手軽に自分の口臭をチェック!口臭チェッカーの使い方と活用方法

口臭には食べ物や嗜好品による一時的なもの、起床時や緊張しているときに唾液の分泌が減少して起こる生理的なもの、そのほか歯周病や虫歯、糖尿病などによる病的なもの、実際には人を不快にさせる口臭が無いにも関わらず口臭があると思い込む心理的口臭があります。

人間の鼻は臭いに慣れてしまうと口臭を発していてもなかなか気づけず、思わぬところで相手に不快な思いをさせてしまうことがあります。

口臭チェッカーは、自分の口臭が相手にとって不快なレベルなのかを素早く客観的にチェックできるアイテムで、エチケットとして手軽に口臭対策に活用できます。

この記事の結論

・口臭チェッカーは口臭があるか無いかをセルフチェックできる
・息を吹きかけて数秒待つだけで結果が出るので、人と会う前のエチケットにもおすすめ
・価格は1,000〜5,000円くらい
・口臭の原因の特定やアルコール測定器の代わりには使えない

口臭チェッカーとは

口臭チェッカーは家電量販店などで購入できる、口臭のセルフチェック用品です。以下のような特徴があり、人と会う前のエチケットや口臭ケアなどに役立ちます。

  • 口臭があるか無いかを手軽にセルフチェックできる
  • 口臭を数値化やレベル化して確認できる
  • 価格は1,000〜5,000くらい

口臭があるか無いかを手軽にセルフチェックできる

口臭の原因物質であるメチルメルカプタンや硫化水素、ジメチルサルファイドに反応して口臭のレベルを確認できます。

市販の口臭チェッカーは歯科医院で使用するものより精度は落ちますが、エチケットとして食後や人と会う前に手軽にセルフチェックできるのが魅力です。

口臭を数値化やレベル化して確認できる

測定した口臭は製品によって数値化、もしくはレベル化してディスプレイに表示するので、口臭が誰にでも起こるレベルのものなのか、相手に不快に思われる可能性があるレベルなのかを客観的に確認できます。

口臭チェッカーを使わずに自分の指についた唾液を嗅ぐ、コップやビニール袋の中に息を吹き掛けて自身の口臭をチェックするなどの方法もありますが、自分の嗅覚で判断するため指標が分かりにくく曖昧で客観的な判断は難しいです。

価格は1,000〜5,000くらい

口臭の有無やレベルをセルフチェックできる機械で、家電量販店やネットショッピングで購入できます。

価格は1,000円~5,000円前後、ポーチに入る大きさのハンディタイプが主流で、持ち運びしやすく外出先で使用しやすいです。

口臭チェッカーの活用方法


相手に不快感を与える口臭の原因は食べ物、口や全身の病気などさまざまで、エチケットとしての口臭対策だけでなく体調管理にも活用できます。

体調管理の一環として使う

朝起きた直後の口臭は唾液の分泌が減って口が渇きぎみで臭いが揮発しやすいため1日の中で一番強く、口臭チェッカーを使うのにおすすめのタイミングです。

口臭の原因はさまざまありますが、毎日の測定を習慣化しておくと口臭の有無やレベルの変動から体調の変化に気づける可能性があります。

ある日を境に慢性的に口臭が検出されるようになった場合は、口や全身の病気に罹っている可能性が考えられるため体調管理として取り入れるのも良いでしょう。

人と会う前のエチケットとして使う

仕事の商談やミーティングの前など、人と会う前に身だしなみの一環として使用します。

口臭が検出された場合は歯磨きやマウスウォッシュで口腔ケアをする、タブレットやガムを噛むなどの口臭対策を事前に行えます。

口臭ケア外来に行く前のセルフチェックとして使う

口臭が気になるけど歯科医院に行く時間が無いという方や、口臭外来や口臭専門クリニックの敷居が高くて相談に行くべきか迷っている場合に使用すると、簡易的に口臭レベルを測定できます。

口臭チェッカーの使い方


使い方は製品によって異なるので、正しく測定するために説明をよく読んで使用条件を守るようにしましょう。

口臭チェッカーを正しく使うポイントはふたつです。

  • 口臭チェッカーに息を吹きかける
  • 使用前にマウスウォッシュを使用しない

口臭チェッカーに息を吹きかける

電源を入れて口臭チェッカーの準備が整ったら、大きな口を開けセンサーにやさしく息を吹きかければ測定完了です。数秒後にディスプレイやランプなどで自身の口臭レベルを確認します。

機器によっては使用後に本体を振ってセンサー周りの湿気や空気を喚起するなどのお手入れが必要です。

使用前にマウスウォッシュを使用しない

口臭チェッカーを使う前に臭いの強いマウスウォッシュなどでケアしてしまうと、それに反応して口臭ありと判定が出る場合もあるので使用状況に注意する必要があります。

口臭チェッカーの注意点


口臭チェッカーは口臭の有無やレベルを測定できますが、口臭の原因を特定したり、アルコール測定器の代わりに使ったりはできません。

  • 口臭の原因までは分からない
  • アルコール測定器の代わりにはならない

口臭の原因までは分からない

口臭のほとんどは硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドといった物質により起こります。口臭外来などで行う口臭治療では、呼気の中にどの物質が多く含まれるかによって口臭の原因を判別します。

しかし市販の口臭チェッカーでは、どの物質による口臭なのかまでは特定できません。

歯科医院の精密なものなら臭い成分から口臭の原因を判別できるので、根本的に口臭を治療したい場合は歯科医院や口臭外来で検査を受けると良いでしょう。

精密な機器での口臭測定のほかに口内検査や尿検査、生活習慣調査などを行い、口臭の改善を目指せます。

アルコール測定器の代わりにはならない

器械に吹きかけた息の成分を数値化しますが、アルコール成分を数値化するものではないので「口臭が無い=アルコールが抜けた」という訳ではありません。

運転前などのアルコール測定器の代わりにはならないので注意しましょう。

臭いを感知するセンサーには寿命がある

メーカーや価格により異なりますが、センサーは熱で温めて臭いを感知するので、回数や年数を重ねると劣化して正確な判定ができなくなります。

口臭があるのに測定値が0になる原因


たまに、口臭があるのに口臭チェッカーを使用しても測定値が0になることがあります。考えられる原因は以下のふたつです。

  • 口臭の原因が口臭チェッカーで測定できない臭い物質のとき
  • 口臭チェッカーの精度

口臭の原因が口臭チェッカーで測定できない臭い物質のとき

口臭チェッカーは口臭の主な原因物質であるメチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドに反応して臭いレベルを測定します。

そのため、これら以外の口臭の原因物質には反応しにくく、口臭があっても測定値が0になることがあります。

口臭チェッカーに反応しない原因物質には、アンモニアなどが挙げられます。全身疾患由来の口臭で発生することがある臭い物質で、基本的に口臭チェッカーでは口以外が原因の口臭は測定できません。

口臭チェッカーの精度

口臭チェッカーの中には、精度が低いために明らかに口臭があるのに結果に反映されないものがあります。 この場合は、口臭があっても測定値が0になる可能性があります。

反対に、マウスウォッシュや歯磨き粉などの口臭とは違う臭いに反応してしまうものもあります。この場合は、口臭が無くても口臭ありと判定される可能性があります。

口臭チェッカーを選ぶ3つのポイント


歯科メーカーだけでなく、美容や健康機器メーカーからも製品化されているため、精度の高さや携帯性、機能性などを考慮してライフスタイルに合うものを選ぶと良いでしょう。

  • 制度の高さで選ぶ
  • 持ち運びのしやすさで選ぶ
  • 機能性で選ぶ

精度の高さで選ぶ

口臭を感知するセンサーは口臭チェッカーの要で、精度が低いと口臭があるのに反応しない、口臭以外の臭いに反応するなど正確な判定ができません。

値段の高さはセンサーの寿命にある程度比例しますが、精度の点では同じメーカーのものならほとんど差が無いので、歯科医院や口臭外来で簡易チェックに使われている機器メーカーなどをリサーチして選ぶと良いでしょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

自宅だけでなく外出先でも使用するなら、ポーチや鞄に収まりやすい軽くてコンパクトな機器を選ぶと良いでしょう。

結果が出るまでの時間が3秒以内のもので、測定の際に音が鳴らないことも考慮すると、外出先でスマートに素早く口臭を測定できます。

機能性で選ぶ

口臭だけでなく頭皮や脇などの体臭まで測定できる多機能タイプもありますが、値段は高めでバリエーションは少ないです。

口臭チェッカーで気軽に口の臭いをチェックしよう


口臭チェッカーは口臭があるか無いかをセルフチェックできる便利なケア用品です。息を吹きかけて数秒待つだけで結果が出るので、人と会う前のエチケットにも活用できておすすめです。ただし、口臭の原因の特定やアルコール測定器の代わりには使えないので注意しましょう。

口臭チェッカーで口臭ありと判断された場合は、歯周病にかかっている可能性があります。歯周病は口臭の原因となる病気です。悪化すると口臭がひどくなるだけでなく、歯の周りの骨が溶けて抜けてしまうため、できるだけ早くに歯科医院で検査してもらうと良いでしょう。

セルフチェックにおすすめな口臭チェッカー


口臭外来に行く前に口臭の有無や臭いのレベルをセルフチェックしたい方は、精度は劣りますが市販の口臭チェッカーで確認できます。

タニタ「ブレスチェッカー」EB-100

長さ12cm、幅3cm、重さ42gの持ち歩きやすいコンパクトなサイズとセンサーやボタンが見えないスマートなデザインが魅力で、6段階の口臭レベルをバイブレーターとLEDランプで判定できる消音設計なので外出先でも使いやすいです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

サンコー「ポータブルニオイチェッカー2」PRTDOR8V

口臭レベルを数字とイラストで5段階表示するので目で見て分かりやすく、比較的安価で初めての方にも試しやすい機器です。

Amazonでの購入はこちら

コニカミノルタ「Kunkun body」

口臭だけでなく加齢臭・ミドル脂臭・汗臭を測るセンサーがそれぞれ搭載されており、口臭のセンサーがほかの臭いに反応しないので多機能でありながら正確な判定が可能です。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら