【虫歯予防】歯磨き粉はうがいしないのが新常識!

歯磨き粉にはフッ化物と呼ばれる虫歯予防の成分が含まれています。歯磨き後のうがいの回数が多いとフッ化物が流れてしまう可能性が!

歯磨き後のうがいは泡だけ吐き出しうがいをしないか、少量の水で1回か2回が理想です。虫歯予防に効果的なフッ化物を口腔内に長く残すオーラルケアを身につけましょう。

フッ化物には虫歯予防と初期虫歯の修復作用がある


歯に関心がある方は「フッ素」という言葉を聞いたことがあるかと思います。「フッ素」の正式名は「フッ化物」といい、フッ素には虫歯予防や初期虫歯を修復する働きがあります。

歯磨き粉の成分表に書かれているフッ素は以下のとおり

  • フッ化ナトリウム
  • モノフルオロリン酸ナトリウム
  • フッ化第一スズ

フッ素の入った歯磨き粉を総称して「フッ素配合歯磨き剤」と呼ばれており、市販されている歯磨き粉の9割に配合されています。

虫歯予防

虫歯予防でフッ化物配合の歯磨きをを使うのはとても重要なことです。フッ化物には再石灰化を助ける働きがあり、歯を強くする働きがあります。

虫歯の原因である菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖質をエサにして酸を作ります。その酸が歯の成分であるカルシウムを溶かしてしまい虫歯になります。

唾液には虫歯を防ぐ「再石灰化作用」があります。唾液に含まれるカルシウムやリンが酸を中和して、歯の表面のエナメル質を元の状態に修復するのです。フッ化物配合の歯磨き粉を使用すると、再石灰化が促進し、虫歯予防になります。

フッ化物配合の歯磨き粉はコンビニやドラッグストアで簡単に手に入りますので、フッ化物が配合されているか、成分表を意識して購入しましょう。

初期虫歯も修復してくれる

歯医者さんで「CO」や「初期虫歯」と言われたことはありませんか?初期虫歯の状態は歯科治療をせずにフッ化物を使用し再石灰化を促進させることで自然に治ります。

初期虫歯とは、歯の表面がわずかに溶け出し穴が空いてない状態です。特に自覚症状がないので知らずに放置してしまうと虫歯が進行してしまうことも。
調べる方法は歯医者でレントゲンで確認したり、歯を乾燥させ白く濁った色をしているか確認することで初期虫歯を判断します。

歯の表面では歯が溶ける脱灰と歯が固まる再石灰化が繰り返しおきています。そこにフッ化物が働きかけると再石灰化を促進させて初期の虫歯を治します。

初期虫歯を治すにはポイントがあります。

汚れをしっかり落とす
プラークには虫歯の原因菌が潜んでいるのと、歯の表面にプラークが残っているとフッ化物が歯に作用しません。歯ブラシだけでは歯と歯の汚れは落とせないので、フロスや歯間ブラシを使うことがポイントです。

フッ化物を口の中に残す
歯磨きのあと、口の中に残ったフッ化物はうがいや唾液で流されてしまいます。フッ化物を口の中にできるだけ残す為に泡だけを出すか、15mlの水で1回ゆすぎましょう。

虫歯は気づかずに進行してしまうものです。初期虫歯を見逃さない為にも定期的に検診を受けることが非常に大切です。

フッ化物配合の歯磨き粉はうがいしないのが効果的


予防歯科世界先進国のスウェーデンではフッ化物を口腔内に長く残す歯磨き方法が発見されました。イエテボリ大学で発案された「イエテボリテクニック」です。イエテボリテクニックはフッ化物配合の歯磨き粉はうがいしないという新しい歯磨き方法です。

今までの歯磨き方法と比べて予防効果が40%以上高いことがわかり、スウェーデンでは新常識となっています。

イエテボリテクニックはうがいしない歯磨き方法

イエテボリテクニックの目的は、口の中にフッ化物を長く残すことで再石灰化の促進をさせて、歯の強化をすることです。

おすすめのタイミングは就寝前の歯磨きです。就寝中は唾液の量が減少し、再石灰化作用が弱くなり、歯の表面のエナメル質を元の状態に修復する作業が困難になります。

虫歯予防に効果的なイエテボリテクニックの方法は

1.フッ化物配合の歯磨き粉を2㎝歯ブラシの上に出します。
12歳~14歳までは1cmが目安です。

2.歯磨き粉が全体に行き渡るように2分間磨きます。
実際には2分で磨ききれないので一度磨いてから行うと予防効果が高まります。

3.口の泡だけを吐き出して、うがいはしません。
口の中が気持ち悪い場合は、15mlの水で1回ゆすぎます。ですが、うがいをしてしまうと回数に比例してフッ化物が流れてしいます。できるだけ泡だけ吐き出すようにしましょう。

