危険な歯磨き粉って?危険といわれる歯磨き粉の成分を知ろう!

毎日お口の中に入れる歯磨き粉が、どんな成分で出来ていてどのような危険性があるのかご存じでしょうか?

この記事では歯磨き粉に含まれる、発泡剤・研磨剤・フッ素などの成分の危険性について、詳しく解説していきます。

さらに、安全な歯磨き粉の使い方やおすすめの歯磨き粉をご紹介いたします。

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国200医院以上!症例980,000件以上の安心の実績~
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

歯磨き粉に含まれる危険な成分とは


歯磨き粉には様々な成分が含まれていますが、中には危険性を指摘されるものがあります。具体的にどのような成分が危険だといわれているのか、ご紹介していきます。

歯磨き粉の箱やパッケージを見て、どのような成分が入っているの確認してみましょう。

発泡剤による危険性

注意すべき歯磨き粉の成分の一つに、発泡剤「ラウリル硫酸ナトリウム」があります。

■発泡剤の「ラウリル硫酸Na」は合成界面活性剤

ラウリル硫酸ナトリウム(Na)は、シャンプー、ボディソープ、台所洗剤、洗濯洗剤などにも含まれる、合成界面活性剤です。

発泡させることにより、歯のすみずみまで歯磨き粉がいきわたりやすくする作用があります。また、爽快感を感じることができます。

■発泡剤入りの歯磨き粉を使用すると丁寧に歯を磨けない

発泡剤入りの歯磨き粉をたくさん使うと泡立ちが良いため、きちんと歯を磨けていないのに歯を磨けた気になってしまいます。

また、どこを磨いているのかわかりにくいですし、泡だらけになり短時間しか磨けないので、丁寧な歯磨きが難しくなります。

■発がん性を指摘されたことがある

「ラウリル硫酸ナトリウム(Na)」は、発がん性を指摘されたことがある成分です。

厚生労働省により追試が行われましたが、発がん性は確認されないとの結論に達しました

粘膜を刺激し炎症を起こす可能性がある成分ですが、歯磨き粉に含まれるのはごく微量なので問題がないとされています。

研磨剤(清掃剤)による危険性

研磨剤は、清掃剤と表記されることもある成分です。

研磨剤入りの歯磨き粉を使用して歯を磨くと着色や汚れを効率的に落とすことができますが、正しく使用しないと歯や歯ぐきを傷つける危険性があります。

■研磨剤(清掃剤)で着色汚れを効率的に落とすことができる

歯磨き粉の裏の「成分表記」に記載欄には、「研磨剤」または「清掃剤」と表記されています。

歯磨き粉の研磨剤成分には「炭酸カルシウム」「ケイ素」「無水ケイ酸(シリカ)」「炭酸水素ナトリウム(重曹)」などがあります。

研磨剤は、着色汚れ(ステイン)を効率的に落とすことができる成分です。

研磨剤なしの歯磨き粉でプラークを除去することはできますが、コーヒーやお茶などの茶渋・ワインやカレーなど色の濃い飲食物による歯の黄ばみなどは、研磨剤なしの歯磨き粉では落としにくいです。

■研磨剤(歯磨剤)のデメリット

研磨剤入りの歯磨き粉を大量に使い、強い力で歯を磨くと様々なデメリットがあります。

歯や歯茎を傷つける

研磨剤入りの歯磨き粉をつけ強い力で歯を磨くと、歯や歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。

歯の表面のエナメル質が削れてしまうと、神経に刺激が伝わりやすくなるため知覚過敏になることがあります。

また加齢などにより歯茎が下がると、歯の根の柔らかい象牙質が露出している状態になっていることがあります。研磨剤入りの歯磨き粉によるダメージを受けやすいですので、気を付けましょう。

汚れが付きやすくなる

エナメル質に細かい傷がつくと、そこに汚れが入り込むようになり着色汚れがつきやすくなります

また、研磨剤によりエナメル質が削れ薄くなると、中の黄色っぽい象牙質の色が透けて見えるようになってきます。その結果歯が黄ばんで見えるようになります。

フッ素(フッ化物)の危険性

歯磨き粉に含まれるフッ化物には、「フッ化ナトリウム(FaN)」「モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)」「フッ化第一スズ」があります。

世界保健機構(WHO)で、すべての人にフッ化物配合歯磨剤の使用を推奨しています。

■フッ素は虫歯予防に効果的

フッ素には再石灰化を促進し、歯質を強化し、虫歯を抑制する効果があります。

事実、フッ化物の効能・効果として「むし歯の発生および進行の予防」の記載が医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律で認められています。

■フッ化物を過剰摂取すると急性中毒に

フッ化物を過剰摂取すると、中毒を引き起こすことがあります。

ただフッ素に限らず、薬剤は多すぎれば毒になることがほとんどだといえます。

フッ素の急性中毒

大量のフッ化物を一度に摂取すると、急性中毒を引き起こすことがあります。吐き気、嘔吐、下痢、悪寒などの症状が考えられます。

中毒量は、体重1キロあたりフッ素量5〜10㎎とされています。

日本で市販されている歯磨き粉に添加される量は、フッ素濃度1500ppmまでと決められていますので、通常の使用量であれば中毒を引き起こすことはありません。

ただ、子どもがフッ素入りの歯磨き粉を1本すべて飲み込んでしまった場合は、中毒症状を起こす可能性があります。

そのため、フッ素入りの歯磨き粉はお子様の手の届かないところに保管してください。

フッ素の慢性中毒

水道水にフッ化物が過量に添加されている地域などで起こる可能性があります。

・歯牙フッ素症(斑状歯)
歯のエナメル質が白く濁って見えたり、縞模様や欠損などが現れる症状です。歯の形成期(満8歳まで)に過剰にフッ化物を摂取することにより発症することがあります。

・骨フッ素症(骨硬化症)
長期にわたるフッ化物の過量摂取により骨量が増加し、関節の硬直や痛みなどが起こる症状です。

毒性の強い「フッ化水素」と歯磨き粉の「フッ化物」は違う

化学工業に使われるフッ素は「フッ化水素」というもので、骨に蓄積して痛みを発生させるなどの毒性があるため摂取できない形態のフッ素です。

電線の電線被覆や絶縁材料、フライパン・眼鏡レンズのコーティングなどに使われるフッ素樹脂や、エアコンや冷蔵庫の冷媒として使われるフロン類の原料などに用いられます。

昭和57年に歯科医院で悲しい死亡事件が起こりましたが、これは歯科技工で使用する「フッ化水素」を誤って歯に塗布したためです。

歯磨き粉に含まれる「フッ化物」とは違うものですので、混同しないよう注意が必要です。

注意すべきアレルギー物質


アレルギーがある方は、成分表を確認しアレルギー物質を避けるようにしましょう。

アレルギーによるアナフィラキシーショックが起こると、蕁麻疹や痒みなどの粘膜・皮膚症状や呼吸困難、急激な血圧低下による意識消失などが起こる危険性があます。

グルコン酸クロルヘキシジン

消毒薬としても使われる成分です。アレルギーによって、蕁麻疹や息苦しさ等の症状が現れることがあります。

リカルデント

牛乳由来成分です。牛乳アレルギーの方は使えません。

パラベン

皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こす可能性があります。

その他のアレルギー物質

・安息香酸ナトリウム(殺菌剤)
・プロピレングリコール(保湿剤)
・コカミドプロピルベタイン(乳化剤)
・フッ化第一スズ(錫由来なので金属アレルギーの方は注意が必要)
・香味料
・ナチュラルオイル(ティーツリーオイルなど)
・ハーブ(オーガニック歯磨き粉に含まれる自然由来の成分にも注意が必要)

安全に歯磨き粉を使うポイント


歯磨き粉を安全に使うためのポイントを、ご紹介していきます。

刺激が強いと感じる歯磨き粉は使わない

刺激が強すぎる、味が辛すぎる、ピリピリとした刺激を感じるような歯磨き粉は使わないようにしましょう。

口の粘膜に異常が現れ、口内炎や傷がある場合は悪化する恐れがあります。

歯磨き粉を使わず、歯ブラシや歯間ブラシなどで物理的に擦るだけでも、プラークを除去することは可能です。

歯磨き粉の使用量を守る

歯磨き粉の用法用量は、しっかり守るようにしましょう。
フッ素入りの歯磨き粉は虫歯予防効果があるためおすすめですが、使用量には注意が必要です。

歯磨き粉の量は、子どもが使用する際は1~3㎜程度、大人が使用する際は1~2cm程度の少量で十分です。

歯を磨くときに力を入れすぎない

研磨剤入りの歯磨き粉を使用し、強い力で歯を磨くと歯や歯茎を傷つけてしまいます。

歯ブラシの毛先が曲がらない程度の、軽い力(150~200gのブラッシング圧)で磨きましょう。

おすすめの歯磨き粉をご紹介

チェックアップ ルートケア/ライオン


研磨剤無配合で、低発泡のジェルタイプの歯磨き粉です。フッ化物が1450ppm配合されています。

歯や歯茎を傷つけることなく、しっかりと丁寧にブラッシングをすることができます。
特に知覚過敏症の方や、歯の根が露出してきた年配の方におすすめしたい歯磨き粉です。
購入はこちら

コンクール ジェルコートF/ウエルテック

研磨剤と発泡剤が無配合の、ジェルタイプの歯磨き粉です。

だだ、殺菌成分「塩酸クロルヘキシジン」が配合されていますので、クロルヘキシジンアレルギーの方は注意が必要です。
購入はこちら