矯正の種類を費用・治療期間・メリット・デメリットと合わせて紹介

歯列矯正の種類は大きく分けると3つに分類されますが、各矯正装置によってメリット・デメリットがありますので、詳しく紹介していきます。

この記事の結論

・矯正の種類は3つに大別され、各矯正費用は約80万円~150万円の幅がある

・矯正の種類によって一長一短があり、メリット・デメリットが存在する

・矯正後に後悔しないよう、各矯正法の治療期間やメリット・デメリットなどを確認しよう

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

矯正の種類は3つに大別される


矯正装置は大きく分けると3種類に分類されます。それぞれの特徴やメリット・デメリットがあげられるので、端的に表でまとめました。

  • ワイヤー矯正法(表側矯正法)
  • 舌側矯正法(裏側矯正法)
  • マウスピース矯正法

日々矯正装置の開発・改良は進んでおり、目立たない装置や見えない装置など、実にさまざまな矯正法が誕生しています。あなたの歯並びやライフスタイルに合わせた矯正法のヒントを見つけましょう。

ワイヤー矯正法
(表側矯正法)
舌側矯正法
(裏側矯正法)
マウスピース矯正法
メリット ・治療の歴史が長く、あらゆる歯並びに対応する

・比較的丈夫な装置で器具の変色も少ない

・器具が見えづらく矯正中であることが気付かれにくい

・唇側面に器具がないのでスポーツなどで傷がつきにくい

・着脱式で取り外し可能

・透明で目立たないので、矯正中であることが気付かれにくい

・来院頻度が少ない

デメリット ・金属製のブラケットだと、笑ったときにブラケットやワイヤーが目立ちやすい。

・器具で唇を傷つけやすい

・舌に装置が当たって舌触りが気になる

・発音がしづらい

・表側矯正法と比べると費用は割高

・着脱式なので装置を装着しないと効果が得られない

・結果が個人のモチベーションに左右されるケースもある

トータル費用 ・80万円~100万円程度 ・120万円~150万円程度 ・60万円~120万円程度
治療期間 ・約1~3年 ・約1~3年 ・約半年~3年

矯正の種類1:表側矯正


固定式の矯正装置で、別名「ラビアル矯正」や「マルチブラケット矯正」とよばれる最も歴史の長いスタンダードな矯正法です。

金属製のブラケットとよばれるボタンのようなポッチを歯の表面に装着し、その上から金属製ワイヤーをつけて3次元的に歯を移動させます。

費用

表側矯正のトータル費用は、歯科医院にもよりますが概ね80万円~100万円程度です。その内、矯正装置代は約50万円~70万円が相場です。

治療期間

表側矯正の治療期間は約1~3年が大半です。その後は治療を終えた歯並びの後戻りを予防するために「保定期間」が設定されて、保定期間は約1〜3年間です。

メリット

どんな歯並びにも適用する

ワイヤー矯正法は他の矯正法と比較すると歴史が長く、どのような歯並びにもほぼ柔軟に対応します。

丈夫である

素材が金属製なので耐久性に優れており、丈夫であることも表側矯正のメリットです。

歯の移動量を柔軟に調整できる

金属製の結紮線なので摩擦抵抗に優れており、歯の移動量や痛みの感じ方を柔軟に調整できます。

デメリット

見た目が気になりやすい

いかにも「矯正中」といった見た目が気になる人もいて、その点がワイヤー矯正法の大きな弱点でしょう。

器具で唇を傷つけやすい

スポーツ時に転倒したりボールをぶつけたりすると、器具で唇を傷つけやすいので表側矯正を検討されている方は、こういった外傷のリスクが高まることをあらかじめ想定しておきましょう。

お口の違和感を感じやすい

ブラケットの厚みが気になりすいので、お口の違和感を感じる方も少なくありません。

矯正の種類2:裏側矯正


上記で紹介したワイヤー矯正と同様の矯正法ですが、大きく違う点は「歯の裏側にブラケットを装着する」ことです。

矯正器具への抵抗から歯列矯正へためらいを感じている方や、職業柄、目立つ器具がつけられない方といった方には適している矯正法と言えるでしょう。

費用

裏側矯正のトータル費用は、歯科医院にもよりますが概ね120万円~150万円程度です。その内、矯正装置代は約90万円~115万円となります。

治療期間

裏側矯正の治療期間は約1~3年が大半です。その後は表側矯正と同様に、治療を終えた歯並びの後戻りを予防するために「保定期間」が設定されて、保定期間は約1〜3年間です。

メリット

矯正装置が見えづらい

裏側矯正法の大きなメリットは、一見すると矯正器具が見えないので、歯列矯正中であることを悟られにくいことです。

お仕事の職種柄などの理由から「歯列矯正中であることがバレたくない」といった方も、他人から気付かれにくいので、生活スタイルを変えることなく過ごせます。

表側の歯にダメージがない

ワイヤー矯正法(表側矯正)と違って歯の裏側に矯正装置を装着するので、転倒時などで唇などを傷つけるリスクは減り、スポーツの際に外傷につながりにくいです。

前歯を後退させやすい

矯正器具が歯の裏側についていることで前歯が後退させやすく、出っ歯の方など症例によっては裏側矯正が向いているケースもあります。

デメリット

発音がしにくい

裏側矯正法の大きな弱点は、舌に装置が当たって舌触りが気になる上に発音がしにくい点です。また表側矯正(ワイヤー矯正)と比べると、お口の違和感がさらに増す傾向にあります。

割高な治療費になるケースが多い

患者さんに合わせたオーダーメイドの矯正器具を作る必要があるので、その分手間とコストがかかるために、治療費が高価になるケースが多いです。

治療時に負担がかかる

術者が結紮時する際にお口の中が見えづらいので、患者さんに大きな口を開けてもらわないといけなくなり、術者・患者さん両者ともに負担がかかってきます。

器具に厚みが出やすい

既成の矯正装置を適合させるには樹脂を盛る必要があるので、どうしても厚みが出てしまうケースもあります。

矯正の種類3:マウスピース矯正


透明なマウスピースを自身の歯並びに合わせてオーダーメイドで製作して、1日20~22時間程度装着し続けることで歯並びを矯正します。マウスピースは自身で取り外しが可能なので、歯磨き・食事の際にストレスがないのも特徴です。

費用

マウスピース矯正のトータル費用は、歯科医院にもよりますが概ね60万円~120万円程度です。

治療期間

マウスピース矯正の治療期間は約半年~3年が大半です。その後は、表側矯正などと同様に、治療を終えた歯並びの後戻りを予防するために「保定期間」が設定されて、保定期間は約1〜3年間です。

メリット

着脱式なので自身で取り外しできる

マウスピース矯正法の大きなメリットは、着脱式なので自身で取り外しできる点です。歯磨きの際にももちろん取り外しは可能なので、むし歯・歯周病リスクは歯列矯正前となんら変わりがないのです。

イベント時には取り外しも行える

必要なときはすぐに外せるので、結婚式など大きなイベントのときは事前に歯科医師と相談の上で、矯正器具を装着せずに出席できます。

透明で目立ちにくい

透明なマウスピースは一見すると矯正中であることを悟られにくく、審美面で見た目が気になる方にもおすすめできます。

来院頻度が少ない

マウスピースは医師の指示にしたがって、自宅で交換しながら進めるため、来院頻度はワイヤー矯正に比べて少ないです。必要な処置やタイミングに合わせた来院スケジュールが可能なのは、忙しい方にも嬉しいメリットですね。

デメリット

結果が個人のモチベーションに左右される

きちんとマウスピースを装着できなければ、場合によっては矯正効果が弱まって治療期間が伸びることもあります。

簡単な歯並びしか治せないことが多い

治療法などにもよりますが、ワイヤー矯正と比べると簡単な歯並びしか治せないことが多いです。

まとめ


歯列矯正の種類は3つに分けられ、周りから目立ちにくい裏側矯正や取り外しができるマウスピース矯正など、実にさまざまな矯正法が選択できます。

多くの矯正法の治療期間は約1~3年ですが、マウスピース矯正法は半年程度で治療が終わるパターンもあり、手軽さも取り組みやすいメリットの1つです。

それぞれの矯正法は一長一短がありますので、ご自身の歯並びやライフスタイルに合わせた幅広い提案ができる主治医を選びましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら