虫歯予防に効果的な歯磨き粉!チェックアップシリーズを徹底解説!

お子さまから大人まで、幅広い年代に適した歯周病・虫歯予防がおこなえるチェックアップの歯磨き粉。

チェックアップはLIONからリリースされている歯磨き粉ブランドで、実にさまざまな種類の歯磨き粉が販売されています。

今回はどんなチェックアップの商品が虫歯予防効果が高いのか?大人や子どもには、なにがおすすめなのか?といった項目について、徹底的に解説いたします。

チェックアップは虫歯予防に効果的な歯磨き粉


チェックアップは年齢・生活習慣・個人の虫歯リスクに合わせて選べる、虫歯予防に効果的な医薬部外品の歯磨き粉です。

フッ素濃度や、形状の違う歯磨き粉がラインナップされていますので、詳しく見ていきましょう。

フッ素濃度が3段階から選べる

フッ素濃度は500ppm、950ppm、1,450ppmの3種類から選べます。

フッ素は虫歯予防に効果的な薬用成分ですが、生活習慣や年齢ごとの歯の状態によって虫歯リスクが変化するため、適切な歯磨き粉のフッ素濃度は年代によって異なります。

子どもがフッ素を使用することに関しては、フッ素症(歯に白い斑点ができるなどの症状)のリスクがあるため、厚生労働省から6歳未満の子どもには1,000ppm以上の高濃度のフッ化物配合歯みがき粉の使用は控えることが喚起されています。

また、6歳未満の子どもの手の届かないところに保管することが通知されており、年代や口の状態に合わせてフッ素濃度を選ぶ必要があります。

歯磨き粉の形状は3種類

ソフトペースト、ジェル、フォーム(泡)タイプがあり、効果だけでなく使用感や好み、使用する歯ブラシが手用か電動かによっても、適切な商品が選べます。

◾️ソフトペースト

チェックアップスタンダードやkodomoはソフトペーストタイプです。
低研磨性の清掃剤が含まれているので、他のチェックアップシリーズの歯磨き粉と比べると、歯の汚れを落とす力があります。

■ジェル

チェックアップジェルには研磨剤が含まれないため、歯や歯茎を傷つける心配がすくないです。

電動歯ブラシとの併用やブラッシング後に歯の表面に塗ることで、フッ素で歯をコーティングする仕上げ用としても使用できます。

◾️フォーム(泡)

チェックアップフォームは、歯磨き粉の泡を舌の上に乗せることで舌の汚れを落としやすくし、口臭予防に効果を発揮する珍しいタイプの歯磨き粉です。

低研磨性もしくは研磨剤無配合

ソフトペーストタイプは低研磨性、ジェルタイプとフォームタイプは研磨剤無配合で、歯や歯茎に優しい歯磨き粉です。

低発泡

フォームタイプ以外は低発泡なので、泡立ちがすくないです。

発泡剤が多く含まれた泡立ちが良すぎる歯磨き粉は、泡で歯が隠れてしまって磨き残しができやすいです。

低香味

虫歯予防には、一定の濃度のフッ素を口内に留めることが大切です。

ブラッシング後のうがいの回数が増えると、口の中に留まるフッ素の量がすくなくなり、虫歯予防効果も低くなります。

チェックアップシリーズはあえて香料の使用をすくなくすることで、ブラッシング後のうがいが少量の水とすくない回数で済み、口の中にフッ素を長く留めておけます。

チェックアップの歯磨き粉の種類と特長


フッ素濃度や形状の違うものが6種類あります。

チェックアップスタンダード

最高濃度である、1,450ppmのフッ素を配合した大人向けの歯磨き粉です。

ソフトペーストタイプで泡立ちを抑えた刺激のすくない処方、そして低研磨性で歯に優しい素材で作られていながらも高い虫歯予防効果が期待できます。

チェックアップkodomo

ソフトペーストタイプで、フッ素950ppm配合、低発泡・低刺激・低研磨性の子ども用歯磨き粉です。

フッ素濃度が調整されているのでフッ素症のリスクが軽減されるほか、ストロベリー、グレープ、アップルの3種類のフレーバーから好きな味を選べるので、子どもも楽しく歯磨きできます。

チェックアップkodomo500

子ども用のソフトペーストタイプの歯磨き粉です。

うがいが上手くできない子どもが歯磨き粉をある程度飲み込むことを考慮して、フッ素濃度は500ppmと低くく、概ね5歳までの子どもにおすすめの歯磨き粉です。

チェックアップジェル

フッ素が歯面に停滞しやすいジェル状の歯磨き粉です。

フッ素濃度が

  • 500ppm(バナナ)
  • 950ppm(グレープ、ピーチ、オレンジ)
  • 1,450ppm(ミント)

の3種類があり、年齢に合わせて選びます。

チェックアップrootcare

研磨剤無配合のジェル状の大人用歯磨き粉です。
露出した歯の根元をコーティングするピロリドンカルボン酸と1,450ppmの高濃度フッ素が加齢などで歯茎から露出した歯の根元の虫歯を予防します。

また、知覚過敏予防に効果のある硝酸カリウムと歯肉炎や口臭を予防する塩化セチルピリジニウム配合で、大人の口内トラブルを多方面からケアします。

チェックアップfoam

フッ素950ppm配合のフォームタイプの歯磨き粉です。
フッ素が隅々まで行き渡り、泡が歯の表面に吸着して虫歯予防効果を発揮します。

ペーストやジェルタイプと比べてうがいに使う水がすくなく済むので、うがいが苦手な子どもの仕上げ磨きや介護が必要な方のブラッシングに向いています

チェックアップの歯磨き粉の使い分け


年齢ごとに適切なフッ素濃度が異なるため、フッ素濃度を中心として使いやすい形状のものを選ぶと良いでしょう。

フッ素濃度は年齢に応じて加減する

フッ素濃度が1,000ppm以上の歯磨き粉は、500ppm濃度が高くなるごとに6%虫歯予防効果が高くなるとWHO(世界保健機構)より発表されています。

フッ素が配合された歯磨き粉を選ばれるときは、基本的にフッ素濃度ができるだけ高いものを選ぶと良いでしょう。

ただし、成人と子どもでは使用できるフッ素濃度が違ってくるので、その点においては十分に気を付けましょう。

大人は950ppm以上

950ppm以上のフッ素が配合されている歯磨き粉を使用してのブラッシングは、虫歯予防の効果が高いという統計があります。

日本国内で使える歯磨剤のフッ素配合量は、最大1450ppmまでフッ素を配合することが認められています。

子どもは1,000ppm以下

フッ素濃度が高い方が口に留まりやすく、虫歯の予防効果を高めやすいですが、6歳未満の子どもが使用するとフッ素症のリスクが生じるため、1,000ppm以下の歯磨き粉を購入されることをおすすめします。

形状で選ぶ

普段の歯磨きにはすこしだけ研磨剤が配合されたペーストタイプおすすめですが、電動歯ブラシをお使いの方や、歯の根元が露出している方などは、研磨剤無配合を選ばれることをおすすめします。

そのなかでも、歯面を傷つけにくい「ジェルタイプ」の歯磨き粉がおすすめです。

おすすめのチェックアップの歯磨き粉

チェックアップは基本的には歯科医院専売品ですが、一部の商品はネットでも購入できます。

低刺激でありながらも高濃度のフッ素が配合されているほかに、泡立ちはあえて低めに設定することで、長時間磨きやすい仕様になっています。

歯磨き粉を使用する人のことをよく考えられた成分がたっぷり配合されていますので、ご紹介いたします。

チェックアップ スタンダード

虫歯予防の効果が高く「低発泡・低刺激性」でブラッシングに最適です。

また、低研磨で歯にやさしく、フッ素は950ppmから1450ppmにグレードアップしています。


Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

チェックアップ コドモ

フッ素が950ppm配合されたフルーツ味の子ども用歯みがき粉は、少量の泡立ちで磨きやすいです。


Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら

チェックアップ ルートケア

歯の根っこが見え出した大人向けの歯磨き粉です。

コーティング剤PCA(ピロリドンカルボン酸)が配合されており、歯肉退縮で露出した象牙質とエナメル質のう蝕をダブルでケア。

象牙質にもやさしい研磨剤無配合処方です。


Amazonでの購入はこちら

楽天での購入はこちら