セラミック矯正は後悔する?セラミック矯正で後悔しないためのポイントを解説

セラミック矯正は歯を削って被せ物をする審美治療の一つ。セラミック矯正で後悔しないためのポイントを解説します。

この記事の結論

・健康な歯を削るということを理解する

・セラミック矯正と矯正治療の比較検討をする

・審美治療の知識と技術が十分にある歯科医師のもとで治療を受ける

おすすめのマウスピース矯正器具 スマイルトゥルー
【スマイルトゥルーの特徴】
・透明だから目立たない
・最短3ヶ月で理想の歯並びに
・お財布に優しい料金
・お手入れが簡単
スマイルトゥルーの公式ページを見る

セラミック矯正で後悔しないために理解しておくべきこと


治療を始める前にセラミック矯正の治療方法やメリット、デメリットをしっかり理解しておくことが大切です。セラミック矯正は、短期間で審美性が改善できる魅力的な治療ですが、健康な歯を削って治療を行います。

健康な歯を削るということを理解する

見た目の改善を目的として健康な歯を削ることは、歯科治療よりも美容整形に類似しています。

セラミック矯正は健康な歯を削って被せ物をする治療方法です。歯は削ってしまうと2度と元に戻らず、歯の寿命を低下させてしまいます。治療の前に健康な歯を削るということを理解しておきましょう。

また、公益社団法人日本歯科矯正歯科学会では

“きれいな歯ならびにするために、歯を削って「差し歯」にすることは、基本的にはありません。(出典:公益社団法人 日本歯科矯正学会 矯正治療について)”

と記載されています。このことを踏まえて、本当に必要な治療なのかよく検討しましょう。

セラミック矯正のメリットを理解する

セラミック矯正は忙しい方や、白いキレイな歯を手に入れたい方のニーズに合った審美治療です。治療を受ける前にメリットとデメリットをよく理解することが大切です。

  • 短期間で見た目の改善が可能
  • 歯の大きさ、形、色の調整ができる
  • 後戻りの心配がない
  • セラミックは汚れが付きにくい
  • アレルギーの心配がない

短期間で見た目の改善が可能

治療本数にもよりますが、おおよそ2週間〜2ヶ月の治療期間で見た目の改善ができます。

矯正治療と比較すると短期間で美しい歯並びに整えられます。

歯の大きさ、形、色の調整ができる

セラミックは審美性が高く、色の調整や歯の大きさ、形の調整ができます。

セラミックには種類があり、セラミック矯正に使用される素材は、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアが一般的です。それぞれ強度や審美性が異なります。

後戻りの心配がない

矯正治療と違って歯を動かさずに見た目を整えるので、後戻りの心配がありません。

セラミックは汚れは付きにくい

セラミックの特徴は傷が付きにくく、表面がツルツルしているため、汚れや着色が付きにくいです。

しかし、ハイブリッドセラミックはプラスチックが混ざっているため、汚れが付きやすく変色しやすいので素材選びには注意が必要です。

アレルギーの心配がない

オールセラミックやハイブリッドセラミックは金属を使用しないため、アレルギーの心配がありません。

しかし、金属のフレームにセラミックを焼き付けたメタルボンドは、金属アレルギーの方には使用できません。

セラミック矯正のデメリットを理解する

セラミック矯正で後悔しないためには、しっかりデメリットを理解しましょう。

  • 健康な歯を抜いたり、削ったり、神経を抜く可能性がある
  • 割れたり欠けたりする可能性がある
  • 一生ものではないので、いずれやり替える必要がある
  • 噛み合わせを考慮して作らないと、他の歯の噛み合わせも悪くなる

健康な歯を抜いたり、削ったり、神経を抜く可能性がある

ケースによって健康な歯を抜いたり、削ったり、神経を抜く可能性があります。

セラミック矯正は歯を大きく削って被せ物をする治療方法です。大きく削ると神経と近くなるため、痛みが生じます。その場合は神経を抜いて治療をすることがあります。

割れたり欠けたりする可能性がある

セラミックは強い衝撃弱く、歯ぎしりや食いしばりでか割れたり、欠けたりする可能性があります。

歯ぎしりや食いしばりをする方は、セラミックの素材を強度が強いメタルボンドかジルコニアにするか、就寝時にナイトガードを装着して衝撃を和らげるなど対策が必要になります。

一生ものではないので、いずれやり替える必要がある

被せ物の寿命はおおよそ10年〜20年です。長く使用すると劣化するため、いずれやり替える必要があります。

また、加齢や歯周病によって歯肉が下がってしまった場合は、歯と被せ物にすき間が生じる可能性があります。

噛み合わせを考慮して作らないと、他の歯の噛み合わせも悪くなる

噛み合わせを考えて治療しないと、前歯や奥歯の噛み合わせがずれたり、他の歯にトラブルが起きます。

セラミック矯正の治療を受ける際は、かみ合わせを考える歯科医師のもとで治療を受けることが大切です。

セラミック矯正と矯正治療を比較し検討する

治療を始める前に治療の目的を明確にし、セラミック矯正と矯正治療をよく比較検討をすることが非常に大切です。

セラミック矯正と矯正治療は治療目的、期間、費用が異なります。また、セラミック矯正は誰しも適応する治療方法ではありません。例えば、重度の出っ歯やでこぼこした歯並びはセラミック矯正よりも矯正治療の方が適応しています。

以下はセラミック矯正と矯正治療の目的、期間、費用、適応症例を比較したものです。

セラミック矯正 矯正治療
治療の目的 見た目の改善 歯並びと噛み合わせの改善
期間 2週間〜2か月 半年〜2年
費用 1本50,000〜150,000円 300,000〜1,500,000円
適応症例 前歯の虫歯・神経がなく変色している歯・大きさが合っていない歯・軽度のすきっ歯や出っ歯、でこぼこした歯 噛み合わせの改善・すきっ歯、出っ歯、でこぼこした歯、八重歯など軽度〜難症例まで適応

セラミック矯正で後悔しないためには歯科医院の選び方が大切


十分な知識と経験を持った歯科医師を選ぶことが非常に大切です。審美性と併せてかみ合わせを考える歯科医師のもとで治療を受けることが望ましいです。

ここで紹介する歯科医院の選び方は、あくまでも参考です。実際にカウンセリングやセカンドオピニオンを受けて、信頼できる歯科医院を選ぶことをおすすめします。

  • 審美治療の知識と技術が十分にある歯科医師を選ぶ
  • 設備が整っている歯科医院を選ぶ
  • 保証制度を設けている歯科医院を選ぶ
  • きちんと説明をする歯科医師を選ぶ

審美治療の知識と技術が十分にある歯科医師を選ぶ

セラミック矯正は知識と技術が求められる治療方法。審美歯科の知識と経験がある歯科医師を選ぶことをおすすめします。

「家から近いから」「安いから」という安易な考えで選んでしまうと、歯科医師の技術不足や、十分な設備が整っていないことが挙げられ、治療後の仕上がりで後悔する可能性があります。

また、本来の審美治療は見た目の改善と噛む機能の改善を目的としており、審美性の改善と併用して噛み合わせを考える歯科医師を選びましょう。

設備が整っている歯科医院を選ぶ

神経の治療の際に、マイクロスコープやラバーダムを使用するなど設備の整った歯科医院を選ぶのも一つの指標になります。

セラミック矯正は歯を大きく削るため、神経に近づくと痛みを伴います。そのため、歯の神経を抜く可能性があります。歯の根の治療が不十分だと膿が溜まってしまい、再治療が必要になります。その際は、被せたセラミックを壊して外さなければなりません。

歯の根っこの細菌感染を防ぐためにも、設備の整っている歯科医院を選ぶようにしましょう。

保証制度を設けている歯科医院を選ぶ

保証制度を設けている歯科医院は、治療に対し自信があるから保証制度を設けています。保証制度の有無や保証期間の長さも一つの指標になります。

歯科医院によって保証の内容は異なるので、カウンセリングの際に必ず保証の有無や条件、期間を把握しておくことが大切です。

きちんと説明をする歯科医院を選ぶ

適切な診査・診断を行い、それをもとに治療方法の提案やメリット・デメリットをきちんと説明をする歯科医院を選びましょう。

セラミック矯正は魅力的なメリットがありますが、デメリットもあります。また、症例によってセラミック矯正の向き不向きがあり、説明をせずに治療を開始する歯科医院はトラブルの原因になるので避けるのが賢明です。

どの治療方法にも当てはまりますが、歯科治療は歯科医師とのコミュニケーションが非常に大切です。歯科治療は人対人。信頼できること、フィーリングも大切です。

また、セラミック矯正は特に難易度の高い治療方法なので、一つの歯科医院で受診を決めるのではなく、セカンドオピニオンを受診して、納得したうえで治療を始めましょう。

セラミック矯正を理解してから治療の選択をしましょう


治療の前に治療内容をよく理解して、矯正治療と比較して目的に合った治療方法を選択することが大切です。

セラミック矯正は、短期間で前歯の歯並びが整うことから選ばれる治療方法ですが、よく理解しないまま治療に挑むと後悔してしまう原因になります。

短期間で白く整った歯になりますが、大きく歯を削ることは避けられません。歯並びでお悩みの方は、矯正治療とよく比較検討して最善な治療方法を選択しましょう。

また、本来の審美歯科は見た目の改善を重視しながら、歯の機能性の回復を目的としています。そのため、歯科医師の知識や技術が高いレベルで必要になります。

実績を十分に積んでおり、かみ合わせをしっかり考え、きちんとメリット・デメリットを説明する歯科医師のもとで治療を受けることがセラミック矯正で後悔しないポイントです。

スマイルティース編集部おすすめ定期検診のときに歯医者さんに褒められる!セルフケアグッズ

セラミック矯正が終わった後は、日頃のセルフケアと定期的な検診が大切です。そこで、定期検診のときに歯医者さんに褒められる、おすすめのセルフケアグッズを紹介します。

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート 電動歯ブラシ ホワイト HX9934/05


ソニッケアーは歯科医院でも評判のいい電動歯ブラシです。アプリと連動し、正しい磨き方をサポート。磨き残しがある箇所を教えてくれます。

購入はこちら

【Amazon.co.jp限定】ウェルテック ジェルコートF 90g ワンタフトブラシ1本付き


研磨剤無配合で歯を傷つけずに磨けます。発泡剤が含まれていないので正しい歯磨きをしやすくなります。ワンタフトブラシで歯と歯肉の境目を優しく磨いたあとに歯ブラシで歯を磨くと、汚れの除去率がUP。

購入はこちら