出っ歯の治療にこそ裏側矯正をおすすめする理由|デメリットも解説!

出っ歯を治そうと矯正治療を考えたときに、矯正器具をつけた見た目が気になって躊躇してしまう方は多いのではないでしょうか。見た目が気にならずに矯正できる、裏側矯正という方法があります。

特に裏側矯正は出っ歯の治療におすすめです。なぜ裏側矯正が出っ歯の治療におすすめなのか、特徴や気になる費用などあわせて解説します。

この記事の結論

・裏側矯正は出っ歯に適した矯正法である

・裏側矯正の一番の特徴でありメリットは見た目が目立たないこと

・費用が高い、治療期間が長いといったデメリットがある

出っ歯も治せる裏側矯正とは

裏側矯正とは矯正器具を歯の裏側につけて治療する方法です。舌側矯正、リンガル矯正とも呼ばれます。

まず、ブラケットと呼ばれる装置を歯の裏側につけます。歯の裏側につけたブラケットにワイヤーを通し、歯を動かしたい方向に力を掛けます。奥歯には表側に器具を装着することもありますが、正面から見えることはありません。

このようにして出っ歯が気になる部分を、正しい位置に動かし見た目や機能を改善します。

出っ歯の治療にこそ裏側矯正をおすすめする理由

裏側矯正は出っ歯を治療するのに適している方法です。矯正法にはさまざまな種類がありますが、どうして裏側矯正が特に出っ歯を治すのに向いているのか解説します。

出っ歯を後ろに下げるのに適している

裏側矯正は歯を後ろに下げることに適した治療法です。矯正は器具がついている方向に力が掛かりやすく、移動しやすいという特徴があります。裏側矯正の場合は裏側に器具がついているので、前に出ている歯を後ろに下げる力が掛かりやすくなります。

また、矯正治療では一般的に小臼歯を抜歯して歯を移動させるスペースをつくります。表側矯正だと、前歯と奥歯が引っ張り合って、前に奥歯が移動してきてしまうことがあります。そのため奥歯が前に移動してきた分、前歯の下がるスペースが十分ではない場合があるのです。

その点、裏側矯正は奥歯が移動しにくい構造になっているので、前歯を下げたい出っ歯の治療に適しているといえます。

出っ歯の原因、舌癖を防止する

裏側に器具をつけていることで、出っ歯の原因になる舌で前歯を押し出す癖を防止することができます。舌で前歯を押そうとすると器具に当たるので、癖に気づき改善しやすくなります。

舌癖を治すことができれば、矯正治療終了後も舌癖による後戻りを防ぐ効果があります。

唇が閉じやすい

表側に矯正装置がついていないので、唇が閉じやすいといえます。特に出っ歯だと、矯正をしていなくても唇が閉じづらいという方が多いです。

その点、裏側矯正は矯正器具が裏側についているので、唇に器具が引っかかる心配がありません。

出っ歯を裏側矯正で治すメリット

出っ歯を含めたさまざまな歯並びの悩みに、裏側矯正をするメリットについて解説します。

見た目が目立たない

一番の特徴と言っていいのが、器具を裏側につけるので見た目が目立たないという点です。矯正をしていることを周りに知られたくない方や、仕事の都合で矯正できない方にもおすすめです。

また、矯正をしていると器具に食べ物がはさまりやすくなります。裏側矯正だと器具が見えないので、たとえ食べ物がはさまってしまっても、一緒に食事をしている相手に見られる心配がありません。

唇を傷つける心配がない

表側矯正だとスポーツや事故などで前から衝撃があった場合、唇を傷つけてしまう可能性があります。転んだときに唇が器具に当たり、切れたり負傷してしまう場合も考えられます。

しかし、裏側矯正ではそのような心配はありません。

出っ歯を裏側矯正で治すデメリット

裏側矯正には費用や治療期間の面などデメリットもあるので解説していきます。

表側矯正に比べると費用が高い

裏側矯正は表側矯正に比べると、費用は高くなるといわれています。およそ1.2~1.5倍ほど高額になる場合が多いです。

その理由として、表側矯正は見えやすい部分なので比較的容易に器具をつけることができます。しかし、裏側矯正は見えにくいうえに、歯の裏側の凹凸は人によって違い複雑な形をしています。よって、患者さんごとにオーダーメイドで器具を作る必要があるのです。

そのために技工士が模型上で矯正器具を作る技工料がかかります。また、表側矯正に比べて高度な技術を要するので、技術料として費用が高額になるのです。

上下の歯に矯正が必要な場合は、ハーフリンガルとよばれる矯正で費用を抑える方法もあります。ハーフリンガルとは、上の歯は裏側矯正で唇に隠れて見えづらい下の歯は表側矯正にするというものです。

費用に関しては歯並びの状態や、矯正期間などによって変わるので歯科医院で確認しましょう。

矯正期間が長い

表側矯正に比べると矯正期間は長くかかることが多いといわれています。あくまでも目安ですが、1年半~2年ほどです。

器具をオーダーメイドで作る必要があり、治療に技術を要するため期間が長くかかります。矯正期間は歯並びやかみ合わせの状態によって変わります。また、年齢が若いほうが歯が動きやすい傾向があります。

滑舌に影響する場合がある

舌が器具に当たり話しづらかったり、滑舌に影響したりする場合があります。特にさ行、た行、ら行は発音するときに舌が前歯につくので滑舌に影響しやすいです。話をする職業の方は注意が必要です。

気になる場合は下の歯だけ表側矯正にすることも検討してみましょう。

歯が磨きづらい

歯の裏側は矯正していなくても磨きづらい部分です。裏側矯正しているとさらに磨きづらく、むし歯のリスクが高まります。

むし歯予防には意識して丁寧に磨くことはもちろん、歯科医院で定期的に確認してもらうのも効果的です。

裏側矯正は出っ歯を治す効果的な治療法です

裏側矯正は出っ歯を治すには効果的な矯正法です。

まずは歯科医院で歯並びを診断してもらい、メリットとデメリットを考えたうえで治療法を選択しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスウォッシュ

特に矯正治療中は歯磨きがしづらく、むし歯にリスクが高まります。

いつもの歯磨きにマウスウォッシュをプラスすれば、虫歯予防と共に爽快感も得られます。

ウェルテック コンクールF 洗口液

歯磨きの後、水に数滴入れてすすいでください。

口の中の細菌を洗い流すことができます。

購入はこちら

セラブレス オーラルリンス

自然な原料から作られたノンアルコールのマウスウォッシュです。

口の中を清潔に、口臭も予防できます。

購入はこちら