研磨剤入りの歯磨き粉を使わないほうがいいの?歯磨き粉に含まれる研磨剤について徹底解説!

市販の歯磨き粉の中には、研磨剤が含まれている商品と、含まれていない商品があります。

「研磨剤入りの歯磨き粉で歯が削れる」「研磨剤入りの歯磨き粉は危険!」といった意見があるようですが、本当なのでしょうか?

この記事では、歯磨き粉に含まれる研磨剤の効果やデメリットを始め、代表的な研磨成分について徹底解説。

さらに、おすすめの研磨剤無配合歯磨き粉についてご紹介いたします。

おすすめホワイトニングクリニック3選
①ホワイトエッセンス
~全国218医院以上!症例1,150,000件以上の安心の実績~ ※2021年6月30日現在
②スターホワイトニング
~1回2,500円の安価な歯科医院ホワイトニング~
③ホワイトニング東京
~1回の通院で歯が白くなる東京のおすすめ医院~

歯磨き粉の研磨剤とは


そもそも研磨剤とは、何かを磨いたり研いだりすると表面を滑らかにすることができる粒または粉のこと。日常で使われる研磨材は、磨き粉ともよばれています。

市販されている歯磨き粉は、そのほとんどに研磨剤が配合されていて、ペーストなどに練りこまれています。

歯磨き粉の裏や箱に記載されている成分表記欄に、「研磨剤」または「清掃剤」といった表記があるかどうか確認してみましょう。

研磨剤には表面を滑らかにする作用があり、歯の表面についている着色汚れ(ステイン)や歯垢(プラーク)などの汚れを落とす手助けをします。

研磨剤の効果

歯の表面についた汚れを落としやすくする効果があります。

研磨剤なしの歯磨き粉でも、歯垢(プラーク)を落とすことはできますが、タバコのヤニ汚れ・お茶・紅茶・コーヒー等の茶渋汚れなどは、研磨剤入りの歯磨き粉を使用し歯ブラシで擦ったほうが落としやすです。

歯磨き粉の研磨剤で歯が削れてしまうこともある

研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると、歯についた汚れを削るように落とすことができます。

しかし正しい使い方をしないと、歯が削れてしまったり、歯茎を傷つけてしまう原因になることがあります。

事実、歯科医院でおすすめしている歯磨き粉は研磨剤無配合か低研磨の商品がほとんど。これは研磨剤が歯にダメージを与える可能性があるためです。

歯の一番外側を覆っているエナメル質は、人体の中で最も硬い組織ですので研磨剤を使って磨いても問題が無いとされています。

ただエナメル質の厚みや硬さには個人差があり、強すぎるブラッシング圧などによってミクロの傷がついてしまう可能性があります。

やさしい力で歯磨きをしよう

基本的に市販されている歯磨き粉の研磨剤は、歯の表面のエナメル質よりも柔らかいものを配合しているため、健康被害が出るほど歯面が削られることはないとされています。

ただ、力を入れすぎるなど誤った使い方をすると歯の表面のエナメル質を傷つけたり、歯ぐきを傷つけたりすることがあります。

そのため、歯を磨く時はやさしい力加減(100~200gのブラッシング圧)で行うようにしましょう。

大量の研磨剤入り歯磨き粉を使い継続して強い力で磨いていると、歯や歯ぐきにダメージを与えてしいまいます。

毎回使用せず、1~3日に1回や、1週間に1回など感覚を開けて研磨剤入りの歯磨き粉を使い、普段は研磨剤なしの商品を使う方法もおすすめです。

また、一部インターネットや大型のお店などで販売されている海外製の歯磨き粉は、研磨剤の粒子が粗い商品があるため、歯面を傷つけてしまうことがあります。

欧米人と日本人では、エナメル質の厚さや柔らかさが違うためです。海外製の歯磨き粉には注意するようにしましょう。

研磨剤(清掃剤)の成分

パッケージに大きく「研磨剤なし」と表記のある歯磨き粉もあれば、表示が無い商品もあります。

研磨剤が入っている歯磨き粉かどうか調べたい時には、パッケージに表示されている成分表を確認してみるようしましょう。

「研磨剤」または「清掃剤」という記載があれば、研磨剤入りの歯磨き粉です。

代表的な研磨剤には、以下のようなものがありますので参考にしてみてください。

  • リン酸水素カルシウム
  • 水酸化アルミニウム(アルミナ)
  • ケイ素…含水ケイ酸 無水ケイ酸(シリカ)
  • ピロリン酸カルシウム
  • 炭酸カルシウム…重質炭酸カルシウム
  • 炭酸水素ナトリウム(重炭酸ナトリウム/重曹)
  • 炭酸ナトリウム
  • 顆粒

研磨剤入りの歯磨き粉を使わないほうがいい人


知覚過敏の症状がある方・重度の歯周病の方・ご高齢の方・子どもさんは研磨剤なしの歯磨き粉を使うことをおすすめいたします。

知覚過敏の症状がある方

知覚過敏とは、冷たい飲食物や、熱いもの、甘いもの、風にあたった時、歯ブラシの毛先が触れた時などに感じる一過性の痛みのことです。

通常歯の表面はエナメル覆われているため、極端に冷たいもの以外は痛みを感じません。

ところが様々な理由でエナメル質の内層にある象牙質が露出してしまうと、神経に刺激が伝達されやすくなり知覚過敏の症状が出るようになります。

知覚過敏の原因は、歯周病や加齢による歯肉の退縮・歯ぎしりや食いしばりによる歯の摩耗や付け根部分のえぐれ・歯の破折・酸性の飲食物によって歯が溶けたことによる象牙質露出・ホワイトニングなど様々です。

研磨剤入りの歯磨き粉を使い続けると、知覚過敏の症状が悪化してしまいますので使用を控えるようにしましょう。

歯周病の方・ご高齢の方

歯周病にかかると、歯を支える骨が破壊されたり歯肉退縮が起こったりします。歯肉が下がると、歯の根の部分が露出してしまいます。

また、加齢によっても歯肉が退縮し少しずつ下がってきます。

歯の根の部分はエナメル質よりも柔らかい象牙質ですので、歯根部分を研磨剤入りの歯磨き粉で磨くとどんどん削れてしまい知覚過敏を起こしやすくなります。

さらに歯は使っているうちに、わずかずつですがすり減っていくもの。ご高齢の方は歯の表面の硬いエナメル質が薄くなっていることが多く、若い頃よりも歯面に傷がつきやすくなっています。

弱った歯と歯茎をこれ以上傷つけないようにするため、「研磨剤なし」か「低研磨」の歯磨き粉の使用をおすすめいたします。

子ども

乳歯は永久歯よりもかなり柔らかく、表面の硬いエナメル質は永久歯の半分程度しかありません。そのため、研磨剤を多く含む歯磨き粉を使用すると傷つく恐れがあります。

また、生えたての永久歯は構造がまだ未成熟なので傷が付きやすいです。
お子さまには子ども用の「研磨剤なし」または「低研磨」と記載のある歯磨き粉がおすすめです。

研磨剤以外の汚れを落とせる成分


歯磨き粉を使わなくても、ブラッシングによって汚れを落とすことができます。

また研磨剤以外にも、汚れを落としやすくする成分があります。

ポリリン酸ナトリウム(STP)

ポリリン酸ナトリウムは、歯の汚れを柔らかくする成分です。科学的な作用で歯の汚れを浮かび上がらせることによって、ブラッシングで着色やヤニなどを除去しやすくします。

さらに、歯をコーティングする作用もありますので、歯磨きの後にステインが付きにくい状態を維持することができます。

研磨剤のように歯を傷つけるリスクが低い、おすすめの成分です。

マクロゴール

マクロゴールは、着色汚れを溶かし汚れを落としやすくする成分です。

特に、タバコのヤニ汚れに効果があるためタバコを吸う方におすすめです。

「ポリエチレングリコール(PEG)」「マクロゴール400」と成分表記されていることがあります。

研磨剤無しのおすすめ歯磨き粉

シュミテクト トゥルーホワイト/GSK


研磨剤無配合で、歯や歯茎を傷つけるリスクが低いおすすめの歯磨き粉です。

「STP(ポリリン酸ナトリウム)」と「ポリエチレングリコール400」が配合されています。ステインを科学的に柔らかくし浮かび上がせることによって、除去しやすくする効果があります。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

コンクール ジェルコートF/ウエルテック


ジェルタイプ研磨剤無配合の歯磨き粉です。

「塩酸クロルヘキシジン」が配合されていて、虫歯、歯周病、口臭の原因の細菌を殺菌します。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら