口臭が酸っぱい理由と改善方法を解説!

口臭は原因によって臭いの特徴が異なり、特に酸っぱい臭いがする場合は身体の病気の可能性があります。

この記事の結論

・口臭が酸っぱい理由は糖尿病・逆流性食道炎など病気の可能性がある

・病気が治ると口臭は改善する

・ほとんどの口臭は口の中に原因がある

酸っぱい臭いの口臭は身体の病気の可能性あり


口臭はほとんどが清掃不良や虫歯や歯周病によって起こり、玉ねぎや魚、卵が腐ったような臭いがしますが、それ以外の臭いが続くときは以下のような病気が疑われます。

  • 糖尿病
  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 十二指腸潰瘍

病気によって発生する口臭は、身体から代謝されるときに臭い成分が血液や肺を通って体臭や呼気として排出されるもので、口の中が臭うというよりは息そのものが臭います。

糖尿病

糖尿病では「アセトン臭」という甘酸っぱい腐った果物のような臭いがします。

これはインスリンの分泌量が低下して血糖値のコントロールが上手くできないときに揮発性の臭い物質であるアセトンが体内に発生するためです。

糖尿病では口臭のほかに、空腹感や喉の渇きがひどい、頻尿、急激な体重減少、疲労が取れないなどの症状があります。

逆流性食道炎

胃の内容物が食道に逆流する病気で、胃酸と酸性ガスが食道を通って口の方へ上がり、酸っぱい味や鼻を突くような刺激臭がします。

健康な身体であれば食道から胃への入り口は閉じており、臭いの強い食べ物を摂取してもその臭いが直接胃から上がってくることはありません。

逆流性食道炎では口臭のほかに、食後の胃もたれや胸やけ、げっぷの増加、喉や耳の奥に違和感があるなどの症状があります。

胃炎

ストレスや細菌感染によって胃の粘膜に炎症が起きると、卵が腐ったような臭いがします。

胃炎になると胃酸が出にくくなり食べ物が消化されず、胃の中で発酵します。その臭いが肺に入ると息が臭います。

胃炎では口臭のほかに、腹痛、腹部の不快感、吐き気などの症状があります。

十二指腸潰瘍

胃と腸をつないでいる十二指腸に潰瘍ができると、消化不良を起こし卵の腐ったような臭いがします。

これは胃から腸へ食べ物を流すこと動きが鈍くなり、胃の中に食べ物が停滞した状態で発酵し、血液の中に吸収された臭い物質が肺を通して口臭を発生させます。

十二指腸潰瘍は口臭のほかに、みぞおちの痛み、胸やけ、胃もたれなどの症状があります。

そのほかの全身疾患

病気のサインは酸っぱい口臭だけではなく耳鼻咽喉系や消化器系疾患を中心にさまざまあり、服薬による口の乾燥が原因で口臭がすることもあります。

肉が腐ったような臭い

  • 蓄膿症(副鼻腔炎)
  • 肺気腫
  • 肺がん
  • 胃がん

生魚が腐った臭い

  • トリメチルアミン尿症(魚臭症)

甘い臭い

  • 咽頭の細菌感染
  • 気管支の細菌感染
  • 肺の細菌感染

アンモニア臭

  • 肝硬変
  • 肝臓がん

酸っぱい臭いの口臭を改善する方法


全身疾患の可能性があるため、原因となる病気を治すしか改善方法がありません。

主訴が体調不良ではなく口臭の場合は、口臭外来を受診すると歯科だけでなく医科も含めた口臭の原因を究明できるので効率よく改善できます。

口臭外来の受診

口臭外来とは、総合病院や口臭専門クリニックで適切な口臭治療を行う場所です。

問診、口腔内診査、唾液や口臭測定などで口臭が発生する可能性がある要素を細かくチェックし、診断結果に基づいて口腔内環境の改善やカウンセリングなどを行います。

約3カ月での改善を目標として3〜4週間おきに通院し、口臭測定と検査を繰り返して改善度を確認しながら治療をすることが多いです。

自費診療のため費用は500〜12,000円前後と病院や歯科医院によって異なり、身だしなみの一環として口臭レベルを測定するだけの手軽なコースから徹底的に根本治療を目指すコースまであります。

