歯間ブラシを使うとなぜ臭うの?臭いの原因や対処法をご紹介

「歯間ブラシを入れると臭いがしてくる」「使った後の歯間ブラシやフロスを嗅いでみたら臭い!」といった経験はありますか?

歯ブラシだけでは落としきれない汚れを除去できる歯間ブラシですが、なぜ臭うのでしょうか?

この記事では、歯間ブラシ使用時の臭いの原因や、その対処法などについて詳しくご紹介していきます。

歯間ブラシとは


歯間ブラシとは、歯と歯の間(歯間)や、歯と歯茎の間の汚れを落とすブラシのことです。

細いワイヤーの周囲に歯ブラシの毛先がついているものや、ゴム製のブラシなどが販売されています。

歯と歯の隙間を綺麗にする「歯間ブラシ」

歯と歯の間の隙間や、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)は、歯ブラシでは磨きにくく汚れが残りやすいものです。

実際に歯ブラシだけでは、歯と歯の間の歯垢の6割程度しか除去できないといわれています。

しかし「歯間ブラシ」と「歯ブラシ」を併用すれば、9割以上の歯垢を取り除けるとの報告があります。

狭い歯間を清掃する「デンタルフロス・糸ようじ」

歯と歯の間を清掃するための細い糸を、「デンタルフロス」「糸ようじ」といいます。

デンタルフロスと糸ようじは、基本的には同じ物です。専用の柄にフロスを取りつけたものを「糸ようじ/フロスピック/ハンドルタイプのフロス」といいます。

歯間ブラシが入らないような狭い歯間は、デンタルフロスを使用して清掃するとよいでしょう。

歯間ブラシやフロスを通した時に臭いがする原因


歯間ブラシを使用すると、歯ブラシだけでは取り切れなかった歯と歯の間のプラークをかき出すことができます。

この時に臭いの成分が拡散されるため、歯間ブラシを使うと臭いを感じることがあります。

プラーク(歯垢)内で増殖した細菌の臭い

歯についた白いネバネバしたかたまりの「プラーク(歯垢)」は、細菌のかたまりです。

お口の中で繁殖した複数の細菌(1グラムあたり1億個以上の細菌)のかたまりが、歯に付着しています。このプラークは、うがいでは簡単に落ちないため、歯ブラシや歯間ブラシでこすり落とす必要があります。

プラーク内で増殖した細菌は、揮発性硫黄化合物(VSC)のガスを放出します。

特に、歯と歯の間や歯周ポケット内のプラークには、酸素に触れることのない「嫌気性菌」が多いため、魚が腐ったような生臭い臭いの「メチルメルカプタン」や、卵が腐ったような臭いの「硫化水素」、生ごみのような臭いの「ジメルサルファイド」などの臭いガスを大量に発生します。

プラークの付着量が多いほど臭い原因物質をたくさん作り出し、より臭いが強くなります。

また、メチルメルカプタンは、不快な臭いを放つだけでなく歯周病を悪化させます。歯周病を悪化させないために、歯間ブラシでしっかりと清掃をするようにしましょう。

虫歯や歯周病による臭い

虫歯が進行し大きくなると、汚れや食べかすが中に入り込み、腐って臭いを発生させることがあります。

さらに虫歯が進行すると神経が壊死し、腐敗して強烈な臭いを発します。歯間ブラシを使うことにより、臭いが拡散されます。

また、歯周病菌は、強烈な臭いを放つメチルメルカプタンを大量に作るため、ドブのような強い悪臭を放ちます。

銀歯と歯の間のプラークの臭い

銀歯に使われている接着剤が古くなると、徐々に水に溶けだすため、歯の間に隙間ができることがあります。

この隙間に食べものやプラークが溜まりやすくなるため、臭くなりやすいです。

歯間ブラシ使用時の臭いを改善する方法


歯間ブラシを使用していて臭いが気になったとしても、気にせずに毎日歯間ブラシを使用し続けてください。

また、並行して歯科医院で歯周病治療を受けたり、虫歯がないかどうかチェックしてもらったりしましょう。

頻繁に歯間ブラシを使用する

臭いが気になるからといって歯間ブラシを使うのをやめてしまうと、汚れが溜まり溜まってしまいまい、口臭が悪化してしまいます。

1日1回など、頻繁に歯間ブラシを使用していれば汚れが溜まりにくくなり、だんだんと臭いが少なくなって気にならなくなってくるでしょう。

また、歯間ブラシとマウスウォッシュと併用すると、より効果的に歯周病菌を除去できますし、口臭対策にもなります。

ちなみに歯間ブラシは、ご自身の歯と歯の間にあった「サイズ」を選び、正しく使うことがとても大切です。

大きすぎる歯間ブラシを使ったり、間違った歯間ブラシの使い方をしたりすると、かえって歯肉を傷つけ歯茎を下げてしまうことがあります。

歯間ブラシのサイズや、正しい使い方は歯科医や歯科衛生士に教えてもらうことができますので、検診の際に気軽に相談してみてください。

歯科医院で虫歯治療

虫歯によって悪臭のガスを発生しているケースでは、歯科医院で虫歯治療をしてもらう必要があります。
早めに歯科医院へ行き、虫歯がないかどうかチェックしてもらいましょう。

銀歯やレジンが劣化して歯垢が溜まりやすくなっているケースでは、新しい材料に変えることによって臭いが改善することがあります。

詰め物や被せ物の材料の一つである「セラミック」は自費治療なので高額ではありますが、劣化が少ない素材ですし、歯垢が付着しにくいためおすすめです。

歯科医院で歯周病治療

歯周病菌によって口臭が発生します。また歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなりプラークが溜まりやすくなるため、さらに口臭が悪化してしまいます。

そのため早めに歯科医院を受診して、歯周病治療を受けましょう。

初期の歯周病でしたら、スケーリング・ルートプレーニングで歯石を除去した後、ブラッシングや歯間ブラシでプラークコントロールを続けることによって症状が改善されていきます。

歯周病の症状が進んでしまっている場合は、外科的な処置を行ったり、骨を再生させたりする施術が必要になることがあります。

根本的な口臭改善をしたいなら口臭外来へ

口臭外来は、口臭に特化した治療を行っている総合病院・歯科医院の専門外来です。

口臭測定器や唾液検査など専門的な機械を使用して口臭の原因をチェックし、治療を行います。

口臭の90%は口腔内の問題(歯周病など)が原因だといわれていますが、病的疾患など他の原因によるものもあります。

口臭外来では、口臭の有無を数値で表したり、具体的な悪臭成分を専門機器で調べたりすることができるため、根本的な口臭改善を行うことができます。

口臭対策に効く!マウスウォッシュをご紹介

コンクールF/コンクール


水で薄めて使用するタイプの洗口剤です。
コップに少量の水(25ml)を入れ、コンクールFを5滴垂らして希釈し使用します。1回当たりのコストが安く、経済的な商品です。

グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)が、歯周病菌・口臭菌・虫歯菌などの繁殖を最大12時間抑制します。

歯間ブラシ後のマウスウォッシュとして使用しましょう。また、水で薄めたコンクールFを歯間ブラシにつけ清掃すると、効果的に歯周病菌を殺菌できます。

市販のマウスウォッシュよりも刺激が少なく、スッキリとしたミント味。緑茶抽出液が配合されていて爽やかな香味です。

ただし、グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

オーラルクールCHX/Ciメディカル


コンクールFと同じ、グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)を配合した洗口液です。
プロポリス配合で、ペパーミントの香りです。

グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら