口が生臭い?生臭い口臭がする原因と改善方法を解説!

口臭の90%は口の中に原因がありますが、生臭いと感じるものは大人だけでなく子どもにも現れ、口や全身の病気のサインと考えられます。

生臭い口臭はなぜ起こるのか、原因や改善方法を解説いたします。

この記事の結論

・生臭い臭いを発する口臭の原因は、口の清掃不良・虫歯・歯周病・蓄膿症などの耳鼻咽喉系疾患・トリメチルアミン尿症などが考えられる

・改善方法には、口腔ケアや、歯科医院や医科での治療などがある

・子どもの口臭が生臭い原因は、口の清掃不良・虫歯・歯周病・副鼻腔炎などが考えられる

生臭い口臭がする口の病気


口臭は原因や種類によって臭いに特徴があり、腐敗臭や甘い臭い、アンモニア臭などがあります。

生臭い臭いを発する口臭は口の清掃不良から起こる虫歯や歯周病、蓄膿症などの耳鼻咽喉系疾患やトリメチルアミン尿症が考えられます。

不十分な口腔ケアによる汚れが臭いを発生

臭いの素は口内細菌が作り出す口臭の3大原因物質メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド、硫化水素からなる揮発性硫黄化合物で、口の病気のほとんどは不十分な口腔ケアによる汚れ(プラーク)の付着に起因します。

硫化水素は腐った卵の臭い、メチルメルカプタンは玉ねぎが腐った臭いがあり、ジメチルサルファイドは生ゴミのような臭いがします。

臭いが一時的な場合は、緊張や起床時などに交感神経が働いて唾液の分泌が減って発生する生理的口臭の可能性が高いです。

生理的口臭は身体のメカニズムによって誰にでも起こるものです。飲み物や食べ物を摂取して口に水分が戻れば改善するため治療の必要はありません。

口の清掃不良がある場合、歯の汚れや舌苔そのものが口臭の原因物質を作り出す細菌の塊なので、適切な口腔ケアで汚れを取り除けば生臭い口臭が改善します。

進行した虫歯によって口臭が発生する

初期虫歯の段階では口臭は発生しませんが、進行して穴が大きくなると汚れや食べかすが詰まって発酵・腐敗したり、歯の神経が死んで腐ると強い口臭を放ったりするようになります。

歯周病は生臭い口臭を特に感じやすい病気

歯周病は生臭さや排水溝のような臭いを特に感じやすい病気で、治療せずに病態が悪化すると歯周ポケットの中で炎症による膿や血液とジメチルサルファイドが混ざり、呼吸をしただけで周りの人が不快に感じるほどの臭いを放つことがあります。

口の病気は治療しないと治らないため、慢性的に口臭がある場合は早めに歯科医院を受診するのが望ましいです。

生臭い口臭がする全身の病気

副鼻腔炎(蓄膿症)、咽頭炎、喉頭炎など

副鼻腔炎(蓄膿症)、咽頭炎、喉頭炎などの耳鼻咽喉系疾患があると、口臭が発生することがあります。

膿が溜まると鼻からだけでなく、口からの呼気に膿の臭いが混ざり口臭となります。

胃がんや肺がんなど

胃がんや肺がんなどの呼吸器・消化器系疾患があると、タンパク質と膿や血液が混ざった生臭い腐敗臭が吐息とともに口臭として現れることがあります。

トリメチルアミン尿症

摂取した食べ物が分解されるときに作られるトリメチルアミンが身体の中で代謝されず、尿や汗、呼吸に混ざって口臭として排出されるトリメリルアミン尿症(魚臭症、魚臭症候群)でも、生魚の腐ったような臭いがします。

トリメチルアミン尿症の根本的治療法は確立されておらず、臭いの出にくい食事を選ぶなどの食事療法が行われるのが一般的です。

生臭い口臭の改善方法


毎日の歯磨きを適切に行い、生臭い口臭の原因となる歯周病の治療や医科の受診が必要です。

口腔ケアを適切に行う

歯磨きやマウスウォッシュなどの口腔ケアを適切に行い、歯科医院で歯周検査やクリーニングを受けると良いでしょう。

歯ブラシだけで落とせる汚れは全体の60%程度で、フロスや歯間ブラシを併用しても90%程度と、セルフケアだけでは限界があります。

毎食後に歯磨きをするのが望ましいですが、外出先などで歯磨きができない場合は、食後に殺菌効果のあるマウスウォッシュを使用しておくと、口内細菌の活動が抑えられて口臭の発生を予防できます。

また、マスクを着けると口元に臭いが封じ込められて普段よりも気になることがあるので、食後は丁寧に歯磨き後マウスウォッシュを使用してからマスクをつけると良いでしょう。

歯科医院を受診する

歯科医院のクリーニングを受けると、毎日のセルフケアで落とせない歯石や汚れ、タバコやコーヒーなどによる色素沈着を除去できるため、口臭予防だけでなく口内をより清潔で美しく保てます。

また、口臭の原因のひとつである歯周病は無自覚なまま症状が進行することが多く、人間の鼻は臭いに慣れるため強烈な口臭があっても本人は気づかない場合があります。

歯周病が進行するとセルフケアだけでは治せないため、クリーニングの際に歯茎の状態を確認してもらい、適切な処置を受けることが大切です。

口臭外来を受診する

精密な検査で口臭の原因を解明し、口臭治療に特化した治療をオーダーメイドで提供してくれる専門外来で、総合病院や歯科医院に併設された口臭ケアクリニックなどがあります。

全身疾患由来の口臭は一般歯科だと原因が見えてこない場合がありますが、歯科だけでなく医科も視野に入れて口臭のあらゆる可能性を探るため、的確な口臭治療や対策を講じられます。

問診、口腔内診査、唾液や口臭測定器による検査などを用いて口臭が発生する可能性がある要素を細かくチェックし、診断結果に基づいて口腔内環境の改善やカウンセリングなどを行いながら、3〜4週間おきの通院で約3カ月の改善を目標に治療します。

子どもの口臭


子どもでも歯や舌に着いた汚れ、虫歯や歯周病、副鼻腔炎や糖尿病が原因で口臭が起こることがあります。

子どもの口臭が生臭い場合

口の清掃不良、虫歯、歯周病、副鼻腔炎の可能性があります。

子どもの虫歯は痛みが無いまま急速に歯の神経にまで到達する場合があり、歯に空いた穴に詰まった食べかすや汚れ、腐った歯の神経が強い臭いを放ちます。

虫歯や歯周病は元を辿れば歯に着いた汚れが原因です。そのため日頃の間食の回数や、隅々まで歯磨きができているかがとても重要です。

子どもは歯磨きの重要性を理解しておらず、技術的にもひとりで綺麗に歯を磨けないため、可能な限り保護者が仕上げ磨きをする習慣を付けると良いでしょう。

副鼻腔炎では、大人と同様に副鼻腔に溜まった膿がタンパク質や血液と混ざり、呼吸をするときに口から生臭さやドブのような臭いを発生させます。

口呼吸の癖があると口の中が乾いてさらに臭いが揮発しやすくなり、口臭を強く感じやすいです。

子どもの口臭が甘酸っぱい場合

糖尿病の可能性があります。

食べ過ぎや肥満、水分をよく欲しがるなどの症状が口臭以外にも現れたら注意しましょう。

子どもの口臭ケアの注意点

口の汚れが原因の場合は、丁寧に歯磨きをすることで改善されます。できるだけ仕上げ磨きを行い、副鼻腔炎や糖尿病が疑われる場合は医科を受診しましょう。

市販の口臭ケア用品(タブレット、マウスウォッシュなど)は子どもには刺激が強すぎるため使用しないか、子ども用と表記されたマイルドな使用感のものを選びましょう。

ただし、口臭ケア用品を使用するよりも毎日の適切な歯磨きが口臭予防の基本と心得て、子どものうちから食後の歯磨きの習慣を付けるのが望ましいです。

生臭い口臭の原因は口や身体にある


口臭は原因や種類によって臭いに特徴があり特徴がありますが、生臭い臭いを発する口臭の原因は、口の清掃不良・虫歯・歯周病・蓄膿症などの耳鼻咽喉系疾患・トリメチルアミン尿症などが考えられます。

毎日の歯磨きや口腔ケアを適切に行い、必要に応じて歯科医院や医科を受診することが大切です。

歯や舌に着いた汚れを適切に除去し、歯科医院や医科を受診し気になる口臭を改善しましょう。

口臭対策に効く!マウスウォッシュをご紹介

コンクールF/コンクール


水で薄めて使用するタイプの洗口剤です。
コップに少量の水(25ml)を入れ、コンクールFを5滴垂らして希釈し使用します。1回当たりのコストが安く、経済的な商品です。

グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)が、歯周病菌・口臭菌・虫歯菌などの繁殖を最大12時間抑制します。

歯間ブラシ後のマウスウォッシュとして使用しましょう。また、水で薄めたコンクールFを歯間ブラシにつけ清掃すると、効果的に歯周病菌を殺菌できます。

市販のマウスウォッシュよりも刺激が少なく、スッキリとしたミント味。緑茶抽出液が配合されていて爽やかな香味です。

ただし、グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

オーラルクールCHX/Ciメディカル


コンクールFと同じ、グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌成分)を配合した洗口液です。
プロポリス配合で、ペパーミントの香りです。

グルコン酸クロルヘキシジンアレルギーの方は、使用をお控えください。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら