口臭を改善したい!口臭の原因を知って改善の基本をマスターしよう!

口臭のほとんどを占める主な原因は虫歯や歯周病などの口の病気や清掃不良で、残りは臭いの強い食べ物や嗜好品による臭い、糖尿病や消化器系などの全身疾患、心の問題に原因があります。

どうすれば口臭を改善できるのか、原因を踏まえてセルフケアの基本を解説いたします。

口臭の原因とは?


口の汚れや病気か全身疾患、食べ物の代謝や身体のメカニズムによって誰にでも起こるもの、心理的な問題が挙げられます。

1.舌や歯の汚れ

歯磨きなどの口腔ケアが不十分なために歯や舌に残っている汚れから発生する口臭で、主な原因物質は卵が腐ったような臭いがする硫化水素、生ごみのような臭いがするジメルサルファイド、魚が腐ったような生臭さがあるメチルメルカプタンが含まれる揮発性硫黄化合物です。

歯や舌の汚れは揮発性硫黄化合物を作り出して虫歯や歯周病を引き起こす細菌の塊で、付着量が多いほど口臭の原因物質をたくさん作り出すので臭いが強くなります。

2.虫歯や歯周病

初期の虫歯では口臭を発生させることはありませんが、症状が進行して大きくなった穴に詰まった汚れや食べかす、壊死した神経が腐敗すると強烈な臭いを放つ口臭となります。

歯周病では揮発性硫黄化合物の中で最も少量で強烈な臭いを放つメチルメルカプタンを歯周病菌が大量に作るため、ドブのような強い悪臭を放ちます。

メチルメルカプタンは不快な臭いを放つだけでなく歯周病の病態を悪化させる作用があるため、できるだけ早めの歯周病治療が望ましいです。

虫歯や歯周病を治療しないと口臭が改善されないため、歯の痛み、歯茎の腫れや出血がある、時間が経っても口臭が改善されないなどの症状がある場合は虫歯や歯周病の可能性があります。

3.食べ物、喫煙、飲酒

ニンニクやネギなど臭いの強いものを食べる、酒を過剰に飲む、タバコを吸うなどして起こる口臭で、これらの臭い成分が身体で代謝されるときに血液や肺を通して呼吸や体臭として排出されます。

基本的に時間が経つと自然と治るため治療は必要ありませんが、歯や舌にタバコのタールやニコチンなどが定着して臭いを放っている場合は歯磨きやマウスウォッシュによる口腔ケアが必要です。

4.全身疾患

水分を摂ったり時間が経ったりしても無くならないのが特徴で、蓄膿症や副鼻腔炎、糖尿病、呼吸器・消化器疾患など全身の病気や服薬による唾液分泌量の減少などが原因の口臭です。

肝疾患のアンモニア臭や糖尿病のアセトン臭(果物が腐ったような甘酸っぱい臭い)などが代表的で、改善するには病気の治療や薬の変更などが必要です。

5.生理的な口臭

睡眠・食事・運動などに伴う交感神経と副交感神経の働きで唾液の分泌が減り、口の中が乾燥して一時的に起こる誰にでもある口臭です。

歯磨きやうがい、食事などで唾液の分泌が増えると解消されるため治療の必要はありません。

6.心理的な口臭

実際は口臭が無いにも関わらず自分は口臭があると思い込んでいる状態で、精神的ストレスや過去のトラウマなとが原因です。

仮性口臭、自臭症、口臭恐怖症などとも呼ばれます。

口臭をセルフチェックする方法


唾液や吐く息を自分で嗅いでみたり、市販の口臭チェッカーで確認したりする方法があります。

自分の唾液でチェックする

自分の口の中を指などで触って指に付いた唾液の臭いを嗅いでチェックしますが、唾液が揮発すると臭いが強くなるため参考程度です。

自分の吐く息を嗅ぐ

コップやビニール袋、手のひらなどに吐いた息を嗅いで口臭をチェックします。

市販の口臭チェッカーを使う

口臭外来や歯科医院にあるものより精度が劣るのであくまで目安となりますが、客観的に口臭の有無やレベルをセルフチェックできます。

測定前に臭いの強いマウスウォッシュを使用すると、それに反応して口があると判定されることがあるため使用方法をよく守りましょう。

簡単にできる口臭の改善方法


口臭の原因の大半を占めるのは舌や歯の清掃不良による虫歯や歯周病で、この場合は口腔ケアにより簡単に口臭を改善できます。

毎日の歯磨きに加えて口臭予防効果のある歯磨き粉やマウスウォッシュ、タブレットを併用すると良いでしょう。

舌を含めた口腔ケア

歯磨きやフロス、舌ブラシを用いた口腔ケアは口臭の原因を除去するだけでなく、歯の汚れに起因する歯周病にも有効なため歯周病由来の口臭改善が期待できます。

歯ブラシだけでは歯の汚れを落とし切れないため、歯間ブラシやデンタルフロスを併用し、口腔ケアの最後または食後や就寝前に歯周病や口臭予防のマウスウォッシュを取り入れるのも効果的です。

また、口が原因がある口臭の半数以上が舌の汚れ(舌苔:ぜったい)から発生しており、歯磨きだけでなく舌までケアすることが大切です。

舌は毛の柔らかい歯ブラシや舌ブラシで行い、舌の奥から手前に優しく撫でるようにして少しずつ舌苔を除去します。

強く擦ると舌の表面を傷つけて味覚障害やドライマウスを引き起こすため力強くゴシゴシ擦るのは控えましょう。

舌苔が多く着いていたり口の中が乾燥していたりすると一度では取れないこともあるため、毎日続けて少しずつ落とすイメージで行います。

唾液の分泌を促す

生理的口臭やタバコやアルコール、服薬によるドライマウスが原因の場合に有効です。

【例】

○服用薬剤の変更
○水分補給
○唾液分泌作用のある薬剤の使用
○保湿成分配合のマウスウォッシュ、ミストを使用する
○タバコやアルコールを控えるなど生活習慣の改善
○うがいができない場合はガムを噛む、舌で口の中を刺激しする

口臭を根本的に改善するなら口臭外来


口臭に特化した治療を受けられる総合病院や歯科医院の専門外来で、精密な口臭測定器や唾液検査などで口臭を発生させる原因を詳細にチェックできます。

口腔ケアや口臭予防のマウスウォッシュ、タブレットだけでは対処できない口臭を専門家のアドバイスとオーダーメイド治療により根本的な改善を目指します。

口臭治療の流れ

約3カ月での改善を目標として3〜4週間おきに通院し、口臭測定と検査を繰り返しながら適切な口臭治療を行います。

問診、口腔内診査、唾液や口臭測定器による検査などで口臭が発生する可能性がある要素を細かくチェックし、診断結果に基づいて口腔内環境の改善や医科の受診、カウンセリングなどを行います。

おすすめの口臭ケアグッズ

タニタ「ブレスチェッカー」EB-100

長さ12cm、幅3cm、重さ42gの持ち歩きやすいコンパクトなサイズとセンサーやボタンが見えないスマートなデザインが魅力で、6段階の口臭レベルをバイブレーターとLEDランプで判定できる消音設計なので外出先でも使いやすいです。

購入はこちら

第一三共ヘルスケア「ブレスラボマウスウォッシュ」

CPC(塩化セチルピリジニウム)による殺菌作用とグリチルリチン酸ジカリウムによる抗炎症作用、臭い吸着成分のグルコン酸銅により、口臭、歯周病、歯垢(歯の汚れ)の付着を予防します。

購入はこちら

【第3類医薬品】アセスメディクリーン 450mL

アセスメディクリーンは第3類医薬品に分類され、市販で購入できるマウスウォッシュの中では最高濃度の薬用成分が配合されています。

カミツレ、ラタニア、ミルラのエッセンシャルオイルが歯の汚れに浸透・殺菌するので、歯ブラシが届かない所に残っている細かい汚れに行き渡り、口臭と歯周病に効果を発揮します。

購入はこちら

保湿成分配合「ウエットキーピングミスト」

ミスト状の口専用の保湿剤で、唾液の代わりに口腔内の湿度を保ちます。

購入はこちら