歯科矯正の装置の種類にはどんなものがある?装置の基礎知識を解説

スルガ

歯科矯正をしたいと思ったとき、すぐにクリニックで相談してもいいのですがある程度の基礎知識があった方が自分の希望する歯科矯正のスタイルなどをイメージしやすいです。

歯科矯正の装置の種類ごとのメリットやデメリット、治療期間などを詳しく解説します。

この記事の結論

・矯正用ワイヤーを歯の面や裏に着けるワイヤー矯正とマウスピース矯正が主流。
・ワイヤー矯正やマウスピース矯正を併用、もしくはインプラントを併用する方法もある。
・治療期間や費用は矯正の種類によって異なる場合がある。

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

矯正の種類

表側矯正

ブラケット(ワイヤーを通すための小さな突起物)を特殊な接着剤で歯の表面に付け、そこにワイヤーを通して歯を移動させる矯正方法です。

歯科矯正の装置の中でも最も歴史が深くメジャーなため、歯科矯正と言うと表側矯正の装置を思い浮かべる方が多いと思います。

使用するブラケットの種類は金属製や透明なプラスチック製、歯の色に近いセラミック製などがあり、使用するブラケットによって表側矯正のデメリットである見た目を改善できますが、クリニックによって取り扱うブラケットは異なります。

メリット

  • 矯正装置の中でも他の矯正方法より費用が安い
  • 矯正装置を裏側へ装着する場合より発音に影響が出にくい

デメリット

  • 矯正装置が目立つ
  • 矯正装置による口元の突出感がある

治療期間

上下顎すべてを表側矯正した場合、個人の歯並びの状況によって差が出ますが1~3年程度掛かります。

矯正期間が終了したあと、保定期間(歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐ期間)が必要になります。

矯正期間にかかった期間と同じ程度、保定用の装置を装着するのが一般的ですが、元の歯並びの状況や矯正を始めた時期などさまざまな条件で変わります。

費用

全体矯正では60〜100万円ほどが相場です。

表側矯正には金属、目立ちにくいプラスチックやセラミックなどの種類があり、目立ちにくい色のブラケットやワイヤーを選ぶと費用は高くなる傾向があります。

リンガル矯正

ブラケットをすべて歯の裏側に装着する矯正方法で、舌側矯正や裏側矯正とも呼ばれています。装置が見えにくいので矯正をしていることに気付かれにくいという特徴があります。

メリット

  • 装置が見えると支障がある方でも矯正しやすい
  • 装置に食べ物が絡まっても見えないので食事中に気を使う必要が無い
  • 裏側から引っ張るので歯を後方に移動させやすい
  • 表側に装置が無いため矯正の効果を実感しやすい
  • 舌で前歯を押し出す癖が改善されやすく後戻りの要因が減る
  • スポーツや管楽器の演奏に支障が無い

デメリット

  • 表側矯正に比べると口腔内ケアをしにくい
  • 装置に慣れるまでは舌感が気になりやすい
  • 装置を着けた初期は発音をしにくい
  • 表側矯正に比べると費用が割高

治療期間

上下顎すべてをリンガル矯正した場合は、個人の歯並びの状況によって差が出ますが2~4年程度かかります。

矯正期間が終了したあと、保定期間(歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐ期間)が必要になります。

矯正期間にかかった期間と同じ程度、保定用の装置を装着するのが一般的ですが、元の歯並びの状況や矯正を始めた時期などさまざまな条件で変わります。

費用

全体矯正では100〜150万円ほどが相場で、目立つ表側矯正よりも費用は高くなります。

マウスピース矯正

採取した歯型から治療過程に合わせてマウスピースを作成し、歯科医の指示に従ってマウスピースを変えながら歯列を整える矯正方法です。

使用するメーカーにもよりますが、1日に20時間以上マウスピースをはめておく必要があるものが主流です。

メリット

  • 透明なので目立たない
  • 取り外しができる
  • 口腔内ケアがしやすい
  • 金属アレルギーでも矯正できる
  • セラミックの被せがあっても支障が無い
  • 装着したときの痛みや違和感が少ない
  • 通院時の施術時間が短い
  • 通院頻度が低い

デメリット

  • 慣れるまで発音しにくい
  • 装着時間が短いと効果が出にくいので自己管理が大変
  • 唾液の循環が悪くなるので虫歯のリスクが高い
  • 装着時に飲食はできないので間食癖がある人には不向き
  • 歯並びが複雑な場合は対応できないことがある

治療期間

上下顎すべてをマウスピース矯正した場合、個人の歯並びの状況によって差が出ますが3ヶ月~1年程度です。

マウスピースを歯科医の指示通りに装着できない場合は治療期間は延長されます。

矯正期間が終了したあと、保定期間(歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐ期間)が必要になります。

矯正期間にかかった期間と同じ程度、保定用の装置を装着するのが一般的ですが、元の歯並びの状況や矯正を始めた時期などさまざまな条件で変わります。

費用

全体矯正では80〜100万円ほどが相場です。

マウスピース矯正は前歯だけ動かす部分矯正に特化しているものもあり、部分矯正が適応になる場合は20万円ほどで完了できることがあります。

複数の種類の矯正を組み合わせる方法もある


ひとつの方法だけで治療を進めることもありますが、いくつかの種類の矯正を組み合わせて歯並びを改善する方法もあります。

それぞれの矯正方法のメリットを活かして、治療中の審美性の向上や治療期間の短縮などが期待できます。

ハーフリンガル矯正

上の歯は笑ったり喋ったりしたときに見えやすく下の歯は見えにくいという特性を活かして、上顎にはリンガル矯正、下顎には表側矯正を施すのがハーフリンガル矯正です。

下顎の舌側矯正に審美ブラケット(プラスチック製またはセラミック製)を使うと、さらに審美性がアップします。

メリット

  • 装置の見た目が気になりにくい
  • 上下顎をリンガル矯正にするより10~20%ほど割安
  • 上下顎をリンガル矯正にするより違和感を緩和できる
  • リンガル矯正では対応できない症例でも表側矯正を組み合わせることで対応できる
  • 上の前歯を後方に移動させやすい
  • 舌で前歯を押し出す癖が改善されやすく後戻りの要因が減る

デメリット

  • 上顎の装置には舌が触れるため、慣れるまで発音のしづらさを多少感じる
  • 表側矯正より費用が割高

治療期間

上下顎すべてをハーフリンガル矯正した場合、個人の歯並びの状況によって差が出ますが2~3年程度です。

矯正期間が終了したあと、保定期間(歯が元の位置に戻ろうとするのを防ぐ期間)が必要になります。

矯正期間にかかった期間と同じ程度、保定用の装置を装着するのが一般的ですが、元の歯並びの状況や矯正を始めた時期などさまざまな条件で変わります。

費用

表側矯正単体より高く、リンガル矯正単体より安くなる傾向があります。

コンビネーション矯正

初めは表側矯正や裏側矯正といったワイヤー矯正治療を行い、ある程度歯並びが整ってからマウスピース矯正に切り替える方法です。

審美性や快適性を重視してマウスピース矯正を希望していても、重度症例のためマウスピース矯正適応で無い場合などに用いられます。

メリット

  • ワイヤー矯正を装着する期間を短縮できる。
  • 適応範囲の広いワイヤー矯正と審美性や快適性の高いマウスピース矯正のメリットを享受できる。

デメリット

  • 表側矯正やマウスピース矯正を単独で使用するより費用が高い

治療期間

ワイヤー矯正の装置に何を選ぶかによって治療期間は変わります。リンガル矯正の方が表側矯正よりも歯が動きにくい傾向があるため、治療期間はやや長くなる可能性があります。

費用

歯科医院や症例により異なりますが、リンガル矯正と同等の費用が掛かることがあります。

インプラント矯正

歯科矯正用のチタン製のアンカーインプラントを歯槽骨(歯を支える骨)に埋め込み、固定源にして歯を移動させるための器具で、矯正用インプラントは必ずワイヤー矯正やマウスピース矯正と併用します。

前歯を効率的に奥歯の方に動かせるようになるため、治療期間の短縮やワイヤー矯正やマウスピース矯正単独では難しい症例の改善が見込めます。

アンカーインプラントにはネジ型とプレート型があり、2012年7月に「歯科矯正用アンカースクリュー」という名称で正式に薬事法の承認を受けた矯正方法です。

メリット

  • 抜歯や大掛かりな外科手術をしないで矯正できるケースが増える
  • 治療期間の大幅な短縮を望める
  • 確実な歯の移動ができるので良い治療結果を得られやすい

デメリット

  • インプラントを埋め込むための手術が必要
  • 費用が割高になる
  • 口腔内ケアが不十分だとインプラント周辺の歯肉に炎症が起きやすい
  • 取り扱う医院が少ない

治療期間

個人の症状によって異なりますが、ワイヤー矯正(2~3年程度)のみの場合に比べると圧倒的に早く矯正でき、ケースによってはワイヤー矯正期間の半分程度になることもあります。

費用

インプラント1本あたり1〜5万円の費用が、種類に応じた矯正費用に上乗せされます。

使用できる矯正の種類はひとつではない


矯正装置にはワイヤー矯正やマウスピース矯正がありますが、ひとつの種類の装置だけで治療を完結することがすべてではありません。

矯正前に装置の審美性や快適性などを考慮して、自分の使いたい矯正装置の希望や理想の歯並びを歯科医師に伝えたうえで、納得できるものを選ぶと良いでしょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら