受け口(しゃくれ・下顎前突)の原因や治療方法・期間や費用を解説!

しゃくれ、下顎前突などとも呼ばれる「受け口」。見た目に影響を与えるだけでなく、噛み合わせや顎のバランスにも悪影響を及ぼします。

受け口の原因や、治療方法、治療期間、費用、受け口を放置することによる影響について解説します。

この記事の結論

・受け口の原因は、遺伝や日頃の癖によるものなどさまざまである。
・ワイヤー矯正・マウスピース矯正・手術などの治療方法がある。
・受け口を放置すると、悪化することがある。

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

受け口になる原因

受け口は上顎が十分に発育しなかったこと、あるいは逆に下顎が発育しすぎたことが原因で上下の顎のバランスが崩れ、起こります。

また上顎の前歯が内側に傾いていたり、下顎の前歯が外側に傾いていたりなど、歯の生えている方向も原因となります。

それだけでなく頬杖や無意識のうちに下顎を前に出す癖、舌で前歯を押す癖、口呼吸など日頃の癖によっても受け口になることがあります。

受け口は遺伝します。受け口そのものが遺伝するのではなく、上下の顎のバランスや顎の大きさが遺伝することで結果的に受け口が遺伝します。

受け口の治し方

ワイヤー矯正で受け口を治す

ワイヤー矯正は歯に小さな四角い装置を着け、そこにワイヤーを通すことで力をかけ歯を動かす最も一般的な方法です。

いくつかある矯正方法の中でも適応範囲が広く、さまざまな受け口に対応できます。

ただワイヤー矯正の装置は固定式のため、一度装着すると外せず目立ちます。また食事がしづらかったり、歯磨きが難しく虫歯や歯周病になりやすかったりします。装置が粘膜に当たることで口内炎もできやすいです。

なおワイヤー矯正の装置を白色のものにしたり、歯の裏側に装置を着けたりすれば見た目は改善できます。

マウスピース矯正で受け口を治す

透明のマウスピースを歯に装着し、受け口を治す方法です。ワイヤー矯正と違って自由に着け外しができ目立ちません。比較的痛みも感じにくく、口内炎ができることもほとんどありません。

上顎が十分に発育しなかった・下顎が発育しすぎたなど骨格に原因がある場合は、マウスピース矯正では受け口を治せません。単に歯並びに異常があるゆえの受け口であれば対応できます。

装置の着け外しができる分、歯列矯正の効果は本人の頑張り次第です。1日の装着時間を守れなければ、治療期間も延びてしまいます。

似た装置として、子供向けのマウスピース装置もあります。これは歯を動かすのではなく、マウスピースを装着することで舌の位置を調整させるものです。

手術で受け口を治す

矯正装置で治せるのは歯の位置や向きのみです。それだけでは受け口を治せない場合、顎の骨を削って下顎を後ろへ引いたり、上顎を前に出したりする手術を併用することで骨格自体を治し、受け口を改善します。

手術を受ける場合は一定期間の入院が必要です。

チンキャップで受け口を治す(子供の場合)

頭にヘッドキャップ、顎にチンキャップを装着し、その間をゴムで引っ張る装置で、ゴムの力を利用して下顎全体を後ろへ移動させる装置です。これにより上顎と下顎の位置関係を調整し、下顎の成長を抑制したり受け口の状態を改善したりします。

装置が目立つため自宅でのみ使用しますが、本人の協力が必要です。

リンガルアーチで受け口を治す(子供の場合)

子供の受け口改善を目的とした装置です。チンキャップと違って固定式のため、本人の協力が得られなくても受け口を治しやすいでしょう。

歯の裏側に装置が着くため目立ちませんが、食べづらさ・話しづらさを感じることがあります。

床矯正装置で受け口を治す(子供の場合)

基本的に子供の受け口改善を目的とした装置ですが、大人向けのものもあります。装置を着けることで顎そのものの大きさを広げ、受け口を改善する方法です。

装置の着け外しは自由にできるため、本人の負担が少ないですが協力が得られないと治療期間が延びてしまいます。

自力で受け口を治す

成長期の子どもの場合は、舌癖を治したり、口呼吸や生活習慣を改善することによって受け口を予防できる可能性があります。

また、成人してしまうと自力で治すことは難しいですが、癖を改善するトレーニングをすることによって、これ以上受け口が悪化しないようすることはできます。

ただ、受け口の原因や状況はさまざまです。どのような治療方法が適しているのか、歯科医院で相談をすることをおすすめします。

受け口を治すのにかかる期間

ワイヤー矯正の場合

治療終了までにおよそ2〜3年かかります。ただし受け口が軽度であれば治療期間は短くなります。

マウスピース矯正の場合

治療終了までにおよそ1〜2年かかります。受け口が軽度であれば治療期間はもっと短くなります。逆にマウスピース装着時間を守らないなど、治療が計画通りに進まなければ治療期間はもっと長くなります。

手術で受け口を治す場合

ワイヤー矯正など歯列矯正を併用することが多いです。そのため治療期間はおよそ1〜3年かかります。手術には入院が必要です。

チンキャップで受け口を治す(子供)場合

およそ数カ月〜1年かかります。他の装置と併用することも多いです。

リンガルアーチで受け口を治す(子供)場合

およそ数カ月〜1年かかります。

床矯正装置で受け口を治す(子供)場合

およそ半年〜1年かかります。

受け口を治すのにかかる費用

ワイヤー矯正

およそ60〜80万円かかることが多いです。受け口が軽度であれば治療期間も短くなるため費用はもっと安くなるでしょう。

マウスピース矯正

およそ80〜100万円かかります。目立たず着け外しも自由にできる分、ワイヤー矯正よりも少し高価です。受け口が軽度であれば費用はもっと安くなります。

手術で受け口を治す

指定された病院を選べば保険が効くためおよそ40〜60万円、効かなければ100〜200万円かかることもあります。

チンキャップで受け口を治す(子供)場合

およそ4〜12万円かかります。

リンガルアーチで受け口を治す(子供)場合

およそ2〜6万円かかります。

床矯正装置で受け口を治す(子供)場合

およそ5〜10万円かかります。

受け口を放置することによる影響

成長とともに悪化する

幼少期から受け口になっていたにも関わらず放置すると、顎の成長とともに悪化することが多いです。

受け口の治療は3歳くらいから可能で、下顎の発育は思春期ごろにピークを迎えるため、遅くとも思春期を迎える前に治しておくのが理想です。

思春期を超えてからの治療は、歯列矯正だけでなく手術が必要になる可能性が高いです。

噛み合わせが上手くいかない

上下の顎のバランスが整っていないことで歯が上手く噛み合わず、食べづらさ・話しづらさ、頭痛や腰痛を感じることがあります。

受け口だと特にサ行の発音がしづらく、舌足らずな話し方になることがあります。日本語だけでなく、英語の発音にも影響が出る可能性が高いです。

まとめ


受け口の原因は、上下の顎のバランスが崩れたことによるもの、頬杖や舌の癖などによるものなどさまざまです。

治療方法には、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、手術などがあり、それぞれ費用や治療期間が異なります。

詳しい費用や期間、治療方法を知りたい方は、歯科医院で相談してみることをおすすめします。

安く確実な受け口矯正ならスマイルトゥルー

骨格に異常があるゆえの受け口は、マウスピース矯正では治せません。ただ歯並びの異常があるゆえの受け口であれば、マウスピース矯正で治せます。

スマイルトゥルーのようなマウスピース矯正であれば、ワイヤー矯正と違って装置を自由に外して歯磨きができ衛生的で、生活習慣にほとんど影響を与えません。

ただ、マウスピース矯正は歯が計画通りに動かないなどといった理由で、予定していたよりも費用がかかることがしばしばあります。

しかしスマイルトゥルーは予知性が高く、かかる期間と費用が明確です。そのため、治療期間は比較的短いです。

スマイルトゥルー公式HPはこちら

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら