八重歯(やえば)になる原因と、治療方法・治療期間・費用を解説!

八重歯になる原因や改善方法や費用、八重歯が口や顎に与える影響について解説します。

この記事の結論

・八重歯になる原因には、顎の発育が関係している。
・ワイヤー矯正・マウスピース矯正・インプラント矯正などさまざまな治療方法がある。
・八重歯を放置すると、虫歯や歯周病になるリスクが上がったり、噛み合わせに悪影響を及ぼしたりする。

八重歯になる原因

顎が十分に発育せず歯の並ぶスペースが足りない、乳歯が抜けるのが遅い場合などは、八重歯になる可能性があります。

原因のひとつに遺伝がありますが、八重歯そのものが遺伝するという訳ではありません。

八重歯の原因には、顎の発育が関係しています。そのため、顎の発育の仕方や大きさなどが遺伝することにより、八重歯になると考えられます。

八重歯の治し方

ワイヤー矯正で八重歯を治す

ワイヤー矯正は、歯の表や裏側にワイヤーやブラケットを着けて歯を動かす矯正方法です。ワイヤー矯正で八重歯を改善する方法は、最もメジャーであり治療実績も多いです。

八重歯には、犬歯の位置が少しだけ歯列からずれているものから、著しく歯肉の上の方までずれているものまで、その状態はさまざまです。

いくつかある矯正方法の中でも、ワイヤー矯正は症例の適応範囲が一番広いので、さまざまな八重歯に対応できます。

ワイヤー矯正のデメリットは、装置が目立つこと、装置を着けたら自分では外せないことです。装置が歯に着くことで、見た目が気になったり、装置に慣れるまで食事がしにくかったりします。

また、歯磨きなどの口腔ケアを徹底しないと、虫歯や歯周病のリスクが格段に上がることを念頭に入れておく必要があります。

ただし、装置が目立つという点に関しては、透明や白い色の目立ちにくいブラケットやワイヤーを使う、または歯の裏側に装置を着ける方法を選ぶなど、装置を目立ちにくくする工夫ができます

マウスピース矯正で八重歯を治す

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを1〜2週間ごとに交換して歯を動かす矯正方法です。

コンピューターで歯を動かす量が一定になるように計算されているので、歯が動くときの痛みが比較的少なく、ワイヤー矯正のように歯にブラケットやワイヤーを着けないので、口に装置が当たって痛くなることがほぼありません。

また、マウスピースが透明なので、治療中も見た目が気になりにくいという大きなメリットがあります。

また、マウスピースの着け外しが自由にできるため、ほぼいつも通りに食事や歯磨きを行うことが可能です。

マウスピース装着の指示を守るなど、自己管理ができれば、ワイヤー矯正よりも見た目を気にすること無く、痛みの少ない矯正治療が実現できます。

ただし、症例の適応範囲がワイヤー矯正に比べて狭いので、著しく歯列からずれている八重歯には適応されない場合があります。

インプラント矯正で八重歯を治す

インプラント矯正とは、ワイヤー矯正に加えて、歯の根元あたりの顎の骨に”歯科矯正用アンカースクリュー”という、チタン合金の小さなネジを埋め込む矯正方法です。

従来のワイヤー矯正のように歯に力を掛けるだけでなく、顎の骨にも力の支点を作れるので、短期間で効果的に八重歯を治すことができます。

矯正用インプラントは矯正治療が終わったら外します。

埋め込みの手術時間は1本5〜10分ほどで、術後の痛みも出にくいです。また、矯正用インプラントを抜く際は、麻酔を用いなくてもほとんど痛みがありません。

矯正費用に手術費用が上乗せになるので、治療費が他の方法よりも高額になる場合があります。

セラミックを被せて八重歯を治す

八重歯を全体的に削り、その上からセラミックの被せ物をすることで、八重歯を目立たなくします。

したがって、歯を動かすのではなく「八重歯が治ったように見せる」方法です。

通常、矯正治療には年単位の時間がかかりますが、セラミック治療は歯を削って被せ物を作るだけなので、治療期間が圧倒的に短いです。

ただし、健康な歯を大きく削るので歯の寿命が短くなる可能性が高く、八重歯の状態によって適応できない場合があります。

また、セラミックはあくまで被せ物なので、加齢による歯肉退縮が原因で歯肉とセラミックの境目がずれてきたり、割れて壊れたりすることがあります。

八重歯を自力で治すことはできない

自力では、八重歯を治すことはできません

歯に強い力を加えると、歯の破折や歯槽骨の吸収が起こる可能性があります。

八重歯を治すのにかかる期間

ワイヤー矯正の場合

八重歯を含めて全体矯正をする場合、平均2〜3年ほどかかります。

マウスピース矯正の場合

全体矯正なら平均1〜3年ですが、軽度の八重歯なら1年以内に治る場合もあります。

マウスピース矯正はメーカーにより適応範囲が違います。

セラミックを被せて治す場合

1〜3ヵ月ほどで改善できます。

歯を動かさないで八重歯を削って被せる治療なので、矯正と比べて圧倒的に短い期間で八重歯の見た目を改善できます。

八重歯を治すのにかかる費用


どの方法でも、八重歯の状態によりかかる費用は変わります

また、矯正治療や審美目的のセラミック治療は自費診療となるので、歯科医院によって費用にばらつきがあります。

ワイヤー矯正の場合

八重歯を含めた全体矯正の場合、60〜80万円ほど費用がかかります。

マウスピース矯正の場合

全体矯正の場合、80〜100万円ほど費用がかかります。

マウスピース矯正のメーカーやプランによって、費用は変わります。軽度の症例だけが適応になるマウスピース矯正なら、30万円ほどで八重歯を改善できます。

セラミックを被せて治す場合

平均して、八重歯1本あたり10万円以上の費用がかかります。

自費診療のため、歯科医院やセラミックの材質によって変わります。

八重歯を放置することによる影響

虫歯・歯周病リスクが上がる

八重歯の部分は歯並びが凸凹しており、汚れがたまりやすい所です。歯を磨きづらいので、虫歯や歯周病になるリスクが上がります。

噛み合わせが上手くいかない

八重歯があり著しく歯並びが悪いと、上下の歯が上手く噛み合わないことがあります。
喋りにくいなどの発音障害や、食べ物が上手く噛めない原因となります。

また、噛み合せが悪いと顎の関節や口の周りの筋肉に悪影響を与えます。

世界では、八重歯のイメージは悪いことが多い

日本では八重歯に「かわいい」「小悪魔みたいで愛嬌がある」といったイメージを持つ方が多いです。

しかし、海外では吸血鬼、ドラキュラ、魔女などと関連付けられ、イメージがあまりよくありません

まとめ


八重歯になる原因には、顎が十分に発達せず歯の並ぶスペースが足りなかった、乳歯が抜けるのが遅かった、などがあります。

治療方法は、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正などがあり、それぞれ費用や治療期間が異なります。

詳しい費用や期間に興味がある方は、矯正医に相談してみることをおすすめします。

安く確実な八重歯矯正ならスマイルトゥルー

マウスピース矯正は透明なマウスピースを使うので、治療中も見た目が気になりにくいです。

また、食事や歯磨きをするときは自由にマウスピースを外せるため、矯正器具が邪魔で食事がしにくい、歯磨きが十分にできないということがありません。

スマイルトゥルーでは、歯並び改善後の予知性が高いコンピューターを採用しています。

そのため、事前にシミュレーションをすることで、治療後の歯並びや治療前の歯並びの状態によって変わる期間と費用が明確になります。

さらに、型取りが初回のみなので負担が少ない、世界基準かつ安心の日本製という確かな品質のマウスピースを使用するといったメリットがあります。

スマイルトゥルー公式HPはこちら

矯正中でも歯を清潔に保てる口腔洗浄器

口腔洗浄器はノズルの先端から水を噴射し、水圧で歯間や歯周ポケット、矯正器具と歯の間についた汚れを落とすことができます。1万円代で購入でき、水を準備するだけで家庭でも気軽に使用できるのが特徴です。

おすすめの口腔洗浄機を2つ紹介します。

ウォーターピック ウルトラ・ウォーターフロッサー

ウォーターピックには6種類の形のチップ(ノズル)が付属されており、汚れが気になる場所に合わせて、チップを付け替えて使用できます。

舌を洗浄するチップも付いているので、舌苔が気になる方にもおすすめの商品です。

値段 13,400円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 6種類が付属
持ち運び 不可

購入はこちら

ジェットウォッシャー ドルツ コードレス EW-DJ52-W

ドルツは日本歯科医師会にも推薦されている口内洗浄器です。歯茎や口内の状況に合わせて5段階の水圧調整が可能で、本体が水に濡れても大丈夫なため、風呂場でも使用できます。

充電式で持ち運びが可能なので、旅行などの際にも使用できます。

値段 14,119円
水圧調整 5段階で調整可能
ノズルの種類 1種類
持ち運び

購入はこちら