デンタルフロスの頻度は1日1回就寝前!正しく使って虫歯と歯周病予防

デンタルフロス(糸ようじ)を毎日使っていますか?「デンタルフロス」という言葉に馴染みがなくても「糸ようじ」といえばわかる方も多いはず。

デンタルフロスは歯ブラシが届きにくい歯と歯の間を、細いナイロンの繊維で清掃する道具の一つです。

デンタルフロスの効果は虫歯、歯周病予防だけではなく口臭予防にも効果的です。デンタルフロスの頻度と効果を解説しますので、ぜひデンタルフロスをデイリーケアに取り入れてください。

頻度1日1回、就寝前がおすすめ


デンタルフロスの頻度は回数に制限はありません。理想の頻度は朝、昼、就寝前の1日3回。しかし、毎朝デンタルフロスを使うことや、働いている方、学校に通っている方は昼食後に歯ブラシやデンタルフロスを使うことは難しい場合が多いです。

毎回の歯磨きのタイミングで使用しても大丈夫ですが、最も継続しやすく効果を出すための頻度は1日1回、就寝前の歯磨きの前にデンタルフロスを使うことがおすすめです。

就寝前がおすすめの理由


デンタルフロスの目的は歯と歯の間や歯と歯肉の間の歯垢を除去することです。歯垢には1mgの中におよそ300種類1億個の菌が存在しています。その歯垢には虫歯や歯周病の原因菌も含まれています。

歯垢が溜まったままの状態で放置すると、歯肉に炎症を起こします。さらにそのまま放置してしまうと歯を支える骨を溶かしてまい、歯周病を発症します。

虫歯のできやすい歯と歯の間に、歯垢が溜まったままの状態が続いてしまうと菌が悪さをし、虫歯の原因につながります。

就寝前がおすすめな理由は、日中は食べたり話す事で頬や舌の筋肉が動き、唾液を出すことで歯垢の付着をつきにくくなるのですが、寝ている時は唾液の量が少なくなり、歯垢が溜まりやすく、菌が繁殖してしまいます。

菌を繁殖させないためにも、就寝前のデンタルフロスをすることです。デンタルフロスで歯垢を除去することで虫歯、歯周病予防ができます。さらに翌朝の口の不快感も軽減できます。

就寝中、菌の繁殖を防ぐ

唾液には菌の繁殖を防ぐ抗菌作用があります。ですが、就寝中は唾液の量が減ってしまう為、口の中の菌が繁殖しやすい環境になります。

「寝る前に、しっかり歯ブラシをしているから大丈夫。」と思うかもしれません。

しかしどんなに丁寧に磨いても、歯ブラシの歯垢除去率は58%しか磨けないのです。デンタルフロスを併用した場合は86%まで汚れを落とすことができます。

歯ブラシだけでは歯と歯の間の汚れを落とすことは困難です。歯と歯の間の汚れをそのままのして寝しまうと、虫歯菌も歯周病菌も繁殖してしまい、病気が進行してしまう原因になります。

デンタルフロスは「歯と歯の汚れを落として虫歯、歯周病予防」だけでなく、口臭の原因となる汚れを落とすことで「口臭の改善」や、デンタルフロスを使用したときの引っ掛かりなどの感触で「詰め物、被せ物状態チェック」ができます。

就寝前はデンタルフロスの習慣化がしやすい

「歯磨きの習慣はあるけれども、デンタルフロスの習慣がない。」という方や、「デンタルフロスを使ってみたものの、面倒くさくて毎日続かない。」という方も多いはず。デンタルフロスを習慣化するポイントは、

  • 就寝前の歯磨き前にデンタルフロスを使う
  • 目に触れる場所に置く
  • 自分にあったフロスを選ぶ

就寝前の歯磨きはすでに習慣化されてる方がほとんどです。歯磨きの前にデンタルフロスをすることは、習慣化しやすくなるコツの1つです。歯ブラシの隣に置くなど、目の触れる場所に置くことによって忘れることを防ぎます。

デンタルフロスはドラッグストアやコンビニでも簡単に手に入ります。種類も豊富でホルダータイプや糸状のロールタイプがなどがあります。

はじめてデンタルフロスを使うのであれば、初心者でも取り扱いやすいホルダータイプがおすすめ。習慣化ができたら歯垢除去率が高いロールタイプに移行して歯垢除去率を高めましょう。

いまやコンビニやドラッグストアで手軽の購入できるデンタルフロス。数百円で虫歯や歯周病の予防につながるので、ぜひデンタルフロスの習慣化を目指したいものです。

歯石になるのを予防する

歯石とは歯に付着した状態の歯垢が固まってしまったものです。個人差もありますが、歯垢は4〜8時間で固まりはじめ、2〜3日で歯石になります。

歯石になってしまうと歯磨きで除去するのは不可能なため、歯科医院で取り除く必要があります。

歯石自体には毒性はありませんが、顕微鏡で見ると歯石はざらざら(粗造)になっています。ざらざらした歯石は歯垢がつきやすく、菌のすみかになってしまいます。

歯石を放置すると虫歯や歯周病を進行させてしまいます。毎日デンタルフロスでしっかり歯垢を除去して歯石になるのを予防しましょう。

歯磨き前のデンタルフロスで歯垢の除去率アップ


歯磨きの前にデンタルフロスを使うメリットは2つあります。

  • 習慣化しやすい
  • 歯と歯の汚れを解きほぐし、歯ブラシでさらに取り除く

ついつい「面倒くさい」と毎日継続して行いにくいデンタルフロスですが、習慣化するポイントの1つはすでに習慣化されてることとセットで行うことです。

歯磨きはほとんどの方が習慣化されている毎日の行いです。デンタルフロスと歯磨きをセットにすることでデンタルフロスの習慣化がしやすくなります。

歯垢は粘着性が強い性質で、物理的にとる必要があります。デンタルフロスは歯と歯の間にある歯垢の塊を細かくし、除去します。

汚れを細かく解き解した後に歯磨きををすると、歯ブラシによってさらに細かい汚れまで取り除くことが可能です。最後に口をゆすぐことによって汚れを洗いがすことができます。

歯磨き前にデンタルフロスを使うことで歯垢を効率よく除去できます。同時に習慣化しやすくなりますので、歯磨き前にデンタルフロスを使ってみましょう。

1日1回就寝前のデンタルフロスで虫歯、歯周病予防


今まであまり馴染みがないデンタルフロスですが、毎日のデンタルフロスと歯磨きを使用することによって虫歯や歯周病予防、さらに口臭まで予防ができます。

アメリカでは20年前に「Floss or Die」という歯周病予防のスローガンが掲げられました。直訳すると「フロスをしますか?それとも死にますか?」という衝撃的な言葉ですが、歯科業界では知らない方はいないくらい有名な格言です。

「たかが、フロスで大げさな」と思うかもしれませんが、アメリカでは歯ブラシだけではなくデンタルフロスや歯間ブラシなど補助的な道具も重要視されています。

歯周病は口の中の問題だけではなく、全身の疾患にも関わりがあることがわかっています。歯周病は狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、早産、低体重児出産、糖尿病の原因の1つといわれています。

デンタルフロスには虫歯を予防するのはもちろん、歯周病予防にも役に立ちます。自分自身の健康の為にもデンタルフロスを1日1回就寝前にはじめてみませんか?

スマイルティース編集部のおすすめデンタルフロス


日々のフロッシングにおすすめなデンタルフロスを3つご紹介します。

GC-ルシェロ-ミントワックス

約1400本のマイクロファイバーでできたフロスで、歯と歯の間の汚れを強力に絡め取ります。ミントフレーバー付きのワックス加工がされているので、爽快感があって初心者にも使いやすいです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ

奥歯に使いやすいY字型のホルダーに、洗って再度使用できるフロスがセットされています。毛羽立ちやへたりがでにくい強度のあるデンタルフロスです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

リーチ デンタルフロス フッ素


虫歯菌の抑制、資質強化、歯の再石灰化で虫歯から歯を守るフッ素加工がされた、糸巻きタイプのフロスです。歯垢を除去しながら、歯と歯の間にまでフッ素を行き渡らせる優れものです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら