ジェルタイプの歯磨き粉の特徴って?チューブタイプの歯磨き粉との違いをご紹介!

歯磨き粉には、ペースト・ジェル・フォーム・液体・粉などさまざまなタイプがあり、それぞれ形状や使用感に違いがあります。

歯磨き粉といえばチューブ入りペーストタイプが一般的でしたが、それ以外の歯磨き粉の種類が増えてきました。この記事では、バラエティが増え人気の「ジェル歯磨き」について徹底解説していきます。

ジェル歯磨きとペーストタイプの歯磨き粉の違いを始め、効果的なジェル歯磨きの使い方についてご紹介。さらに、おすすめのジェル歯磨きもご案内いたします。

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国218医院以上!症例1,150,000件以上の安心の実績~ ※2021年6月30日現在
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

ジェルとペーストの歯磨き粉の違い


ペーストタイプの歯磨き粉は、研磨剤・発泡剤が入っている商品が多く歯の着色汚れを落とす力が強いです。ある程度の固さがあり、しっかりと着色汚れをこすり落とすことができます。

対してジェルタイプの歯磨き粉は、研磨剤・発泡剤が含まれていない商品が多く歯や歯茎を傷つけるリスクが低いです。やわらかくよく伸び、ジェルに含まれる薬効成分が歯にぴったりと密着します。

ペーストタイプの歯磨き粉の特徴

一般的なチューブ入り歯磨き粉。ドラッグストアなどで広く市販されています。
「研磨剤」や「発泡剤」などの成分が入っている商品が多いです。

  • 発泡剤配合
  • 研磨剤(清掃剤)配合 (一部研磨剤なしの商品もあり)
  • フッ素配合のものが多い

ある程度硬さがある形状で、歯ブラシに乗せやすく垂れにくいため使いやすいです。

発泡剤が入っているため、爽快感があります。

ジェルタイプの歯磨き粉の特徴

粘着性のある液体状の歯磨き粉で、歯科医院やインターネットショッピングなどで販売されています。液体のような柔軟性と、個体のような弾力があります。

  • 発泡剤無配合(または低発泡)
  • 研磨剤(清掃剤)無配合
  • フッ素配合のものが多い(ペーストタイプより口腔内にフッ素を保持しやすい)

やわらかい性状なので薬効成分が歯に密着しやすく、歯と歯の間や歯周ポケットなど細かい隙間などに行き渡りやすいです。

また、液体歯磨き粉に比べると歯ブラシに乗せやすいです。

発泡剤入りに慣れている方は、泡立ちが悪い歯磨き粉ではスッキリさを感じにくいかもしれません。しかし、泡が立たないほうが歯の1本1本を丁寧に磨くことができ、細かいところまでしっかりと歯垢を除去できます。

ジェルタイプの歯磨き粉がおすすめな方


ジェル歯磨きには研磨剤が含まれていないため、研磨成分によって歯や歯茎を傷つけるリスクがありません。

また発泡剤無配合や低発泡の商品が多いため、お口の中が泡だらけにならず、すみずみまで丁寧に歯を磨くことができます。

虫歯予防・歯周病予防をしたい方

ジェルはペーストよりも、細かい隙間に浸透しやすいです。

そのため、虫歯予防に効果がある「フッ素」や、歯周病予防に効果が期待できる殺菌成分「IPMP」「CPC」「CHG」などが歯の隅々までいきわたりやすいです。

またジェルは滞留性が高いため、歯や歯周ポケットに歯磨き粉の薬効成分を密着させやすい点も特徴。さらに、フッ素が歯面にコーティングされやすく、虫歯予防効果をより期待できます。

電動歯ブラシを使用している方

電動歯ブラシは、磨く力が強くなりがち。そのため研磨剤配合の歯磨き粉を使うと、歯や歯茎にダメージを与える恐れがあります。

また、電動歯ブラシや超音波ブラシの振動によって研磨成分が歯周ポケット内部に入り込み、炎症を起こすことも。

さらに発泡剤入りの歯磨き粉を使用すると電動歯ブラシの振動により泡が立ち過ぎてしまいます。

液体歯磨きも研磨剤・発泡剤が入っておらず歯にやさしいのですが、液体が飛び散り磨きにくいというデメリットを感じることがあります。

知覚過敏症の方

ジェル歯磨きは研磨剤や発泡剤などによる刺激が少ないため、痛みやしみなどの知覚過敏の症状が出にくいです。

ペーストタイプの歯磨き粉には、研磨剤が多量に含まれていることが多いです。研磨剤を多量につけて強い力で歯を磨くと、歯に細かい傷がついたりエナメル質が削られてしまい知覚過敏症が悪化する恐れがあります。

