キレイライン矯正で痛いと感じるのはどんなとき?対処法も解説します

スルガ

矯正治療をするときの痛みは、不安を感じやすいポイントです。

マウスピース矯正を行っているキレイライン矯正はどのようなときに痛みを感じるのかを対処法と併せて解説します。

この記事の結論

・初めてマウスピースを装着したときや長時間マウスピースを外していたときなど、痛みを感じやすい場面はいくつかある

・歯科医師に相談してかマウスピースの調整などを行い、痛みに対処出来る場合もある

・キレイライン矯正は硬さが違う2種類のマウスピースを使用するなど、矯正中痛みを抑えたマウスピース矯正である

編集部おすすめ!マウスピース矯正5選
①hanalove
〜LINEで気軽に相談可能!アジア人に特化した治療を提供〜
②Zenyum
〜シンガポール初のスマイルコスメブランド「Zenyum」が日本上陸〜
③Oh my teeth
~原則、通院不要のマウスピース矯正~
④キレイライン矯正
~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~
⑤スマイルトゥルー
~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

キレイライン矯正で痛いと感じるのはどんなとき?

キレイライン矯正は、ワイヤー矯正と比較して痛みを感じにくいですが、以下のような場合は痛みが出る可能性があります。

  • 初めてマウスピースを装着したとき
  • 新しいマウスピースに交換したとき
  • マウスピースが歯肉や舌に当たっているとき
  • 長時間マウスピースを外していたとき
  • 歯が動いているとき

それぞれを解説していきます。

初めてマウスピースを装着したとき

初めてマウスピースを装着したときは痛みを感じやすいです。マウスピースの装着感に慣れていないため、痛みや締め付け感が出ることがあります。

新しいマウスピースに交換したとき

キレイライン矯正では歯並びや治療の進み具合に合わせてマウスピースを交換しますが、その際に痛みを感じることがあります。マウスピースを交換したときの痛みは、大抵の場合は2日程度で解消されます。

新しいマウスピースを装着すると強く痛む、上手にはまらないという場合は、十分に歯が移動していない可能性があります。無理に交換するのは避けて、歯科医院に連絡しましょう。

装置が歯肉や舌に当たっているとき

マウスピースや拡大床が不適切に歯肉や舌に当たると、痛みが出ることがあります。

マウスピースや拡大床が当たって痛むところを放置すると、傷や口内炎ができる場合があります。歯肉に痛みが出たり同じ場所に繰り返し傷や口内炎ができたりする場合は、マウスピースが不適切に当たっていないか歯科医院で確認してもらいましょう。

長期間マウスピースを外していたとき

長期間マウスピースを外していると、再びマウスピースを装着したときに歯の後戻りが原因で痛みが出ることがあります。

後戻りとは、歯が元の歯並びに戻ろうとする現象のことです。矯正治療で歯が動いている間は歯の周りの骨が固まっていないため、マウスピースを規定の時間使用しないと後戻りを起こします。マウスピースを外している時間が長いと、後戻りした歯列とマウスピースの歯列のズレが大きくなってしまい歯に大きな力が掛かるため、再装着のときの痛みを感じやすいです。

長期間通院できずに次のマウスピースを受け取れない場合は、最後に装着したマウスピースのハードタイプを1日20時間以上装着しましょう。新しいマウスピースがないからといって何も装着しないでいると、次のマウスピースをはめたときに強く痛む原因となります。

歯が動いているとき

矯正治療によって歯が動いているときは、痛みを感じることがあります。

矯正治療では、装置を使って持続的に歯に力を掛けて移動させます。歯に持続的な力が掛かると歯の根にある周囲組織に一時的に炎症が起きるため、痛みが出ます。

虫歯や歯周病に罹ったとき

矯正中に虫歯や歯周病に罹ると痛みを感じることがあります。

マウスピース矯正は取り外しができるため、矯正中でも普段通りに歯磨きができることが特徴です。しかし、口腔ケアを怠ると虫歯や歯周病による痛みを引き起こす場合があります。

虫歯や歯周病の治療が必要になると、矯正の中断を余儀なくされることがあります。矯正が始まってから虫歯や歯周病にならないよう、歯磨きやケアを怠らないようにしましょう。

キレイライン矯正で痛いと感じたときの対処法