矯正の値段はいくら?矯正方法や年齢別に相場を解説

歯の矯正というと、多額の費用が必要なイメージを持つ方が多いと思います。

矯正の方法や矯正を行う歯科医院による違いや、矯正を終えるまでにどのような名目でどのくらいの費用が掛かるのか、分かりくい部分について解説します。

この記事の結論

・矯正治療費用は全体矯正で70〜135万円、部分矯正で10〜70万円が目安。
・矯正治療費用のほかに矯正前検査、矯正中の調整料、矯正後の保定費用が掛かる。
・使用する矯正装置、矯正を始める年齢、歯科医院の料金システムによって値段が変わることがある。

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

矯正治療の値段


矯正の値段の目安は、矯正を始める年齢や症例の難易度、矯正装置の種類などによって値段は異なります。

矯正の費用は以下の項目で構成されており、総額は歯科医院や契約によって異なります。

  • 矯正治療費用
  • 矯正前のカウンセリング、診断費用
  • 矯正中に通院の度に支払う調整料
  • 矯正後の保定装置代、保定観察費用

矯正する範囲によって値段は変わる

■全体矯正|70〜135万円程度

奥歯まで動かす全体矯正は70〜135万円程度掛かります。

歯列矯正費用は歯並びや噛み合わせが健康上の問題である顎変形症の診断が下ると保険適用になる場合もありますが、基本的には自由診療(自費診療)であり全額自己負担です。

自由診療の値段は歯科医師が自由に設定できるため、場合によっては予想を大きく超える費用になることもあります。

■前歯だけの部分矯正|10〜70万円程度

顎の骨の大きさバランスなどの骨格的な問題が無く、前歯の移動だけ歯並びが整う部分矯正なら、費用は10〜70万円程度です。

使用する矯正装置で値段は変わる

矯正に掛かる費用は使用する矯正装置によって前後し、目立ちにくい装置を使用すると費用が高くなる場合があります。

■表側矯正|70〜75万円程度

表側矯正に掛かる費用は70〜75万円程度であり、他の矯正方法よりも比較的安価です。

金属、白いプラスチックやセラミックなどの素材があり、目立ちにくいプラスチックやセラミックブラケットは費用が高くなる傾向があります。

話すときの発音に影響が出にくい、唾液の効果とエナメル質の厚みにより裏側矯正に比べると虫歯のリスクが低い、歯の表面を傷付けにくいというメリットがあります。

デメリットは笑ったり話したりすると、矯正装置が見えて目立つことです。

■裏側矯正(フルリンガル矯正)|120〜135万円程度

裏側矯正に掛かる費用は120〜135万であり、他の矯正方法と比較して少し高いです。

ブラケットをすべて歯の裏側に装着する矯正方法であり、フルリンガル矯正や舌側矯正、裏側矯正とも呼ばれています。

装置が見えにくいので審美性が高く、矯正していることに気付かれにくいというメリットがあります。

裏側から引っ張るので、表側矯正よりも歯が動きにくい、舌に装置が触れるので違和感が大きい、口腔ケアの難易度が高いという、歯を後方に移動させやすくなってしまうというデメリットがあります。

■ハーフリンガル矯正|90万円程度

ハーフリンガル矯正に掛かる費用は90万円程度であり、裏側矯正よりも少し割安です。

上の歯は笑ったり喋ったりしたときに見えやすく下の歯は見えにくいという特性を活かして、上顎には裏側矯正、下顎には表側矯正を施すのがハーフリンガル矯正です。

見た目が気になりにくく、裏側矯正よりも違和感が少ない、下顎を表側矯正にすることで上顎と下顎の両方を裏側矯正ににする場合よりも費用を抑えられるというメリットがあります。

上の装置には歯が触れるため、慣れるまでは発音しづらいというデメリットがあります。

■マウスピース矯正|15〜90万円程度

マウスピース矯正に掛かる費用は、ケースにもよりますが15〜90万円です。

1日20時間以上マウスピースを着用しておく必要がありますが、前歯だけの部分矯正に特化したマウスピースメーカーも多く、部分矯正で済む場合は費用が抑えられます。

ブラケットやワイヤーといった器具は使用せず、歯型から作成したマウスピースを用いる矯正方法なので目立ちにくく、自分で着脱可能なので歯磨きをしやすいというメリットがあります。

一方で、慣れるまでは歯に厚みを感じて少し話しづらく感じたり、マウスピースの影響で口内の唾液の循環が悪くなって、虫歯のリスクが少し増加するといったデメリットがあります。

矯正を始める年齢で値段が変わる場合がある

矯正に掛かる費用は子供のときから始める場合と、大人になってから始める場合でそれぞれ異なります。

■子供のときから始める場合|3〜60万円程度

乳歯列期(子供の歯だけのとき)での矯正費用は30~20万円、混合歯列期(子供の歯と大人の歯が混在しているとき)での矯正費用は15~60万円です。

生えていない永久歯はコントロールできないため、永久歯が生え揃ってから再度矯正を行う必要があり、別途費用が掛かります。

子どものときから矯正を始めるメリットは顎の発育をある程度コントロールできることです。

特に骨格的な問題で歯並びや噛み合わせが悪い傾向がある場合は、子どもの矯正で顎のバランスを整えておくことで、大人になってからの矯正で顎の骨を切る手術が不要になる可能性が高くなるなど、すべての歯が永久歯に生え変わってから矯正を始めるよりも負担が少なく、永久歯の矯正が短期間で完了する可能性があります。

■大人になってから始める場合|10〜135万円程度

大人の永久歯列の矯正は10〜135万円程度で、矯正する範囲や症例、使用する器具によって大きく異なります。

大人になってから矯正を始める場合は、重度症例になるほど抜歯や顎の骨を切る手術必要になるため、子どものときから始める場合と比較して費用や身体的負担が大きくなる場合があります。

矯正治療費用以外の処置の値段


歯科に行けばいきなり矯正を始められるわけではありません。歯の状況の確認、矯正相談、虫歯など矯正に影響のある要素を改善するために、それぞれに費用がかかります。

矯正治療費用以外に掛かる費用は以下の通りです。

  • 矯正前のカウンセリング、診断、虫歯などの治療費用
  • 矯正中に通院の度に支払う調整料
  • 矯正後の保定装置代、保定観察費用

矯正前の診察の値段

■初診料・カウンセリング費用|無料〜65,000円程度

初診料やカウンセリングにかかる費用は無料〜65,000円ほどで、歯科医院によって異なります。

矯正を行うにあたって、どの歯科医院でも初診を受けて口の中や顎骨の状態を確認し、診断を受ける必要があります。

主に理想の歯並びについてカウンセリングをしながら、矯正方法を歯科医師と話し合います。詳しい
の状態調べるために、レントゲン撮影や口の型取りなどの矯正に必要な検査費用が含まれる場合もあります。

■検査費用|15,000〜50,000円程度

検査にかかる費用は、15,000円~50,000円程度です。歯科医院によっては初診料やカウンセリング料に含まれている場合があります。

顔の写真や歯のレントゲン撮影、歯の型取りなどをして口の中の状態を調べ、集めた情報を基に歯列矯正治療の計画と大まかな見積もりが作成できます。

■虫歯などの治療費用

検査の段階で矯正の前に治療が必要と判断された場合、虫歯や歯周病の治療を先に行います。

虫歯の治療であれば公的医療保険の対象となるため自己負担は少なく済みますが、治療にかかる費用は歯の状態や治療する本数により異なります。

矯正中の診察の値段(調整料)|無料〜1万円程度

矯正中の診察に掛かる費用は主に調整料で、値段の相場は無料〜1万円程度です。

トータルフィー制という矯正治療費用の中に調整料が含まれる契約の場合は、調整料がかからないことがあります。

同じ装置を用いて同じ期間治療を行う場合でも契約や料金システムによって値段が変わるので、事前に費用が知りたい場合は歯科医院で確認しましょう。

矯正後の診察の値段

矯正自体にかかる費用以外に、矯正後の調整にも費用が掛かります。

矯正を終えてそのまま放置すると、後戻りといって、歯並びがまた悪くなったりしてしまうことがあります。

■保定装置代|無料〜6万円程度

歯並びを保つための保定装置作成に無料〜6万円程度の費用が掛かります。

■保定観察料|無料〜5,000円程度

矯正後の調整に掛かる費用は、1回ごとに無料〜5,000円程度です。

後戻りを防止するためには月に一回程度、調整のために歯科に通う必要があります。また、後戻りを防止するための調整は、2年程度続ける必要があります。

ローンを利用できる歯科医院もある


矯正に掛かる費用は高くなることが多いですが、ローンを利用して分割払いが可能な医院もあります。

分割払手数料率が低い

歯科医院で利用するローンは、一般的なクレジットカードよりも分割払手数料率が低く設定されています。

借入限度が高めに設定

歯の矯正は値段が高くなってしまうこともあるので、デンタルローンを利用すれば通常よりも借入限度が高いので安心して借りることができます。

長期のローンが可能

120回払いまで対応している会社もあるので、借り入れる会社によっては1回あたりの支払額を抑えられます。

借入する会社にもよりますが、数回~84回払い(7年)まで可能な会社が多いです。

まとめ


矯正は矯正治療費用のほかに、矯正前のカウンセリング・診断費用、矯正中に通院の度に支払う調整料、矯正後の保定装置代や保定観察費用が掛かります。

自費診療のため値段は高いですが、費用をおさえるなら部分矯正に特化したマウスピース矯正も選択肢のひとつです。適応範囲に制限がありますが、検討してみてはいかがでしょうか?

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら