NONIOマウススプレーの効果は?歯科衛生士が実際に使ってみた口臭予防の効果をレビュー!

コンビニやドラッグストアで250円ほどで購入でき、手軽に口臭ケアができるマウススプレーの効果が気になっている方も多いはず。

そこで口コミでも高評価を得ているNONIOのマウススプレー。効果を確かめるべく実際に使用してみました。

歯科衛生士の視点からNONIOのマウススプレーのレビューしましたのでぜひ参考にしてみてくださいね。

NONIOのマウススプレーの特徴は潤い成分納豆菌ガム(ポリグルミタン酸)が配合されているところ


NONIOマウススプレーは他の口コミサイトでほとんど評価は良かったのですが、中には「持続性がない」「効果があるのか不明」といった悪い評価の書き込みがありました。

本当にそうなのかと購入する前に成分に注目しました。NONIOマウススプレーには「潤い成分納豆菌ガム(ポリグルミタン酸)」が含まれているのが最大の特徴です。

口臭の原因の1つに「口の中が乾燥して口臭になる」があります。唾液が減少し、口の中乾燥してしまうと菌が繁殖します。

菌が繁殖すると菌が代謝として臭いのもととなる硫化水素やメチルメルカプタンを産生し、口臭原因になります。ということは口の中の乾燥を防ぐこと=口臭予防になります。

他のマウススプレーには「ヒアルロン酸」が入っているのもありますが、ヒアルロン酸は水分を引き寄せて包み込み、潤わせる成分に対して、NONIOマウススプレーに含まれている「潤い成分納豆菌ガム(ポリグルタミン酸)」は納豆のネバネバの成分の1つ。

ポリグルミタン酸には水分を包み込み、保水細胞が衰えないように活性化させる働きがあります。

ポリグルタミン酸は研究でマウススプレーしたあと30分後に唾液の増加が認められたという結果があり、口腔乾燥症に対して歯科業界でも注目の成分です。

こんな時おすすめ!ベストタイミング3選


実際に歯磨き後や緊張して口が乾いたと思ったとき、寝る前に1回につき4プッシュして使用してみました。

口の中が乾燥したときや緊張、ストレスを感じたときに使用し、リフレッシュ効果は感じたのですが、確かに爽快感の持続は続かない感覚があったのは正直なところ。

しかし、潤いの持続に関しては実感することができました。とくに寝る前に使用したときは朝起きたらいつもより「口の中が乾燥していない」のです!寝起きに口の中が乾燥していないので、口の不快感が減少しました。

実際に使用した結果、NONIOマウススプレーを使用するおすすめのタイミングは以下の3つ。

食後の歯磨きしたあとの1時間後

歯磨きをしてから時間が経つにつれて口の中の菌が増えていきます。そこで食後の歯磨き後1時間後位にマウススプレーを使うと殺菌効果と潤い効果で口臭予防が期待できます。

食後歯磨きができないときも使用することができますが、口臭予防の効果を高めるためには食後は歯磨きをすることをおすすめします。

緊張した時

緊張した時は口の中が乾燥してしまうので、口臭予防にマウススプレーを使用することをおすすめします。。香りも好きな香りを選べばリラックス効果もあります。

緊張しやすい場面は、重要な会議や人前にでる前、デート前など日常生活の中でよくあります。

ストレスを感じた時にも口の中は乾燥します。ストレスを多く感じやすい職場でも口臭予防ができます。

就寝前

就寝中は唾液が出ないために口の中が乾燥して起床時に口臭を感じやすくなります。

実際に使用してみて翌朝の口の状態がいつもより潤っていて効果を実感し、寝起きの口の中の不快感が減少していたので、ポリグルタミン酸の効果があったことに正直驚きました。

おすすめのタイミング3つあげましたが、いつでもどこでも気軽に使えるNONIOマウススプレーは気になったときにすぐに取り出した口臭ケアができます。

口臭ケアとして今までガムやミントタブレットを使用し、爽快感で誤魔化していた方は、しっかり口臭ケアができるNONIOマウススプレーに変えてみるのもいいでしょう。

NONIOマウススプレーで口臭ケアができる


食後の歯磨きしたあとや寝る前に、舌の上に2〜4回プッシュした結果、香りや爽快感でごまかすのではなく、唾液の量が増えた感覚になり口の中が潤う感じが得られました。

NONIOマウススプレーは口臭の原因の1つである「口の中の乾燥を防ぐ」ことに特化した商品です。

本体がとても小さく持ち運びに便利なので気になったらいつでも使えいるのもポイントです。期限は未開封なら3年持つのでストックもできます。

NONIOマウススプレーは1番の特徴である「潤い成分納豆菌ガム(ポリグルタミン酸)配合」の他にも以下の成分によって口臭ケアができます。

殺菌成分l-メントール配合

口臭のほとんどの原因は口の中にある菌が原因です。

I-メントールには口臭の原因菌を殺菌する働きがあります。天然成分のハッカが原料なので安心して使用できます。

l-メントールの強さは感覚ですが、ミントタブレットと変わらないくらいです。メントールが苦手な方は注意が必要です。

潤い成分納豆菌ガム(ポリグルタミン酸)配合

納豆のネバネバ成分が乾いた口の中の潤してくれます。ポリグルタミン酸は歯科でも注目の成分で、保湿と唾液促進で口臭予防効果があるとされています。

食品由来なので安心できるのもポイント。食品にも使われている成分なので多少飲み込んでしまっても大丈夫です。

納豆のネバネバ成分と聞くと「口の中が気持ち悪い」と感じてしまうかもしれませんが、使用感にネバネバ感は全くありません。

3種の香味で息もさわやか

香味があることによってリラックス効果やリフレッシュ効果が得られます。NONIOマウススプレーには、

  • クリアハーブミント
  • スプラッシュシトラスミント
  • ピュアフルーティミント

3種の香味があり、口の中が不快感が気になる時はクリアハーブミント、息も可愛くしたいならピュアフルーティミント、リフレッシュしたいならスプラッシュシトラスミントなど気分によって使い分けることができます。

今まで歯科衛生士目線で「市販のマウススプレーは気休め程度で、効果がないだろう」と思っていたのですが、殺菌成分や潤い成分納豆菌ガム(ポリグルタミン酸)が配合されていることによって口の中を殺菌し乾燥を防ぎ、「マウススプレーは口臭予防になる」と確信しました。

NONIOマウススプレーのデメリット


NONIOマウススプレーの実際に使用してみて感じたデメリットは

  • 容量が少ない
  • アルコールが入っている

容量が少ないのですぐになくなってしまいます。本体の大きさは印鑑くらいなので、小さなお子様がいる場合は保管場所に注意が必要になります。

NONIOマウススプレーは詰め替えがないので無くなったら新しく購入する必要があり、その度にゴミがでてしまうのがデメリット。

アルコールが入っているので、アレルギーの方は注意が必要です。

どのマウススプレーも同じですが、虫歯や歯周病、病気が原因の口臭には効果がありません。

その場合は「生ゴミに香水をかける」ようなものになり、不快感が増したり、口臭が強まってしまいます。病気が原因の口臭は虫歯治療や歯周病治療などの歯科治療が必要になります。

ですが、NONIOマウススプレーは価格が安いので買いやすく、小さくて持ち運びがしやすいのがメリットです。NONIOマウススプレーは口の中が乾燥しやすく口臭が気になる人には口臭予防グッズとしてぜひ効果を実感してもらいたい商品です。

NONIOマウススプレー


最後に今回レビューしたNONIOのマウススプレーを紹介します。3種類の香味があり、気分によって使い分けるのがポイント。小さいので持ち運びにも便利です。

ライオン NONIOマウススプレー クリアハーブミント


キレのあるサッパリとした冷感とナチュラルなスッキリ感が口臭を予防。定番のミントは1つは持っておきたいマウススプレーです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

ライオン NONIOマウススプレー スプラッシュシトラスミント


甘すぎないシトラスのフレッシュ感がミントの刺激と共に弾けます。フレッシュな爽快感を味わいたい方に。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

ライオン NONIOマウススプレー ピュアフルーティミント


やさしくてみずみずしいフルーツの香りで息も可愛くしたい方に。デート前におすすめの香りです。

Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら