リテーナーは一生必要なの?リテーナーの種類や注意点を解説

矯正治療は歯並びが整って装置を外したあとに、歯や周辺組織の安定のための保定期間が必要になります。

その際に装着するのが「リテーナー」です。リテーナーの役割や注意点を理解していないと、矯正治療で整った歯並びが崩れてしまうことがあります。

今回は、リテーナーの役割やいつまで装着するのかを解説します。

この記事の結論

・リテーナーは矯正後の歯を定着させ歯並びを保つため、およそ1~3年装着する必要がある

・リテーナーにはプレートタイプ、マウスピースタイプ、ワイヤータイプの3種類がある

・リテーナーをは飲食時は外す、装着したときに痛みを感じる場合は歯科医院に相談するなど注意点を守って使用する

リテーナーとはどんなもの?

リテーナーは矯正治療後の歯を正しい位置に定着させ、歯並びを保つために使用する装置です。「保定装置」とも呼ばれています。

ワイヤー矯正・マウスピース矯正など治療の種類に関わらず、矯正治療を行ったあとには必要なものです。

矯正治療が完了し装置を外してからしばらくは骨や周囲組織が固まっておらず、歯が不安定であるために後戻りが起こりやすい状態にあります。後戻りとは、矯正治療後に歯が元の位置に戻ろうとする症状です。

矯正治療では歯の周りの骨や組織を作り替えるため、装置を外してから歯が固定されるまでにはある程度の時間が必要になります。

リテーナーはいつまで装着しなければならないのか

リテーナーは矯正期間や歯並びの状態に応じて、およそ1〜3年ほどリテーナを使用するよう歯科医院から指示があることが多いです。一方で、矯正治療と同じくらいの期間使用した方がいいという意見もあります。

保定期間も歯科医院で定期的に歯並びを確認してもらい、歯科医師の許可があるまではリテーナーの使用を続けましょう。

リテーナーの使用時間にも個人差があります。始めは1日中装着、経過観察を行いながら装着時間を減らしていき、最終的には夜間のみの装着となることが多いです。

装着時間に関しても、後戻りしないよう歯科医師の指示に従いましょう。

リテーナーの種類

リテーナーには大きく分けて3種類あり、歯並びや患者のライフスタイルに合わせて選択されます。リテーナーの種類によって装着感や口腔内の清掃性が異なるため、各リテーナーの特徴を理解し正しく装着しましょう。

リテーナーの種類は以下の通りです。

  • プレートタイプ
  • マウスピースタイプ
  • ワイヤータイプ

それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

プレートタイプ

歯の表側は細いワイヤー、裏側からはプラスチックのプレートで支えるタイプの取り外し可能なリテーナーです。

プレートタイプにも、ワイヤーが前歯部にしかない部分的なものや歯の全体を覆うものなど、いくつかの種類があります。

メリット デメリット
  • 取り外しが可能であるため歯磨きがしやすい
  • 耐久性が良い
  • 破損しても修理が可能である
  • 歯ぎしりや噛み締め癖のある方でも使用できる
  • 口を開けたときにワイヤーが見えてしまう
  • 始めは違和感が大きい場合がある

マウスピースタイプ

マウスピースタイプは透明なプラスチックでできたリテーナーです。歯全体を覆う形をしており、自分で取り外し可能です。

メリット デメリット
  • 透明で目立ちづらく審美性に優れている
  • 取り外しが可能であるため歯磨きがしやすい
  • 噛み締め・歯ぎしりが強いと破損する可能性がある

ワイヤータイプ

後戻りの目立ちやすい前歯6本の裏側にワイヤーを接着して固定する、取り外しのできないリテーナーです。ワイヤーは裏側に固定してあるため外から見えることはありません。

取り外しができないためリテーナーの接着部分の歯磨きが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高まる傾向があります。定期的に歯科医院でクリーニングを行うことをおすすめします。

メリット デメリット
  • 審美性に優れている
  • 固定式であるため着脱などを自分で管理する必要がない
  • 歯磨きが難しく汚れがたまりやすい

リテーナーを取り扱うときの注意点

取り外しが可能なリテーナーを使用する場合は、リテーナーの装着時間や清掃に関する管理をする必要があります。誤った取り扱いを行うとリテーナーの効果にも影響する可能性があるため、注意点を守りしっかりと管理しましょう。

リテーナーを取り扱うときの注意点には以下のようなものがあります。

  • 飲食するときはリテーナーを外す
  • リテーナーは清潔に保つ
  • 破損や紛失に注意する
  • 装着時に痛みがある際は歯科医院に相談する

飲食するときはリテーナーを装着しない

飲食するときにはリテーナーは外し、装着したまま食事しないようにしましょう。

リテーナーを装着した状態で食事をすると、ワイヤーが曲がったりプラスチック部分が割れる原因になります。

プラスチック部分が変形する可能性のある熱い飲み物や、着色の可能性があるコーヒー・紅茶などを飲む際はリテーナーを外しましょう。

リテーナーは清潔に保つ

リテーナーは歯ブラシを使って水洗いし、取り切れない汚れや菌は専用のクリーナーを使用し取り除きましょう。

歯ブラシできれいにする際に歯磨き粉の使用は避けてください。研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると、プラスチック部分の細かな傷ができ汚れや菌が付着しやすくなります。

煮沸消毒やアルコール消毒も、リテーナーの変形や素材を劣化させる可能性があるため避けましょう。

破損や紛失に注意する

リテーナーを破損・紛失すると、リテーナーの作り直しや修理が必要になるので注意しましょう。

すぐに歯科医院に連絡して対処すれば問題は起きにくいですが、破損や紛失によってリテーナーが使えない期間があると、歯並びが乱れる可能性があります。

取り外したリテーナーは、ワイヤーがゆがんだりプラスチック部分が割れやすかったりします。壊れやすいため、取り扱いには注意が必要です。リテーナーを外したあとや持ち運ぶときは専用ケースに入れて保管しましょう。

装着時に痛みがある際は歯科医院に相談する

リテーナーを装着したときに痛みがある場合は歯科医院に相談しましょう。

リテーナーを装着し忘れたりさぼったりすると、歯が後戻りを起こしリテーナーが合わなくなってしまうことがあります。合わないリテーナーを装着すると痛み出る場合があるため注意してください。

装着したときにリテーナーが浮いているのも合っていない状態です。そのような状態のときは、無理に装着せずに歯科医院に相談しましょう。

リテーナーを正しく装着して後戻りを防ぎましょう

リテーナーは矯正治療後の歯を正しい位置に定着させ、後戻りを防ぐ役割を果たす装置です。最大限にリテーナーの効果を発揮するためには、歯科医師が指示した装着期間や装着時間を守る必要があります。

リテーナーを正しく装着して後戻りを防ぎ、きれいな歯並びを維持しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら