かわいい矯正治療とは?矯正をしている女子の印象も合わせて解説

歯列矯正には、あえてカラフルに目立たせる器具を取り入れている歯科医院も多くあり、10代の若者を中心におしゃれでポジティブなイメージを持つ方も増えてきているようです。

今までは「恥ずかしい」「あまり人に知られたくないもの」とされてきた歯列矯正ですが、今回の記事ではカラーモジュールについてや、あえてカラフルな矯正器具を取り入れることによって得られるメリットをご紹介します。

この記事の結論

・歯列矯正をしている女性にポジティブな印象を持つ男性は意外と多い

・色鮮やかなモジュールでおしゃれに矯正ライフを楽しんでいる方が増加傾向にある

・ハート型や星形などデザイン性が高いモジュールもある

編集部おすすめ!マウスピース矯正8選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!提携院も全国に拡大中!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~
⑥hanaravi
~矯正専門の医師が在籍!LINEで医療サポートチームがサポート~
⑦ウィスマイル矯正
~月額1760円から矯正が可能。 治療期間の相談もOKで最短3ヶ月~
⑧アットスマイル矯正
~費用目安は約30~60万円!前歯だけでなく奥歯の噛みあわせまで矯正できる!~

矯正している女子に好印象を抱く男性は多い


さまざまな色味やデザインから選べるケースがある矯正器具が進出し、ポジティブな価値観が定着しつつある歯列矯正。実は、歯列矯正に関してポジティブな印象を持っている方は多くいるようで、それらを根拠づけるデータが3つあります。

1つ目は、2015年にマイナビウーマンが22歳~39歳の社会人男性に対してアンケート調査を行ったところ、約65%の男性が「矯正中の女子に対して好印象を持っている」というデータ。

2つ目は、2020年に株式会社マクロミルが日本の男女約1000人に対してアンケート調査を行ったところ「歯列治療を受けようと考えている」と答えた20代男女は約4割と、おおよそ半数の方が矯正治療を検討していました。

3つ目は「歯並びが美しい人は清潔感がある」と答えた方は約80%と、過半数の方が歯並びの綺麗さに対してクリーンかつ清楚なイメージを寄せていることが伺えます。

これらのデータから言えることは、多くの方が歯並びの綺麗な方に関心を寄せており、また矯正している方に対しても好印象を持っている方がたくさんいるということです。

かわいい矯正治療「カラーモジュール」とは


海外では歯列矯正に関してネガティブに囚われることなく、むしろ「矯正器具をつけていることはステータス」とポジティブな価値観が受け入れられています。

日本でも10代の若年層を中心に、あえて色鮮やかな矯正器具を取りつけることでおしゃれに楽しんでいる若者が増えている傾向にあるようですが、一般的なモジュールの色としては半透明もしくは白色のゴムを使用することが多いです。

カラーモジュールのバリエーション

カラーモジュールは淡いパステル色からビビッドな色まで非常に豊富なバリエーションがあります服装や顔立ちの個性に合わせてモジュールの色味を選ぶと、意外なほどに溶け込みアクセントカラーにもなります。

  • ハート型や星形
  • ハロウィーンのかぼちゃなどイベント行事を意識したもの
  • キティちゃんなどキャラクターもの

といった具合に、非常にファッション性が高いモジュールは数多くあります。

クリスマスやハロウィンといった季節ごとのイベントに合わせて、モジュールの形を変更できたり通院するたびにデザインを選べたりできるので、矯正のモチベーションアップにつながりやすいです。

カラーモジュールの費用

費用は調整料+500円前後と設定している歯科医院が多いです。トータルフィー制の歯科医院であっても、カラーモジュールに関しては費用のなかに含まれておらず、オプションとなるパターンが多いです。

詳しくはかかりつけの歯科医院へ尋ねてみるとよいでしょう。

矯正治療後もかわいい保定装置が選べる


矯正中のみならず、矯正治療後もカラフルな保定装置があるのをご存じでしょうか。通常、歯の保定期間としては約1~2年と非常に長いため、徐々に装置をつけなくなってしまう方も少なくありません。

保定装置の色味は、通常であれば歯ぐきの色に合わせた薄いピンク色であるケースが多いです。しかし、自身の好きなカラーを選べられるとすれば、長期間に渡る保定期間に対してのモチベーション向上にもつながりやすいです。

さまざまな色味がある保定装置

透明色からグリーン・ブルーまでさまざまな色味があるほかにも、ラメ入りの保定装置も採用している歯科医院もあります。上下顎に保定装置を入れる場合は、あえて上下に違う色を設定して、目で見てすぐわかりやすくいといったメリットもあります。

かわいい保定装置を選んだ際の費用

保定装置代の多くは片顎で約25,000円前後ですが、トータルフィー制の歯科医院では保定装置込みの値段設定になっていることが多いです。

まとめ

歯列矯正は、もはや隠すものではなくデザイン性に優れたかわいいモジュールなどを取り入れ、あえておしゃれに見せるという傾向になってきているようです。

またモジュール費用に関しても、調整料+500円前後と取り入れやすい費用なのもメリットです。矯正治療している方に対して好印象を持つ方は多くいるので、矯正治療を受けている方はカラフルなモジュールを使用してみるのもよいでしょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら

ゼニュム

専用アプリを使用して、クリニックに通わなくても歯科医師から定期的にチェックを受けられるマウスピース矯正です。最低限の通院回数で理想的な歯並びが実現します。

くわしくはこちら

ホワイトライン

医師と相談して、希望の期間(最短3ヶ月)で治療を受けられるマウスピース矯正です。マウスピース矯正と同時にホワイトニングもできるので、歯並びを整えながら白く美しい歯を目指せます。

くわしくはこちら

hanaravi

継続率98.3%(※1)、平均通院回数が1.3回(※2)と挫折しにくいマウスピース矯正です。矯正専門の歯科医師が在籍しているため、自分に合った矯正方法を提案してもらえます。

※1.2021年4〜8月の渋谷院の患者を対象とした実績値
※2.中央値1回、2021年9月矯正完了の患者を対象とした実績値

くわしくはこちら