また、インプラント治療を行った方が研磨剤配合歯磨き粉を使うと、研磨剤の粒子が歯茎とインプラントの間に入り込んで炎症を起こしてしまう可能性があります。

小さなお子様

乳歯や生えたての永久歯は歯質が弱いです。
また、粘膜もデリケートですので刺激が少ないジェル歯磨きをおすすめします。

ご高齢の方

歯の質が弱まってきたり、歯周病や加齢とともに根面が露出していることがあるご高齢の方は、研磨剤の含まれていない歯磨き粉がおすすめです。

年齢と主に歯周病のリスクが高まりますので、歯周病予防の有効成分がお口の中隅々にいきわたりやすいジェル歯磨きを使用してみましょう。

ジェルタイプの歯磨き粉の効果的な使い方


ジェルタイプの歯磨き粉を効果的に使うためにはコツがあります。

ジェルを歯ブラシにつけて普通に磨く方法と、歯磨きをした後の仕上げとしてジェル歯磨きを使う「ダブルブラッシング」の方法があります。どちらの方法でも、有効成分が歯の隅々までいきわたるよう使用するのがポイントです。

寝る前の使用が効果的

就寝前にジェルタイプの歯磨き粉を使うと効果的です。

歯磨き粉の有効成分を流し過ぎないよう、少量の水で1回だけゆすいだら、飲食せず就寝するとよいでしょう。

ジェルタイプならイエテボリテクニックを取り入れやすい

イエテボリテクニック(イエテボリ法)は、予防歯科の先進国であるスウェーデンの、イエテボリ大学で発案された歯磨き方法です。

■イエテボリテクニックのやり方

  • 1,フッ素入りの歯磨剤を歯ブラシに2センチほどつけ磨く
  • 2,歯磨剤を吐き出さずに10㎖の水を含み、30秒間そのままブクブクうがいをする
  • 3,吐き出した後うがいをしない(その後2時間飲食をしない)

少量の水でうがいをすることによって、有効成分がお口全体にいきわたります。また、歯磨き後2時間以上飲食しないことによって、有効成分の薬効効果をより長く期待できます。

ジェル歯磨き粉は、ペーストタイプに比べ発泡剤や研磨剤が少なく刺激が少ないため、うがいをあまりしなくてもお口の中がすっきりとします。

研磨剤入りの歯磨き粉と併用

タバコを吸う方や、コーヒーや紅茶などをよく飲む方は、着色汚れ(ステイン)が歯の表面につきやすいです。

ジェル歯磨きには研磨材が配合されていないため、タバコのヤニなどの着色汚れを落とすことは難しいです。

着色汚れ(ステイン)が気になる方は、研磨剤入り歯磨き粉で磨いた後にジェルタイプの歯磨き粉を使用してもよいでしょう。

着色汚れや黄ばみが気になったタイミングや、週に数回など頻度を決めて研磨効果の高い歯磨き粉を使用するなど、使用回数を工夫して使ってもいいですね。

また、歯科医院でクリーニングをしてもらいステインや歯石を落とす方法もおすすめです。

おすすめのジェルタイプ歯磨き粉

リカル(ジェル歯磨き)/Ciメディカル


歯科材料を取り扱う大手の会社「Ciメディカル」の、研磨剤無配合・ジェルタイプの歯磨き粉です。

フッ素が1450ppmと高濃度で配合されているため、しっかりと虫歯予防ができます。また、甘味料としてキシリトールが100%配合されています。

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)がバイオフィルム内部まで浸透殺菌し、CPC(塩化セチルピリジニウム)がバイオフィルム表層の細菌を殺菌します。

歯周病予防・虫歯予防両方におすすめの歯磨き粉です。

Amazonでの購入はこちら

コンクール ジェルコートF/ウエルテック


研磨剤無配合で、フッ化ナトリウムが950ppm配合されたジェルタイプの歯磨き粉です。

CHG(塩酸クロルヘキシジン)が配合され、歯周病菌や虫歯菌を殺菌します。
マイルドなミント味で、刺激の少ない香味です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら