歯列矯正で痩せるのはよくある話|その理由を解説

歯列矯正期間中の間で痩せるケースの多くは、自然と食欲が減りやすいからであり、なぜ食欲減少につながるのかというと、矯正装置の違和感や痛みによるものが多いです。

この記事の結論

・歯列矯正で顔が痩せる理由は矯正によって食事方法が変化するから
・実際に歯列矯正で痩せていく例は多くある
・だからと言って、ダイエット目的で歯列矯正を行うのは本末転倒

歯列矯正中に痩せる人は多い


「歯列矯正を行ったら体重減少した」というお話しは、実のところは少なくありません。しかし、なぜ歯列矯正治療を始めると体重が減る可能性があるのでしょうか。

それは歯列矯正を通じて食事に対する意識が変化し、結果的に体重が減少していく傾向にあるからです。

歯列矯正で痩せる理由


歯列矯正を行っている間に痩せやすくなる理由としては、大きく分けて4つあります。

  • 食欲がでないから
  • よく噛んで食べるようになるから
  • 間食が減るから
  • 消化しやすい食事が推奨されるから

詳しくご説明します。

食欲がでないから

歯列矯正の治療期間は平均的に約2年前後と長期的に行うものですが、矯正装置の付け始めや矯正装置の定期的な調整後などの治療後は、以下の症状が数日~1週間前後続きます。

  • 違和感
  • 異物感
  • 歯が動く痛み

上記の不快症状で、食べ物を咀嚼する際の痛みはもちろん、矯正装置がお口の粘膜に当たりやすいので「食欲が出ない」という方が多くいます。これらの理由から、結果的に体重減少へとつながりやすいのです。

矯正時の痛みが強いと「食欲はあるけれども、噛む際の痛みがストレスだ」と言われる方もいますし、間食自体も減っていきやすいので食べる量が自然と減る傾向にあります。

また、矯正装置の付け始めに関しても、口や舌を動かしにくく、食べる量が減っていくことがあります。

よく噛んで食べるようになるから

矯正装置は歯全体に大きな器具を取りつけることが多く、特に付け始めの頃は大きな違和感や痛みなどから、いつも通り以上にゆっくりと噛む傾向にあります。

こういった理由から、自然と噛む回数が増えて普段早食いの人はドカ食い防止につながりやすく、また満腹中枢は食事を取ってから概ね15分後に刺激されていきます。

30分以上かけて食事を取ることは急激な血糖値を起こしにくいので、糖尿病予防にもなるというわけです。

間食が減るから

常にアメやチョコレートなど「ながら食い」をしがちだった方は、食べ過ぎ予防につながりやすいです。なぜならば、矯正中は矯正器具に食べ物がはさまりやすく、食べカスを取るために歯磨きの回数が増えやすいからです。

外出先などでは「歯磨きをするのが億劫だ」となりやすく「歯磨きをするのであれば間食は止めておこう」といった心理的傾向になる方もおられます。

また歯磨きの回数が増えるということは、常に歯磨き粉の爽やかな風味がお口の中で満たされていますので、そこから「お菓子類を食べよう」という気は起きにくいです。

消化しやすい食事が推奨されるから

特に矯正装置の付け始めにおいては痛みや違和感が大きいので、消化のよい柔らかい食べ物を中心に食事を取る傾向があります。

また、矯正装置による違和感や異物感・歯が動く痛みは数日~1週間前後続きますので、この間は噛む負担の少ない柔らかい食べ物が推奨されます。

歯列矯正を行うと顔が痩せたように見える理由


歯列矯正はフェイスラインをスッキリさせて、顔痩せにつながるケースがあります。なぜ、歯列矯正後に「顔が痩せた」と感じるのか、そのメカニズムをお伝えします。

歯並びを整えると口元がすっきりとしたイメージになるから

歯列矯正で顔が痩せた理由として考えられるケースは以下3つです。

  • 歯並びを整えると、口周りの筋肉に過度にかかっていた負担が減る
  • 違和感や痛み・食べづらさなどによって咀嚼回数が減る
  • 矯正器具が入っていると固い食べ物が食べづらく、このような食品を避けて食事を取る

これらの理由から、お口周りの筋肉に過度に力がかかっていたものが軽減され、結果的にフェイスラインが小さくなるケースがあります。

しかし、顔やせはメリットばかりではありません。筋力が減ったことによって顔やせした方は、これまで筋力によって支えられていた頬が垂れ下がり、たるみやほうれい線につながるリスクもあるのです。

いくら顔が痩せる、といっても物を噛む時に必要な筋肉までもが衰えるとお口周りの老化を早めさせているようなものでしょう。

歯列矯正によってフェイスラインが整うから

矯正によってお顔のラインが整う可能性のある歯並びは以下2つが考えられます。

  • 出っ歯(上顎前突)の方
  • もともと開口気味で口呼吸のある方

これらの方が歯列矯正を行うと、歯列矯正により口元が引っ込んだり歯並びが整ったりすることで、顔の左右のバランスが良くなり小顔に見えやすいです。

また歯並びが整うと左右の顎でバランスよく咀嚼できて、顔の筋肉が左右まんべんなく使われるようになり、フェイスラインがシャープになる場合もあります。

痩せるために矯正治療を受けるのはよくない


ダイエットが目的で歯列矯正を始めるのは決して推奨できません。これまで「歯列矯正の付け始めの違和感や強い痛みなどによって、自然と食事量が減っていき、結果的にダイエット(体重減少)につながりやすい」という事実をお伝えしてきました。

しかし、本来のダイエットとは運動や筋トレで筋肉を鍛えながら、食事量もコントロールしていくのが王道であり、見た目を変えたいならば体重ではなく体脂肪率に着目するとよいです。

筋肉量が多い引き締まった体は効率的に脂肪を燃焼させていきます。ただ食事量を減らすだけでは、真の意味でのダイエットとは呼べないでしょう。

まとめ

歯列矯正で痩せる原因としては、矯正装置の大きな違和感や付け始めの痛みなどが結果的に食欲を後退させて体重減少の要因となり得る場合もありとお伝えしました。

歯列矯正はあくまで歯並びを綺麗に整えるためのものであり、歯列矯正そのものが体重減少に関係しているわけではありません。

ダイエット目的で歯列矯正を始めるのはおすすめできず、痩せるのであれば運動・食事管理の2点が王道であり、痩せることへの近道であるようです。

スマイルティース編集部おすすめの糖質・砂糖ゼロチョコレート

体重を減らしたい!といくら思っても、間食や甘いものはなかなかやめづらいものです。しかし糖類と砂糖は0(ゼロ)のチョコレート菓子であれば、虫歯になりづらい上にヘルシーです。

ダイエット中でも「甘いものを食べてしまった」といった罪悪感を覚えることもなく気軽に召し上がれますね。

ロッテ ゼロ


砂糖や乳糖など糖類を含んでいないのに、チョコレート本来のまろやかな口どけを味わえる独自技術のチョコレート。ダイエットなど身体の健康を気づかう人たちにも罪悪感なく食べやすいです。

購入はこちら

クーベルチュール チョコレート


一般的なミルクチョコレートと比べると糖質は92%OFFのカロリーゼロの糖質「エリスリトール」を使用した特許取得配合です。カカオ以外の植物油脂は不使用で、とてもヘルシーなチョコレートです。

購入はこちら