後悔する?リテーナーをさぼったときの影響や対処法を解説します

長期間に及ぶ矯正治療が終わり装置を外せたとしても、そこで安心してはいけません。矯正装置を外したあとは、リテーナーを使用して、きれいに整った歯並びを維持して安定させる必要があります。

実は、リテーナーの役割や必要性を理解しておらず、ついさぼってしまう方も少なくはありません。

今回はリテーナーをさぼってはいけない理由や、さぼってしまったときの対処法を解説します。

この記事の結論

・リテーナーをさぼると歯は元の位置に戻ろうとする後戻りを起こす

・リテーナーをさぼると装着時の痛みが出る・再治療が必要になるなどの影響を及ぼす

・リテーナーをさぼってしまい痛みが出る・浮いているなど不具合がある場合は、早めに歯科医院を受診すること

リテーナーをさぼってはいけない理由|リテーナーの役割と効果

つい装着をさぼってしまう方が多いリテーナーですが、矯正治療終了後の歯にとって重要な役割を果たしています。

リテーナーの役割を十分発揮するためには、装着時間を意識することが大切です。リテーナーの必要性や効果を理解し、忘れずに装着しましょう。

リテーナーは矯正終了後の後戻りを防ぐ

リテーナーは、矯正終了後の歯並びが後戻りしないよう保つ役割を果たします。

矯正治療が終了し装置を外したあとの歯は、周囲の骨が固まっていないため不安定な状態です。矯正装置を外した直後は、特に歯が動きやすく注意しなければなりません。

リテーナーをさぼって放置していると、歯は元の位置に戻ろうとする後戻りを起こします。骨が固まり歯が安定するまでの期間はリテーナーを装着し、歯並びの後戻りを防ぎましょう。

リテーナーは歯科医師の指示通りに装着することで効果を発揮する

矯正終了後の歯並びが後戻りしないよう、リテーナーは歯科医師の指示どおりに装着しましょう。

リテーナーにはさまざまな種類があり、取り外しできるタイプと固定式があります。取り外しできるタイプは、食事や歯磨きの際に自由に取り外せるのは良い点ですが、装着する時間を守るなどの自己管理が必要です。

矯正装置を外した直後は特に歯が動きやすく、リテーナーを半日装着しなかっただけで歯が後戻りしてしまうこともあります。

きちんとリテーナを使用していると、時間が経つにつれて骨が固まり歯が安定してくるため、歯科医師の指示に従ってリテーナーの装着時間を少しずつ短くしていくのが一般的です。

リテーナーの装着時間は歯科医師が歯並びを診たうえで決めるため、リテーナーの装着期間も定期的な通院が必要になることがあります。

リテーナーをさぼったときに起こる影響とは

リテーナーは歯並びの後戻りを防ぐために装着します。リテーナーの装着をさぼると、以下のような影響を及ぼします。

  • リテーナーを装着したときに痛みが出る
  • リテーナーの作り直しが必要になる
  • 再治療が必要になる

リテーナーを装着したときに痛みが出る

リテーナーの装着をさぼってしまうと、歯並びがズレて再度リテーナーを装着したときに痛みが出る可能性があります。

リテーナーを装着しなかった期間に歯が後戻りを起こすと、リテーナーが合わなくります。少しきつく感じる程度で問題なく装着できる場合もありますが、痛みがある・はまらないといった場合は無理に装着するのは避けましょう。

リテーナーの作り直しが必要になる

リテーナーの装着をさぼってしまうと、リテーナーの作り直しが必要になる場合があります。

リテーナーを装着していない期間が長くなるほど歯の後戻りが進みます。リテーナーを装着したときに痛くてはまらない・浮いてしまうといった場合はリテーナーを作り直しが必要です。

リテーナーの種類によっては、調整のみで作り直さなくて済む場合もあるため、早めに歯科医院に相談しましょう。

再治療が必要になる

リテーナーの装着をさぼってしまうと、歯並びが乱れて再度矯正治療が必要になる場合があります。

リテーナーを装着していない期間に後戻りが進んで歯並びや噛み合わせが大きく崩れると、リテーナーだけでは修正できません。再度矯正治療を行うとなると期間や費用がさらに掛かるため、リテーナーの着け忘れには注意しましょう。

リテーナーをさぼったら後悔する?SNSの意見を紹介します

インターネットやSNS上で、リテーナーをさぼって後悔しているといった意見を目にすることは多いです。実際に後悔している方の意見をいくつかご紹介します。

リテーナーをさぼったときの対処法

リテーナーをさぼってしまった場合は、久しぶりに着けたときにリテーナーがはまるかどうか、痛みがあるかどうかによって対処が異なります。

リテーナーが以前のように装着できた場合はそのまま使用を続ける

リテーナーをさぼってしまったが、以前のように装着できた場合はそのまま使用を続けましょう。

リテーナーを装着してみて激しい痛みがなく、きちんとはまるようなら、後戻りがそれほど起きていない可能性が高いです。

多少きつくても痛みや圧迫感が強くないときは、リテーナーを装着することで歯を元の位置に誘導できる可能性があります。

ただし、リテーナーが入ったからといって、後戻りが起きないわけではありません。再度リテーナーをさぼると少しずつ歯の乱れが積み重なって、リテーナーが使えなくなるほど歯並びが乱れることがあります。

痛みが出てきた・以前のように装着できているかわからないなど、不安な場合は歯科医院に相談しましょう。

リテーナーが装着できない場合は歯科医院に相談する

リテーナーを装着したときに痛くて着けられない・はまらない・はまるが一部浮いてしまうといった場合は、歯科医院に相談しましょう。

後戻りの影響が大きく、リテーナーが合わなくなっている可能性が高いです。後戻りを治すために再度矯正治療を行うことのないよう、早めに歯科医院へ相談することをおすすめします。

リテーナーをさぼってはいけません

リテーナーは装着することで歯の後戻りを防ぎ、矯正治療後の整った歯並びを維持します。リテーナーの装着をさぼってしまわないよう、必要性やさぼってしまったときに起こり得る影響を理解することが大切です。

リテーナーをさぼってしまったなど、使用に関して不安があるときには、早めに歯科医院に相談しましょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら