キレイライン矯正で痛いと感じるのはどんなとき?対処法も解説します

矯正治療をするときの痛みは、不安を感じやすいポイントです。

マウスピース矯正を行っているキレイライン矯正はどのようなときに痛みを感じるのかを対処法と併せて解説します。

この記事の結論

・初めてマウスピースを装着したときや長時間マウスピースを外していたときなど、痛みを感じやすい場面はいくつかある

・歯科医師に相談してかマウスピースの調整などを行い、痛みに対処出来る場合もある

・キレイライン矯正は硬さが違う2種類のマウスピースを使用するなど、矯正中痛みを抑えたマウスピース矯正である

編集部おすすめ!マウスピース矯正8選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!提携院も全国に拡大中!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~
⑥hanaravi
~矯正専門の医師が在籍!LINEで医療サポートチームがサポート~
⑦ウィスマイル矯正
~月額1760円から矯正が可能。 治療期間の相談もOKで最短3ヶ月~
⑧アットスマイル矯正
~費用目安は約30~60万円!前歯だけでなく奥歯の噛みあわせまで矯正できる!~

キレイライン矯正で痛いと感じるのはどんなとき?

キレイライン矯正は、ワイヤー矯正と比較して痛みを感じにくいですが、以下のような場合は痛みが出る可能性があります。

  • 初めてマウスピースを装着したとき
  • 新しいマウスピースに交換したとき
  • マウスピースが歯肉や舌に当たっているとき
  • 長時間マウスピースを外していたとき
  • 歯が動いているとき

それぞれを解説していきます。

初めてマウスピースを装着したとき

初めてマウスピースを装着したときは痛みを感じやすいです。マウスピースの装着感に慣れていないため、痛みや締め付け感が出ることがあります。

新しいマウスピースに交換したとき

キレイライン矯正では歯並びや治療の進み具合に合わせてマウスピースを交換しますが、その際に痛みを感じることがあります。マウスピースを交換したときの痛みは、大抵の場合は2日程度で解消されます。

新しいマウスピースを装着すると強く痛む、上手にはまらないという場合は、十分に歯が移動していない可能性があります。無理に交換するのは避けて、歯科医院に連絡しましょう。

装置が歯肉や舌に当たっているとき

マウスピースや拡大床が不適切に歯肉や舌に当たると、痛みが出ることがあります。

マウスピースや拡大床が当たって痛むところを放置すると、傷や口内炎ができる場合があります。歯肉に痛みが出たり同じ場所に繰り返し傷や口内炎ができたりする場合は、マウスピースが不適切に当たっていないか歯科医院で確認してもらいましょう。

長期間マウスピースを外していたとき

長期間マウスピースを外していると、再びマウスピースを装着したときに歯の後戻りが原因で痛みが出ることがあります。

後戻りとは、歯が元の歯並びに戻ろうとする現象のことです。矯正治療で歯が動いている間は歯の周りの骨が固まっていないため、マウスピースを規定の時間使用しないと後戻りを起こします。マウスピースを外している時間が長いと、後戻りした歯列とマウスピースの歯列のズレが大きくなってしまい歯に大きな力が掛かるため、再装着のときの痛みを感じやすいです。

長期間通院できずに次のマウスピースを受け取れない場合は、最後に装着したマウスピースのハードタイプを1日20時間以上装着しましょう。新しいマウスピースがないからといって何も装着しないでいると、次のマウスピースをはめたときに強く痛む原因となります。

歯が動いているとき

矯正治療によって歯が動いているときは、痛みを感じることがあります。

矯正治療では、装置を使って持続的に歯に力を掛けて移動させます。歯に持続的な力が掛かると歯の根にある周囲組織に一時的に炎症が起きるため、痛みが出ます。

虫歯や歯周病に罹ったとき

矯正中に虫歯や歯周病に罹ると痛みを感じることがあります。

マウスピース矯正は取り外しができるため、矯正中でも普段通りに歯磨きができることが特徴です。しかし、口腔ケアを怠ると虫歯や歯周病による痛みを引き起こす場合があります。

虫歯や歯周病の治療が必要になると、矯正の中断を余儀なくされることがあります。矯正が始まってから虫歯や歯周病にならないよう、歯磨きやケアを怠らないようにしましょう。

キレイライン矯正で痛いと感じたときの対処法

矯正は歯を動かす治療のため、個人差はありますが多少の痛みを伴います。痛みが出る可能性があることを理解し正しく対処するのが大切です。 痛みを感じたときは、以下のように対応しましょう。

  • 歯科医師に相談する
  • 痛みが出る前のマウスピースに戻す
  • マウスピースを調整してもらう
  • 紙やすりや爪やすりで削るかハサミでカットする
  • 痛み止めを服用する
  • やわらかいものを食べる

それぞれを解説していきます。

歯科医師に相談する

マウスピースを装着していて痛いと感じた場合は、通院中のキレイライン提携クリニックへ電話で相談しましょう。
歯が動くときに起こる痛みなら、2日ほどで痛みが治まることが多いです。それ以上痛みが続く場合は一度マウスピースを外し、キレイライン提携クリニックに電話で連絡しましょう。

痛みが出る前のマウスピースに戻す

マウスピース交換のタイミングなどで激しい痛みが出たときは、歯科医師に確認のうえ、痛みが出る前のマウスピースに戻してみましょう。
十分に歯が動く前に新しいマウスピースに交換すると痛みが出ることがあります。痛みを感じる直前に装着していたマウスピースに戻して様子を見ましょう。痛みが出る前のマウスピースを装着する日数などに関しては、通院しているクリニックに確認してください。

マウスピースを調整してもらう

マウスピースが歯肉や舌に当たって痛い場合は、マウスピースを調整することで痛みが改善する場合があります。通院している提携クリニックで調整してもらいましょう。
マウスピース受け取り当日や翌日に対応してもらえる場合もあるため、提携クリニックに電話で連絡してください。

紙やすりや爪やすりで削るかハサミでカットする

キレイライン矯正のマウスピースは、通院が難しい場合はある程度まで自分で調整できます。痛みがある部分のみマウスピースをハサミでカットするか、紙やすりや爪やすりなどで縁を削る方法があります。ただし、切りすぎや削りすぎに注意が必要です。
どこを調整したらいいかわからない、自分で調整するのが心配という方は、可能な限り提携クリニックで調整してもらうのがおすすめです。

痛み止めを服用する

痛みの原因によっては、痛み止めを服用すると痛みが緩和されることがあります。ただし、耐えられないほど痛みが強く出るか2日以上続くときは、装置の不具合などの別の原因が考えられます。早めに提携クリニックに相談しましょう。

やわらかいものを食べる

矯正治療で歯が動いているときは、硬いものを噛むときに痛みが出ることがあります。食事の際に痛みがあるときは、 無理をせずにやわらかいものを選んで食べましょう。

なぜキレイライン矯正は痛いと感じにくいのか

キレイライン矯正は痛みが出にくいように以下のような工夫をしており、ワイヤー矯正と比較して痛みを感じにくい特徴があります。

  • 2種類のマウスピースで徐々に力を掛けるため
  • 歯に適切な力が掛かるようにマウスピースを調整するため
  • マウスピースは口の中を傷つけにくいため

それぞれを解説していきます。

2種類のマウスピースで徐々に力を掛けるため

キレイライン矯正ではソフトとハードの硬さの異なる2種類のマウスピースを使用します。2種類の硬さのマウスピースで徐々に歯に力を掛けるため、1つの型でも2種類の硬さのマウスピースで徐々に歯に力を掛けるため、痛みを感じにくいです。

歯に適切な力が掛かるようにマウスピースを調整するため

キレイライン矯正で使用するマウスピースは精度が高い治療計画をもとに、ひとりひとりの歯並びや歯の形に合わせて適切な力が掛かるよう、歯科医師の指示のもと日本の国家資格を持つ歯科技工士によって調整されています。そのため、必要以上の痛みを抑えながら治療を進められます。

マウスピースは口の中を傷つけにくいため

マウスピースはプラスチック製で突起物がないため、口の中を傷つけたり口内炎ができたりするトラブルが生じにくいです。
ワイヤー矯正は装置の凸凹や飛び出してきたワイヤーの先が頬や唇に当たって傷ついたり、口内炎ができたりすることがあります。

キレイライン矯正で痛いと感じたときにはまず相談を


キレイライン矯正は歯を動かす治療であるため痛いと感じる可能性はあります。ただし、キレイライン矯正で使用するマウスピースは、痛みを感じにくいような特徴や工夫がしてあります。
強い痛みを感じた際には我慢せずに、まずはキレイライン提携クリニックの歯科医師に相談しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら

ゼニュム

専用アプリを使用して、クリニックに通わなくても歯科医師から定期的にチェックを受けられるマウスピース矯正です。最低限の通院回数で理想的な歯並びが実現します。

くわしくはこちら

ホワイトライン

医師と相談して、希望の期間(最短3ヶ月)で治療を受けられるマウスピース矯正です。マウスピース矯正と同時にホワイトニングもできるので、歯並びを整えながら白く美しい歯を目指せます。

くわしくはこちら

hanaravi

継続率98.3%(※1)、平均通院回数が1.3回(※2)と挫折しにくいマウスピース矯正です。矯正専門の歯科医師が在籍しているため、自分に合った矯正方法を提案してもらえます。

※1.2021年4〜8月の渋谷院の患者を対象とした実績値
※2.中央値1回、2021年9月矯正完了の患者を対象とした実績値

くわしくはこちら