4.最低30分~2時間飲食しないようにしましょう。
口の中のフッ化物の効果を持続させるためには歯磨き後の飲食を控えます。

ただし、注意点もあります。イエテボリテクニックの対象年齢は12歳以上としています。

フッ化物がインプラントに与える影響は様々な見解があります。インプラントが入っている方は、担当の歯科医師と相談した上で行うようにしましょう。

普段とは違う歯磨き粉の使い方ですが、フッ化物を口の中に長時間残すことができます。フッ化物配合の歯磨き粉を上手に利用しましょう。

うがいしない歯磨き方法なら高濃度フッ化物歯磨き粉がおすすめ


うがいしない歯磨き方法は高濃度フッ化物歯磨き粉を使用することによって、虫歯予防がさらに効果が上がります。

通常、市販の歯磨き粉は950ppmのフッ化物が配合されていますが、平成29年に1500ppmの歯磨き粉が承認されました。

WHO(世界保健機構)の発表によると、1500ppmの歯磨き粉と1000ppmの歯磨き粉を使った後、唾液中のフッ素濃度を調べた結果1500ppmの方が2倍高くなり、フッ化物の濃度が500ppm上がるにつれて虫歯予防が6%高くなることがわかっています。

ただし、日本では厚生労働省により濃度が規定されています。

  • 6歳未満500ppm(泡状の歯磨き粉なら1000ppm)
  • 6歳~14歳1000ppm
  • 15歳以上1000ppm~1500ppm

歯磨き粉のパッケージにフッ化物濃度が記載されているものは確認をし、選ぶようにしましょう。

フッ化物は自然界に存在し安全性が高い


WHO(世界保健機構)で安全性が認められている成分で自然界にも多く存在しています。

例えば、私たちが普段食べたり飲んだりしている水、お茶、海藻の中にも少量ですがフッ化物は含まれています。

しかし、どんなものでも大量に摂取すると中毒症状が起きます。フッ化物も同様です。安全に使用する為には中毒症状を知っておく必要があります。
フッ素が招く中毒症状は以下のとおりです。

急性中毒
高濃度のフッ素を一気に飲み込んでしまった場合、悪心、嘔吐、腹痛などのを引き起こす可能性があります。

歯のフッ素症
1歳~3歳までに高濃度のフッ化物を過量に摂取してしまった場合、形成中のエナメル質に影響して、歯の表面に褐色の斑点ができる病気です。このことから1450ppmの歯磨き粉は「6歳未満の子供には使用してはならない」という注意があります。

フッ化物で中毒症状がおきるのは体重1kgあたりフッ化物2mgです。
市販の高濃度フッ素配合歯磨き粉1450ppmで歯磨き1回分の量(0.5g)に含まれるフッ化物の量は0.725mgとごく少量です。
高濃度とはいえ、使用量の歯磨き粉を飲み込んでしまっても安全性に問題はありません。

フッ化物配合歯磨き粉は虫歯予防のための有効な手段です。効果的に虫歯予防する為に、うがいしない新しい磨き方「イエテボリテクニック」を実践してみましょう。

おすすめの高濃度フッ化物歯磨き粉

高濃度フッ化物歯磨き粉はどれを使えばいいかお悩みの方に、ドラッグストアでも手軽に買える高濃度フッ化物歯磨き粉をピックアップしましたのでぜひ参考にしてみてください。

ライオン チェックアップ スタンダード


低研磨で泡立ちが控えめなので、しっかり磨きたい方に。1450ppmと高濃度のフッ化物が配合されています。
Amazonでの購入はこちら

クリニカ アドバンテージ


高濃度フッ化物が1450ppm配合されています。フッ化物、殺菌、歯垢除去の効果で1本で予防のトータルケアができます。
Amazonでの購入はこちら