子供はいつから歯磨き粉を使いはじめる?歯磨き粉を使い始めるベストなタイミング

子供の歯が生え出すと、親としても子供の歯磨きについて本格的に考え始める時期となり、おのずと気になるのが「虫歯のリスク」という方も多いのでは。

歯磨き粉の成分には、フッ素をはじめとした虫歯予防に効果的な薬用成分が含まれていますが、小さな子供や赤ちゃんの時期からでも歯磨き粉を使ってよいのでしょうか。

歯磨き粉を使い始めるタイミングや虫歯予防に効果的な成分、選び方について解説いたします。

子供が歯磨き粉を使い始めるタイミング


お水のみを使用して歯磨きするのであれば、子供は歯が生えはじめたとき(生後6カ月〜12カ月ごろ)からブラッシングしても、問題はありません。

しかし「歯磨き粉を使うタイミング」に関しては、いくつかの注意点がありますので確認していきましょう。

【0〜1歳】初めての歯磨きでは基本的に歯磨き粉は使わない

生えて間もない頃の歯は小さいために、歯ブラシでは磨きにくく、またうがいもできないので歯ブラシも歯磨き粉も基本的には必要がありません。

この月齢では虫歯になるリスクもほとんどないので、なにがなんでもきれいに磨くというよりは「歯ブラシで磨かれる行為そのもの」に、赤ちゃんを慣れさせていくのが狙いです。

具体的には、保護者の人差し指に水で湿らせたコットン100%のガーゼか市販の歯磨きシートを巻き付けて歯を磨くと良いでしょう。

【1〜3歳】ジェルタイプの歯磨き粉から始めてみるのがおすすめ

1歳くらいになると、上下の前歯が4本生え揃います。このタイミングで歯ブラシを使い始め、慣れたらうがいが簡単に済むジェルタイプの歯磨き粉を使うのがおすすめです。

まだうがいができない場合は、ジェルタイプの歯磨き粉でうがい不要のものを選ぶと安心です。

子供や赤ちゃんが、ブラッシングを嫌がった場合でも「このままずっと歯磨きを嫌がられたらどうしよう・・」といった過度な心配はいりません。

毎日コツコツ歯磨きを続けることで、次第に子供はブラッシングされることに慣れていくからです。

もし、嫌がった場合はガーゼを併用するなどして、歯ブラシのあたりを和らげましょう。

また、うがいの練習においては、奥の子供の歯(乳臼歯)が生えてくる概ね1歳7か月から2歳7か月くらいを目安にして練習を始めましょう。

また、この時期の子供はフッ素入りの歯磨き粉などで、本格的に虫歯予防に取り組むことをおすすめします。

なぜならば、この時期の多くの子供は離乳食が終わって、大人と同じ食べ物もしくは近い食べ物を好んで食べ始める頃だからです。

これらによって、お口の細菌叢が変化するほかにも虫歯リスクも格段に上がるため、ぜひ虫歯予防のためのケアをおこなっていきましょう。

【3歳以上】うがいができるようになったらペーストタイプの歯磨き粉を使う

ペーストタイプの歯磨き粉を使用する際の注意点としては「子供がうがいできるようになってから」と考えるのがベターです。

2歳代の頃に、遊びでよいので「ぐちゅぐちゅ」と水うがいの練習をたくさんやっておくと、後からスムーズです。
このときに「飲み込まずに、吐き出す」ということを意識して練習しましょう。

歯磨き粉は口に入れるものなので、すこしくらいは飲み込んでも害はないのですが、さすがに歯磨きのたびに飲み込んでしまうのは良くないことです。

子供にとって安全な歯磨き粉の選び方


歯磨き粉を選ぶときには、子供の身体への安全性も考慮したいところです。

研磨剤が入っていないものを選ぶ

大人の歯磨き粉は歯垢やステインを落とせるような清掃剤として「研磨剤」が使用されているケースがあります。

子供の歯や歯茎は柔らかいため、研磨剤で傷を付けることが無いように、研磨剤が含まれていないような歯磨き粉を選ばれるのがおすすめです。

刺激の少ないものを選ぶ

大人の歯磨き粉は、スーッとする清涼剤などが含まれていることが多いのですが、これが子供にとっては刺激が強すぎることも。

また、子供のお口は刺激に弱く、刺激が強すぎるとかえって歯磨き嫌いを作ってしまう要因になり得ます。

したがって、いちごやりんご味などといったお子さまが好きな味かつ刺激も抑えた歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

発泡剤が入っていないものを選ぶ

大人の歯磨き粉には泡立つ「発泡剤」が含まれているケースがほとんどですから、子供に対しては「低発泡性」と謳われた歯磨き粉もしくは発泡剤がないものを選ばれるのがベターでしょう。

なぜならば、子供は泡自体を嫌がったり、磨く側としても泡が邪魔になり歯が見えづらく、磨き残しのリスクが高まるためです。

子供用と表記された歯磨き粉を選ぶ

子供用の歯磨き粉には香料や着色料といった添加物が含まれていない商品、成分や対象年齢の違うものなど、実にたくさんの商品があります。

「子供用」と表記のあるものを選び、対象年齢を確認した上で目的に合わせた歯磨き粉を使用されることをおすすめします。

6歳未満の子供のフッ素入り歯磨き粉は1000ppm未満にする

フッ素は歯の強化や再石灰化の促進など、虫歯に対する予防効果が見込めるれっきとした「薬用成分」です。

フッ素配合の歯磨き粉は、年齢や個人差によって適量が異なるので、よく注意して購入してください。

歯の形成期(生後から幼児期)までの間にフッ化物を過剰に摂取すると、フッ素症といって歯のエナメル質に白い斑点ができる症状が引き起こされる可能性があります。

したがって、6歳未満の子供にフッ素配合歯磨き粉の使用する際には細心の注意が必要です。

厚生労働省からも6 歳未満の子供には1,000ppm以上の高濃度のフッ化物配合歯みがき剤の使用は控えるよう義務付けられており、3歳~5歳までは500ppmの歯磨き粉の使用が推奨されています。

フッ素入り歯磨き粉の推奨量

  • 概ね0~2歳ごろまでの子供 500ppm(歯ブラシの先にごく少量)
  • 概ね3~5歳ごろまでの子供 500ppm(歯ブラシの先に5㎜以下)
  • 概ね6~14歳ごろまでの子供 1000ppm(歯ブラシの先に1㎝程度)
  • 15歳以上の子供 1000~1500ppm(歯ブラシの先に2㎝程度)

子供の歯磨き粉には虫歯予防効果のあるものがおすすめ


子供の歯は表面が柔らかく虫歯になりやすいため、歯磨き粉を選ぶときは虫歯予防の成分が配合されたものがおすすめてす。
虫歯予防におすすめの成分はフッ素が代表的ですが、身体への影響を考えてフッ素なしで虫歯を予防したい場合は、キシリトールやリカルデント配合の歯磨き粉を選ぶと良いでしょう。

フッ素

虫歯の原因菌が歯に残った食べかすなどの糖分を餌にして、作り出す酸により歯が溶けるのが虫歯です。

フッ素は虫歯菌の活動抑制、再石灰化の促進、歯質強化の3つの効果により歯を溶けにくくして虫歯から歯を守る効果があります。

「フッ化物」や「フッ素化合物配合」などと記載されています。

キシリトール

イチゴやカリフラワーなどにも含まれるなど、自然界に存在する身体に害の無い食べ物です。

大量に摂取するとお腹がゆるくなることがありますが、FAO(国際食料農業機関)とWHO(世界保健機関)の合同規格委員会で「一日の許容摂取量を限定せず」という最も安全性の高い食品として認められています。

虫歯菌は食べ物に含まれる糖分をエサにして歯を溶かす酸を作り出します。

キシリトールは虫歯菌のエサにならない糖分なので、虫歯菌の増殖や活動が抑えられて、虫歯になりにくい口内環境を作れます。

オーガニック成分で虫歯予防効果を得たいなら、キシリトール配合の歯磨き粉がおすすめです。

リカルデント(CPP-ACP)

歯に含まれるリンやカルシウムが含まれている、牛乳由来の成分です。

虫歯菌が作り出す酸によって溶け出した歯の成分(リン、カルシウム)を歯に補って元に戻す効果と、酸性に傾いて歯が溶けやすい状態になった口内を中性に戻す効果により、虫歯を予防します。

フッ素が歯の表面を酸に溶けにくい状態に改造するのに対して、リカルデントは酸によって溶け出して足りなくなった歯の成分を補給するイメージです。

ただし、牛乳由来なのでアレルギーのある方は使用できません。

おすすめの子供用歯磨き粉

フッ素配合で、子供の歯にもやさしい「低発泡性タイプ」や「ジェルタイプ」のおすすめ歯磨き粉をご紹介します。

チェックアップコドモ

チェックアップコドモは「低発泡・低研磨・低刺激」と3拍子そろった、子どもの歯にやさしい処方の歯磨き粉です。
フッ素は950ppmF配合されており、虫歯から歯を守ります。


購入はこちら

ピジョン ぷちキッズ

離乳食が完了する1歳半ごろの子どもから使用できる、いちご味のキシリトール・フッ素入り歯磨きジェルです。
研磨剤は無配合で、デリケートな乳歯を傷つけにくいソフトな清掃剤を使用しているので、小さな子どもも安心して使えます。


購入はこちら

クリニカKid’sジェルハミガキ

すっきりと爽やかなグレープ味のジェル状歯磨きは、泡立ちを抑えており、小さな子どもでもすすぎがしやすい処方。
仕上げ磨きの際もお口の中を見ながらすみずみまで磨くことができやすいので、親御さんにとっても歯磨きしやすいです。


購入はこちら