面に付着してしまうことがあります。

そのような汚れが歯面に付着したまま就寝してしまうと、虫歯や歯周病などの原因になります。

そのため、歯間ブラシを使ってから歯ブラシで歯を磨いたほうが、お口全体を綺麗にできるでしょう。

歯間ブラシの交換頻度


歯間ブラシを新しいものに交換する頻度について、ご紹介していきます。

歯間ブラシのメーカーや種類によって、交換頻度は違います。商品の説明書きを確認しましょう。

ゴムタイプの歯間ブラシは使い捨て

ゴム(シリコン)タイプの歯間ブラシは、基本的に使い捨てです。

ゴムタイプの歯間ブラシは中にワイヤーが入っていないため、とても折れやすいです。1回使用したら捨てるようにしましょう。

ワイヤータイプの歯間ブラシは何度も使える

ワイヤータイプの歯間ブラシは、ブラシ部分が痛んだり、針金部分が折れてしまうまで使用可能です。

目安の交換頻度は、1週間に1回程度です。あまり歯間ブラシを使用しない場合でも、1か月に1回は交換をするとよいでしょう。

使用しているうちにナイロンがへたってきます。ワイヤー部分が目立つようになってくると、汚れが落としにくくなってきますので新しいものに交換しましょう。

ブラシが劣化した歯間ブラシを使っていると、ワイヤー部分が当たりやすくなり、歯肉を傷つけてしまうリスクがあります。

ブラシの毛先が痛みバラバラになってきたり、ワイヤー部分が曲がってきた歯間ブラシは処分してください。

歯間ブラシの使用により、かえって歯ぐきを痛めてしまうことがありますので、早め早めに新しい商品に交換しましょう。

ワイヤーが折れてしまう前に早めの交換を

ワイヤータイプの歯間ブラシは水で洗って何度も使うことができますが、だんだんとワイヤー部分が破折しやすくなってきます。

劣化した古い歯間ブラシをそのまま使っていると、使用中に折れてしまうことがありますので気を付けましょう。

歯周ポケットの中を歯間ブラシで清掃していたところ、歯茎の中で破折して取れなくなってしまい、麻酔下で摘出された事例もあります。

劣化してきたと感じたら、早めに新しい歯間ブラシに交換するようにしましょう。

歯間ブラシを長持ちさせる方法

奥歯など、歯間ブラシを入れにくい場所を清掃する際に、歯間ブラシを折り曲げて使える商品があります。歯間ブラシの説明書きを確認しましょう。

曲げる際には、ワイヤーをカバーしている樹脂部分からしっかりと曲げるようにすると長持ちします。

針金部分から曲げてしまうと、簡単に破折してしまいますので気を付けてください。

歯間ブラシの正しい使い方


歯間ブラシの正しい使い方を確認しておきましょう。

1,正しいサイズを選ぶ

太すぎる歯間ブラシは、歯肉を傷つけたり歯茎を下げてしまうことがあります。
また、細すぎると効率的にプラークを除去することができません。

歯と歯の間の隙間にあった、正しいサイズを選ぶようにしましょう。
力を入れずにスッと入るサイズを選べば、歯ぐきを傷めるリスクが低いです。

歯科医院で相談すると、あなたにあった歯間ブラシのサイズや、使用方法を教えてもらえます。

2,歯茎を傷つけないように入れる

鉛筆を持つように歯間ブラシを持ち、鏡を見ながら歯と歯の間へ垂直に力を入れずゆっくりと入れます。

基本的には歯に対して90度の角度で入れますが、上の歯を掃除するときは斜め上の方向からやや下へ向けて、下の歯を掃除するときは斜め下の方向からやや上へ向けると、より入れやすいです。

絶対に、歯茎の方向に向けて歯間ブラシを入れないでください。歯間ブラシが歯茎に刺さり、傷をつけてしまったり歯茎が下がってしまったりする原因となります。

挿入しにくい場合は、無理に入れたり回転させないようにしましょう。
歯間ブラシのサイズがあっていない可能性があります。

3,歯に沿わせて3~4回ストローク

そのまま歯間ブラシを水平に、細かく3~4回ストロークして歯間部の汚れを取り除きます。

隙間の幅に余裕がある場合は、左右それぞれの歯の側面にやさしく添わせるように軽く圧をかけながら歯間ブラシを動かしましょう。

奥歯を清掃する場合は、歯の外側(頬側)から、内側(舌側)から、両方から歯間ブラシを入れると、より効果的に汚れを除去できます。

歯の外側(頬側)から歯間ブラシを入れる際は、あまり口を大きく開けない方が、頬や唇を伸ばしやすいため清掃しやすいです。歯間ブラシを口腔内に入れたら、口を少し閉じ気味にしてそっと前後に動かし清掃しましょう。

4,ゆっくりと抜く

歯間ブラシをゆっくりと抜きます。
汚れがついていたら流水で洗い、他の歯と歯の間を同じように清掃してきます。

お口全体の清掃が終わったら、ブラシ部分を流水で洗い、乾燥させて保管しましょう。
使い捨ての歯間ブラシは処分します。

おすすめの歯間ブラシをご紹介

やわらか歯間ブラシ I字型 ゴムタイプ/Proteeth


柔らかいゴムタイプの歯間ブラシです。
柔軟に曲がり歯茎を傷つけにくいため、歯間ブラシ初心者の方が使いやすい商品です。

1箱に150本入った、お得なパッケージでコストパフォーマンスが高いです。(ゴムタイプの歯間ブラシは使い捨てとなります。)

サイズはSSSS~M。歯間ブラシの先端がSSSSで、持ち手に近くなるほど太くなりますので、歯間の幅に合わせて差し込み方を調整しながら使用しましょう。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

ルシェロ 歯間ブラシ/GC(ジーシー)


ブラシ部分を付け替えて使用する、ワイヤータイプの歯間ブラシです。

SSSS、SSS、SS、S、M、L、LLと、7サイズ展開していますので、さまざまな大きさの歯間部を清掃できます。

ハンドル部分がとても長く、奥歯の歯と歯の間を楽々清掃できます。
また、ヘッドの向きを変えられるのでとても使いやすいです。

ブラシがヘタったら交換できるため、ごみの量が少ないのがうれしいポイント。
「GC(ジーシー)」は歯科材料や関連機器を扱っている会社で、歯科医院でもよく販売されている歯間ブラシです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら