矯正は痛いって本当?矯正が痛い原因と対処法

歯列矯正中に痛みを感じる確率は95%で、ほとんどの人が痛みを感じています。矯正治療において痛みをゼロにすることは難しいですが、適切な対策を取れば軽減させることは可能です。

矯正が痛い原因や対処法についてご紹介します。

この記事の結論

・矯正が痛い原因は歯が動くときの生体反応と矯正器具が口の中に当たること。
・歯が動く痛みは最大1週間ほどで治まる。
・矯正装置が物理的に当たって痛い場合はカバーする、歯科医院で調整してもらうなどの処置が必要。
・口に当たりにくい形状や痛みの少ない矯正装置を選ぶと、痛みに関するトラブルを避けられる。

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

矯正が痛い原因はふたつある


矯正が痛い原因は主にふたつあります。

  • 歯が動くときの生体反応
  • 矯正器具が口の中に当たる

歯が動くときの生体反応

歯が動くときに痛みを感じる物質(プロスタグランジンE2)が作られるため、ジンジンとした鈍い痛みを感じます。

矯正治療で歯を動かすときは、体中の骨に存在する「骨芽細胞=骨を作る」と「破骨細胞=骨を壊す」の生体反応を利用して歯を動かします。

健康な歯であれば歯の根を覆うように骨があるため、目に見えないくらいの生理的な動揺はありますが基本的にはあまり動きませんが、矯正装置で継続した力を歯に加えると「破骨細胞」が歯の周りの骨を溶かすので歯が動き始めます。

矯正装置が口の中に当たる

矯正器具は口を傷付けにくい形状になっていますが、口を動かしたときにブラケットの角やワイヤーの先などの矯正器具が口の中や舌に当たり痛みを感じることがあります。

また、歯が移動すると余ったワイヤーが矯正装置の最後尾から飛び出してくるので、ワイヤーの端が頬の粘膜に当たって痛いことがあります。

矯正装置が当たった所に傷や口内炎ができることもあり、さらに痛む原因となります。

矯正が痛い期間


歯が動く痛みで矯正が痛い場合は最大1週間ほどで治まりますが、矯正装置が物理的に当たって痛い場合は時間が経っても解決しにくいです。

歯が動く痛みは最大で1週間程度

矯正の歯が動く痛みは矯正装置の装着や調整をして3〜6時間後くらいから感じ始めますが、 2〜3日目がピークで、1週間ほどで痛みは落ち着きます。

歯が動く痛みは調整の度に感じにくくなり、3〜6ヵ月ほどで調整後の痛みもほとんど感じなくなります。

ただし体調不良やストレス、過労、寝不足、うつ状態などで身体の抵抗力が下がると痛みを感じやすくなり口の粘膜も敏感になるので、調整後の痛みを感じやすくなったり、装置が口内に当たる刺激で口内炎ができたりしていつもよりも痛いと感じることがあります。

矯正装置が口に当たる場合は時間が経っても解決しにくい

ワイヤーが出る、装置の端が引っ掛かるなどして矯正装置が口に当たって痛い場合は、歯が動く痛みとは違って時間が経っても解決しにくいため、原因となるところが当たらないように歯科医師に調整してもらうかカバーする必要があります。

特に矯正器具の違和感に慣れるまでは器具の凹凸が気になりやすく、当たって痛いと感じることがあります。

この場合は時間が経って装置に慣れてくると違和感が解消されて、装置が当たる痛みは少なくなります。

矯正が痛いときの対処法


矯正が痛いときは痛み止めを飲む、食事を工夫する、歯科医師に調整してもらうなど、痛みの原因に応じて対処します。

矯正治療は長い期間をかけて行うものであり、痛くて辛い思いをするとモチベーションが下がり、矯正治療を続けるのが難しくなってしまいます。痛みを我慢し過ぎないことが大切です。

歯が動く痛みがある場合

  • 痛み止めを飲む
  • 柔らかい食べ物を食べる
  • 歯科医師に調整してもらい歯に掛かる力を弱くする

■痛み止めを飲む

歯科医院で処方されたものか市販の痛み止めを飲みます。

ただし、痛みが強すぎるときには効きにくいことがあるため、自己判断で痛み止めの量を増やしたり、間隔を空けずに連続して服用したりしないようにしましょう。

■柔らかい食べ物を食べる

矯正装置をつけたばかりのころや調整時などの痛みが出やすい時期は、柔らかい物や細かく切った物を少しずつ、ゆっくり噛んで食べると良いでしょう。

噛んだときに歯が当たることが刺激になって痛みを生じるため、おかゆ・うどん・豆腐・スープなど、噛むときに力が掛かりにくい食べ物を選ぶと痛みが軽減されます。

■歯科医師に調整してもらい歯に掛かる力を弱くする

痛みの感じ方には個人差があるため一概には言えませんが、歯が動く痛みが強すぎる場合は、歯に掛ける力が強すぎることがあります。

痛み止めを飲んでも効かない、眠れないなどして痛みが強すぎると感じたら、歯科医師に相談して歯に掛かる力を調整してもらうといいでしょう。

矯正装置が口の中に当たる場合

  • 歯科用シリコンを自分で装着してカバーする
  • 歯科医院で装置を覆うカバーを着けてもらう
  • 爪楊枝で飛び出ているワイヤーを引っ込める
  • 歯科医院で調整してもらう
  • 矯正装置の種類を変更する

■歯科用シリコンを自分で装着してカバーする

歯科医院で処方された歯科用シリコン(透明の粘土状ワックス)があれば、シリコンを小さくちぎって装置が当たる所や飛び出たワイヤーに着けてカバーします。

痛みを軽減する効果が高いですが水分に弱く外れやすいため、シリコンを着けるところはティッシュで拭くなどして、できるだけ乾燥した状態で装着します。

■歯科医院で装置を覆うカバーを着けてもらう

歯科用シリコンと同じように装置が当たるところに着けてカバーすることで痛みを緩和します。

歯科医院で装着するカバーには医療用ワックス、デュラシール、コモンベースレジンがあり、自分で着ける歯科用シリコンよりも外れにくいです。

■爪楊枝で飛び出ているワイヤーを引っ込める

矯正装置を留めているワイヤーの端が飛び出ているときは、押し込められるようなら爪楊枝などで押し込んでみましょう。

ただし、ワイヤーの端で手を切ったり爪楊枝で歯茎を傷付けたりする危険があります。難しければ、歯科用ワックスで覆うか歯科医院で対処してもらいましょう。

■歯科医院で調整してもらう

歯科医院でワイヤーを切ってもらう、飛び出たワイヤーを押し込んでもらうなどして装置が当たらないように調整してもらいましょう。

■矯正装置の種類を変更する

装置が口に当たる痛みが続いて耐えられない場合は、口に当たりにくい形状で歯が動く痛みが出にくい矯正装置に変更変更するのも選択肢のひとつです。

矯正装置はワイヤーを歯に着けるワイヤー矯正と透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正があります。

ワイヤー矯正は装置が複雑で凹凸が多いため、ワイヤーが飛び出たり装置が当たったりするトラブルが避けられません。

一方、マウスピース矯正は表面が滑らかで凹凸がほぼ無いため、口内に当たって痛みが出るようなトラブルが起こりにくいです。

矯正が痛いときは我慢せずに適切に対応しよう


痛みが続くと矯正治療へのモチベーションが下がり、治療継続が難しくなったり思うような結果が得られなかったりします。矯正が痛いときには痛みの原因に応じて痛み止めの服用や歯科医師に相談するなどして適切に対処しましょう。

矯正装置には種類やメーカーによってさまざまな形状の装置があり、矯正を始める前に痛みの出にくい装置を選ぶのもおすすめです。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら