出っ歯を自力で治すことはできる?デメリットや治療法を解説!

歯並びのお悩みの中に、上あごや上の前歯が前に突出している出っ歯があります。出っ歯を治したいと思ったときに、自力で治すことはできないのかと思う方も多いでしょう。

今回は出っ歯を自力で治すことができるのか、歯科医院での治療法、自分でできるトレーニングを解説します。

この記事の結論

・出っ歯を自力で治すのは難しい

・出っ歯は、セラミック矯正、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正の4つの治療法がある

・出っ歯を治している期間中に口の筋肉をトレーニングすることでさらに改善が見込める

出っ歯を自力で治すのは難しい|歯科医院へ行こう

出っ歯を自力で治すことは難しいです。本来ならば、歯科医師の診断のもと治療するのが望ましいでしょう。

歯並びを自力で治すデメリットを理解し、予防のための悪習慣の改善やこれ以上歯並びがひどくならないためのトレーニングを行いましょう。

出っ歯を歯科医院で治すメリット

出っ歯を自力で治さずに、歯科医院で矯正して治すメリットを紹介します。歯科医師や歯科衛生士に相談し、治療やケアしてもらうことできれいな歯並びをめざしましょう。

正しい診査をもとにした治療が行える

歯科医院では歯科医師の正しい診査・診断をもとに矯正治療を行うことができます。

まず、歯並びの悩みや普段の生活の様子を聞き、カウンセリングを行います。次に歯型の採取、レントゲン撮影、口の中や顔貌の写真撮影を行い、現在の骨格や歯並びを確認します。

これらの診査をもとに、骨格や歯並びにあった治療法を提案してもらえるので、安心して矯正治療を行えます。

経過観察、矯正後のアフターケアがある

歯科医院では矯正治療中の歯の変化を診てもらえたり、矯正治療が終了したあともアフターケアをしてもらえます。

矯正治療中は口の中の写真撮影を行い、矯正の進み具合の確認や現状の歯並びを確認します。変化を写真で見ることで、歯並びか改善していることが実感できるでしょう。

また、矯正治療中の痛みに対する薬の処方や、器具がきつすぎたり外れてしまったときの調整など、矯正治療中の困りごとにも対応してもらえます。

矯正治療が終了したあとは、きれいに並んだ歯列を保つためのリテーナーといわれる保定装置を装着します。矯正装置を外した直後は、歯並びが再びくずれたり元に戻ってしまう後戻りが起こりやすい状態です。

リテーナーを装着し、矯正治療が終了したあともアフターケアしてもらえるのは、出っ歯を歯科医院で治すメリットといえるでしょう。

歯並びに合った歯のケアをしてもらえる

歯科医院では歯科衛生士による歯並びに合ったブラッシング指導や、クリーニングといった歯のケアを受けることができます。

矯正中は装置をつけているので汚れがたまりやすいので、今まで以上の歯のケアが大切になります。矯正中のブラッシング法や、歯間ブラシなどの補助用具の使い方を指導してもらい、自宅での歯磨きでむし歯や歯周病を予防しましょう。

また、歯科医院で専用の器具を使うクリーニングでは、ホームケアで落としきれない汚れをきれいにしてもらえます。

出っ歯を治す治療法

出っ歯を歯科医院で治す方法を紹介します。歯科医師と相談し、自分に合った矯正法を選びましょう。

セラミック法

歯を全体的に削り、セラミックの冠をかぶせる方法です。

歯並びと共に、かぶせる冠によって歯の形や色、大きさも修正できるという特徴があります。矯正治療と比べて治療は短期間です。

しかし、あご自体が出ているなど骨格に原因がある出っ歯には矯正が第一選択となることが多く、セラミック法は適用にならない場合があります。

また出っ歯の角度によっては、歯の神経をとってから冠をかぶせる必要があるでしょう。

ワイヤー矯正

歯の表面にブラケットとよばれる矯正装置をつけ、ワイヤーを通す矯正法です。歯を動かしたい方向に力を掛け、徐々に歯を移動させて歯並びを治します。

外科的な手術が必要なケースを除いて、幅広い歯並びを治すのに対応可能です。

歯を移動させるスペースを確保するため、抜歯が必要になる場合があります。

マウスピース矯正

取り外し式のマウスピースを装着して矯正する方です。

ワイヤー矯正と違い、マウスピースを取り外して歯を磨くことができるのが特徴です。食事のときや、人前で話すときなど取り外すことができます。

しかし矯正のためには長時間の着用が必要なので、自分で着脱して管理しなければなりません。

インプラント矯正

歯茎の中の歯槽骨に、アンカースクリューとよばれる小さなネジのようなものを埋め込み行う矯正法です。

アンカースクリューを固定源にして、歯を動かしたい方向に移動させます。麻酔をしてアンカースクリューを埋め込む施術が必要になります。

出っ歯を治しているときに自分でできる努力

自力で出っ歯を治すことは難しいことを説明しましたが、まずは出っ歯の原因になる悪習慣を治すために自分でできるトレーニングをおすすめします。

舌の癖や口呼吸といった悪習慣は、歯並びはもちろん噛み合わせや滑舌にも影響するからです。

また、悪習癖によって矯正治療が順調に進まないことや、矯正治療が終了したあとの後戻りが防げます。毎日少しずつでもいいので続けて、悪習慣を改善しましょう。

口のトレーニングをする

「筋機能訓練」と呼ばれる、口の周りの筋肉や舌を鍛えることで悪習癖を治します。口の周りの筋肉が弱っていると、口が開いて口呼吸になり、出っ歯の原因になります。

また、口呼吸となることで口の中が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

さらに、舌の筋肉が弱くだらんと下がった状態だと、舌に影響が出ることがあります。上あごに舌先をつける発音である、タ行やナ行が言いづらくなるのです。

これらを予防するためのトレーニングを紹介します。

ポッピング

舌の正しい位置を意識しながら鍛えるトレーニングです。

舌の先をスポット」と呼ばれる、上の前歯の裏側にある歯茎がふくらんだところに置きます。舌の先はそのままで、舌全体を持ち上げ上あごにつけます。口を開けたまま舌を吸い上げ「ポンッ」と音を鳴らしましょう。

舌回しトレーニング

舌を唇と歯の間に入れて、歯茎をなぞるように舌を回すトレーニングです。できるだけ大きく舌を回し、右回りと左回りを交互に行いましょう。

ボタントレーニング

糸を通したボタンを唇でくわえ、糸を引っ張ります。ボタンが取れないように唇でおさえるトレーニングです。

ボタンを唇ではなく歯で噛んでしまうと、糸で引っ張ったときに出っ歯を悪化させてしまうので注意しましょう。

あいうべ体操

「あーいーうー」と大きな口を開けて一音ずつ発声します。「べー」のときに舌をできるだけ前方に出し、下方向に伸ばしましょう。

口の周りや舌の筋肉のトレーニングになり、口呼吸を改善します。顎関節症の方や、口を大きく開けると痛い方は絶対に無理をしないでください。

悪習癖を治す

出っ歯を自力で治すことは難しいですが、これ以上歯並びを悪くしないために悪習癖は治しましょう。日々の悪習慣が出っ歯の原因になっていることがあるからです。

特に歯の生えかわり時期であったり、顎の成長過程である子どもははやい段階で治すことが大切です。

指しゃぶり

指をくわえることで、上の前歯に前方に力が掛かり、出っ歯の原因になります。乳幼児期なら問題はないが、3歳以降も続くと噛み合わせに影響が出る可能性が大きくなるので注意しましょう。

舌の癖

舌を前歯を押す癖がある場合、前歯に力が掛かるので出っ歯の原因のひとつです。また舌足らずな話し方になるなど、滑舌に影響が出ることも考えられます。

口呼吸

口呼吸によって常に口が開いた状態が続くと、口の周りの筋肉がおとろえてきます。また口を開けていると、唇で前歯を内側に押す力が働かないので、出っ歯を抑制することができなくなります。

出っ歯を治すには歯科医院で相談をしましょう

出っ歯を自力で治すことは困難であり、リスクを伴います。まずは歯並びを悪化させる原因となる悪習慣を見直し、悪習慣を改善するためのトレーニングをおすすめします。

また矯正治療する際は歯科医院へ行き、歯科医師と相談したうえで最適な治療法を見つけることが大切です。

スマイルティース編集部おすすめの歯並びが気になる方の歯磨きグッズ

歯並びが悪いと特に磨き残しが多くなってしまいます。

上手に歯磨きグッズを選んで虫歯や歯周病を予防しましょう。

GC ルシェロ P-20 ピセラ 歯ブラシ

歯科材料を販売しているメーカーの歯ブラシです。

先端が山形になっていて、磨き残しが多い細かい部分や奥歯までしっかり磨けます。

購入はこちら

GUM デンタルフロス

水分を含むとフロスが膨らみ、歯と歯の間にフィットして汚れを除去します。

歯ブラシだけでは取れない磨き残しを取り除けます。

購入はこちら