医科の受診

病気とともに口臭も改善されるため、体調不良などがある場合は医科を受診することをおすすめします。

病気による口臭は口の中が臭うよりも息が臭うもので、全身疾患の兆候として現れます。この場合は、原因となる病気を治療することで口臭は軽減できます。

身体の病気以外の口臭


全身の病気により口臭をがする場合もありますが、ほとんどの口臭は口の中に原因があるものです。

口から発生する病的口臭

口から発生する口臭には、虫歯、歯周病、舌の汚れがあります。主に口の清掃不良により舌や歯に付着した汚れに含まれる口内細菌が作り出す硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドからなる揮発性硫黄化合物が口臭となります。これらの汚れは虫歯や歯周病の原因にもなり、さらに虫歯や歯周病が口臭を悪化させる要因となります。

虫歯は初期の段階では口臭や自覚症状が無く、進行して歯の穴が大きくなると詰まった食べかすや汚れが腐って臭い始め、さらに虫歯が進行すると歯の神経が侵されて強烈な腐敗臭を放つようになります。

歯周病は特に口臭との相関性が高く、口臭の原因物質の中でも最も少量で強烈な臭いを放つジメチルサルファイドが大量に作られ、ドブのような臭いが特徴です。

初期段階では自覚症状が無く、口臭が起こり始めても人間の鼻は臭いに慣れる性質があり自分では気づけない場合があるため、歯磨きをしたときに歯茎から出血する、歯と歯の間の歯茎が三角ではなく丸みを帯びている、永久歯がグラグラと揺れるなどの症状がある場合は早急に歯科を受診しましょう。

口が原因の口臭を予防するには毎日の歯磨きが大切で、歯ブラシだけでなく舌ブラシや口臭・歯周病予防効果のあるマウスウォッシュなどを取り入れると良いでしょう。

生理的口臭

身体の仕組みによって起床時や緊張時に唾液の分泌が減り、口内細菌が作り出す揮発性硫黄化合物の濃度が高くなるために起こる口臭で、ホルモンバランスによる月経時の口臭や年代、民族的な口臭も含まれます。

誰にでも起こり、歯磨きをしたり食事や水分を摂ったりして唾液の分泌が増えればすぐに改善するため治療の必要はありません。

外因的口臭

にんにくやニラなどの臭いの強い食べ物やコーヒー、タバコ、アルコールによる口臭で、身体の中で臭い成分が代謝されて肺や血液を通して呼気に混ざり排出されます。

臭いは一時的なもので体内から臭い物質が無くなれば改善されますが、タバコに含まれる粘着性の高いタールは歯や歯石にこびりついて臭いを放つため、歯磨きや歯科医院で受けられるクリーニングで歯石を除去してもらうなどの対策が必要です。

心理的口臭

実際には口臭が無いのに口臭があると思い込んでいる状態で、トラウマやストレスなど原因はさまざまです。

マウスウォッシュや舌磨きなどの過剰な口臭ケアを行いドライマウスを引き起こし、実際の口臭を発生させる場合や口の粘膜の炎症、舌を傷つけたことによる味覚障害などを起こす場合があります。

医科や歯科で口臭の原因となる病気や要因が無いことを確認して、客観的データで口臭が無いことを自覚できれば改善する可能性があります。

酸っぱい臭いの口臭には注意しましょう


酸っぱい口臭がする原因は身体の病気である可能性があり、病気が治ると口臭は軽減します。酸っぱい口臭があり、体調不良であれば医科を受診することをおすすめします。

なお、ほとんどの口臭は口の中が原因であるため、舌磨きやマウスウォッシュなど取り入れて口の中を清潔にしましょう。

口臭対策に効く!マウスウォッシュをご紹介

コンクールF/コンクール


水で薄めて使用するタイプの洗口剤です。
コップに少量の水(25ml)を入れ、コンクールFを5滴垂らして希釈し使用します。1回当たりのコストが安く、経済的な商品です。

グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)が、歯周病菌・口臭菌・虫歯菌などの繁殖を最大12時間抑制します。

歯間ブラシ後のマウスウォッシュとして使用しましょう。また、水で薄めたコンクールFを歯間ブラシにつけ清掃すると、効果的に歯周病菌を殺菌できます。

市販のマウスウォッシュよりも刺激が少なく、スッキリとしたミント味。緑茶抽出液が配合されていて爽やかな香味です。

ただし、グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

オーラルクールCHX/Ciメディカル


コンクールFと同じ、グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)を配合した洗口液です。
プロポリス配合で、ペパーミントの香りです。

グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら