使うなら歯や歯茎に優しい研磨剤なしの歯磨き粉!メリットやデメリット、見分け方のポイントをご紹介!

研磨剤は歯磨き粉に含まれるザラザラとした成分で、歯の表面についた汚れや着色を物理的に擦り取る効果がありますが、長期間使用すると歯を削り取ってしまい、虫歯やさらなる着色を引き起こすことがあるなどの欠点があります。

歯磨き粉を選ぶ際は、歯を削る研磨剤の代わりに、歯の汚れを浮かせて落とす成分などが配合された歯磨き粉を選ぶ方が歯や歯茎に安心して使えます。

研磨剤なしのメリットとデメリット、購入する際の見分け方のポイントをご紹介します。

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国218医院以上!症例1,150,000件以上の安心の実績~ ※2021年6月30日現在
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

研磨剤なしの歯磨き粉のメリットとデメリット


研磨剤は長期間使っていると歯の表面が傷つけて虫歯や知覚過敏や着色しやすくなったり、研磨剤の細かい粒が歯と歯茎の隙間にある歯周ポケットに入り込み、歯周病を引き起こしたりすることがあります。

研磨剤無配合の歯磨き粉にはこのようなリスクが無いため、歯や歯茎に優しくケアできます。

メリット1:歯が傷つくことによる虫歯や知覚過敏、着色のリスクを回避できる

研磨剤は物理的に歯を擦る作用があるため、歯の表面を傷つけてしまい、虫歯や知覚過敏のリスクが高くなる可能性があり、特に歯茎が下がって歯の根元が露出している場合は、エナメル質よりも柔らかい象牙質にダメージを与えて知覚過敏を悪化させる恐れがあります。

また、歯の表面が傷つくと歯ブラシの毛先よりも細かな傷に着色物質が蓄積して歯の黄ばみや着色が起こりやすくなりますが、研磨剤なしの歯磨き粉なら歯の表面を傷つけにくく、これらのリスクを回避できます。

メリット2:歯茎にも優しい

歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれる隙間があり、歯の汚れが溜まりやすいところです。歯周ポケットに汚れが溜まると、歯茎から出血したり歯を支える骨が溶けたりする歯周病になります。

研磨剤は歯周ポケットに入り込んで蓄積されることがあり、蓄積された研磨剤は歯の汚れを歯周ポケット内に留めて歯周病を引き起こすことがありますが、研磨剤無配合ならこのようなリスクはありません。

メリット3:子どもの歯磨きには研磨剤なしの歯磨き粉が望ましい

乳歯や生えたばかりの永久歯は、大人の歯と比べると表面が柔らかくてデリケートです。傷つけないためにも、研磨剤なしか低研磨性の歯磨き粉で歯を労わりながら、フッ素などの歯質強化ができる成分が配合されたものを選ぶのが望ましいです。

研磨剤なしの歯磨き粉のデメリットはほぼ無い

研磨剤は歯の表面にある着地汚れやタバコのヤニなどを落とすのに効果的ですが、ホワイトニング効果を狙うなら、研磨剤を使わなくても歯を削らずに着色汚れを浮かせて落とすポリリン酸ナトリウムなどにより同じ効果が得られます。

また、歯ブラシのブラッシングだけでも歯の汚れを落とす効果は充分にあるため、研磨剤による歯へのダメージを考慮すると、研磨剤なしの歯磨き粉にデメリットはほとんど無いと言えるでしょう。

研磨剤なしの歯磨き粉の見分け方


歯磨き粉のパッケージを見て研磨剤の成分が配合されているかチェックするのが確実ですが、歯磨き粉の形状も研磨剤の有無を見分ける参考にできます。

歯磨き粉に含まれる研磨剤の成分をチェックする

研磨剤は「清掃剤」として成分表に記載されています。歯磨き粉の成分表を見て、研磨剤の成分が配合されているか、またはパッケージに「研磨剤無配合」と記載されているかをチェックしましょう。

■主な研磨剤(清掃剤)の成分

○シリカ
○マイクロクリスタリンワックス
○リン酸水素ナトリウム
○含水ケイ酸
○炭酸ナトリウム
○酸化チタン
○重質炭酸カルシウム
○無水ケイ酸
○歯磨用リン酸水素カルシウム
○水酸化アルミニウム

ジェル・液体・泡タイプの歯磨き粉は研磨剤が含まれないものが多い

ジェル、液体、泡タイプの歯磨き粉には研磨剤が含まれないものが多いため、形状から見分けるのも方法のひとつです。

■ジェルタイプ

研磨剤が含まれないものは電動歯ブラシにも使用でき、歯の表面を傷つけにくいため安心して使えます。ただし、まれに研磨剤が含まれているものもあるので成分表をチェックしましょう。

発泡剤もほとんど含まれていないので泡立ちが少なく、フッ素などの有効成分を口腔内に保持しやすいため、歯質が完成する前の柔らかい子どもの歯や虫歯のリスクが高い人にもおすすめです。

■液体タイプ

マウスウォッシュのように口に含んでうがいをしてから歯を磨きます。商品のラインナップが豊富で入手しやすいです。

清掃剤が含まれないので歯や歯茎を傷つけにくく、低刺激なものは口の中の状態が悪いときにも使いやすいです。また、液状なので口腔内の隅々まで有効成分が行き届き、発泡しないので時間をかけてじっくりと歯磨きができます。

ブラッシング後は基本的にうがいは不要です。要介護の方へのベッド上での口腔ケアや災害時など、水が使えないときにも役立ちます。

歯磨き粉の代わりに使用できるものは「液体歯磨き」で、「洗口液」と記載されているものは歯磨き粉の代わりにはならず、歯磨きが終わったあとの仕上げなどに使うものなので、購入する際は気をつけましょう。

■泡タイプ

ワンプッシュで泡の状態で出てくる歯磨き粉です。素早く有効成分が口のすみずみに行き渡り、ワンプッシュで適量が使用できるので便利です。研磨剤が含まれないので、歯や歯ぐきにダメージを与える危険が少なく、歯肉が下がっている方にも比較的安心して使えます。

また、加齢やドライマウスによって唾液の量が減っている方でも歯磨き粉が口全体に届くので磨きやすく、うがいがまだ上手くできない子どもにも使いやすいです。

おすすめの歯磨き粉をご紹介

チェックアップ ルートケア/ライオン


研磨剤無配合で、低発泡のジェルタイプの歯磨き粉です。フッ化物が1450ppm配合されています。

歯や歯茎を傷つけることなく、しっかりと丁寧にブラッシングをすることができます。
特に知覚過敏症の方や、歯の根が露出してきた年配の方におすすめしたい歯磨き粉です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

コンクール ジェルコートF/ウエルテック

研磨剤と発泡剤が無配合の、ジェルタイプの歯磨き粉です。

だだ、殺菌成分「塩酸クロルヘキシジン」が配合されていますので、クロルヘキシジンアレルギーの方は注意が必要です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら