出っ歯はセラミック矯正で治せる?セラミック矯正が適しているケースを紹介

歯を支えている骨に原因がなく、歯が斜めに生えている出っ歯はセラミック矯正で治療ができます。セラミック矯正が適しているケースと、出っ歯でセラミック矯正を行うメリットとデメリットを紹介します。

この記事の結論

・斜めに生えている出っ歯は、セラミック矯正で見た目の改善ができる

・骨格に問題がある出っ歯はセラミック矯正は適していない

・出っ歯のセラミック矯正はよく歯科医師と相談して、適切な治療方法の選択をしよう

斜めに生えている出っ歯はセラミック矯正が可能


歯を支えてる顎の骨に問題がなく、幼少期の指しゃぶり、舌の癖、口呼吸などの悪習慣によって生じた出っ歯は、セラミック矯正で見た目の改善ができます。

出っ歯は上の前歯が下の歯よりも前に出ている状態のことを指します。見た目の問題や、前歯で食べ物を噛むことが難しかったり、口を閉じても前歯が口から出ていたりすることが多いです。

出っ歯になる原因は、幼少期の指しゃぶりや、舌の癖によって斜めに生えた場合と、遺伝的要素で上顎の骨が前に出ている出っ歯に分けられます。

斜めに生えている出っ歯は、歯を大きく削って被せ物をするセラミック矯正で見た目が整えられます。

顎の骨格に問題がある出っ歯はセラミック矯正に適していない


骨格に問題がある出っ歯は、歯の根っこの移動ができず、歯肉の位置を動かすことができないので、セラミック矯正に適していません。治療の選択肢は矯正治療が望ましいです。

遺伝的要因が高い骨格性の出っ歯は、上顎の骨自体が前に出ています。そのような場合、無理にセラミック矯正を行うと、思った通りの仕上がりになりません。

自分の歯が斜めに生えてる出っ歯か、骨格が問題で出っ歯になっているかは、歯科医師の適切な診断が必要です。

セラミック矯正で出っ歯を治すメリット


セラミック矯正の最大のメリットは、短期間で治療が完了します。出っ歯の改善だけではなく、歯の色、形、大きさの改善もできます。

  • 矯正治療より短期間で治療が完了する
  • 歯の色、形、大きさの改善もできる
  • <li治療期間中は仮歯を入れるので、気づかれにくい

矯正治療よりも短期間で治療が完了する

セラミック矯正は約2週間〜2ヶ月の間で治療が完了します。対して、矯正治療は半年〜2年間と期間が長くなります。短期間で治療が完了するのは、セラミック矯正の最大のメリットです。

歯の色、形、大きさの改善もできる

被せ物の素材はセラミックを使用するため、歯の色、形、大きさの改善ができます。理想の歯を入れるためには、歯科医師とのコミュニケーションをよくとって希望の色や形、大きさを伝えることが大切です。

また、天然の歯よりも白い歯を希望する場合は、セラミックを被せる前に周囲の歯をホワイトニングしてから、セラミックの色を合わせるのが一般的な治療方法です。

矯正治療よりも費用が抑えられる

セラミック矯正のおおよその費用は1本50,000〜150,000円です。矯正治療の目安は300,000〜1,500,000円となっており、矯正治療と比較すると治療にかかる費用を抑えられます。

セラミック矯正に使用される素材は、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、ジルコニアセラミック、メタルボンドが挙げられます。

それぞれの特徴や歯科医院によって費用が異なります。セラミック治療を検討する方は、カウンセリングを受けるか事前によく確認をしましょう。

治療期間中は仮歯を入れるので、気づかれにくい

セラミックが入るまでは仮歯で過ごします。仮歯を入れたその日から見た目の改善がされ、治療期間中も周囲に気づかれず目立ちません。

仮歯はプラスチックでできているので、長い時間使用すると変色します。また、セラミックの違って強度がないので、強く噛んでしまうと欠けたり割れたりします。治療が始まったら計画的に予定を立てて、長期間仮歯の状態にならないよう注意しましょう。

最終的段階ではプロビジョナルレストレーションという仮歯を使用し、歯の出っ張り具合や、形、大きさ、噛み合わせなど最終形態に仕上げます。プロビジョナルレストレーションの最終形態が被せ物の完成形となります。

セラミック矯正で出っ歯を治すデメリット


セラミック矯正にはデメリットもあります。デメリットをしっかり理解しておきましょう。

  • 健康な歯を削って治療をする
  • ケースによって神経を抜く必要がある
  • 歯の根っこが割れる可能性がある
  • 噛み合わせに違和感がでる可能性がある
  • 強い衝撃が加わった場合、割れたり欠けたりする可能性がある

健康な歯を削って治療をする

セラミック矯正は見た目を整えるために、健康な歯を大きく削って被せ物をする治療方法です。

削った歯はむし歯になりやすく、歯の強度が劣るため寿命が短くなります。また、削った歯は元には戻らないので治療には覚悟が必要です。

ケースによって神経を抜く必要がある

歯の生え方によって大きく削ると痛みが出る可能性があるため、神経を抜いて治療を行います。

神経をとってしまった歯は栄養が行き渡らず強度が弱くなり、寿命が短くなります。また、神経の治療後に根の先端に膿が溜まってしまった場合は、セラミックを壊してやり替えるか、根の先端を切り取る手術をします。

歯の根っこが割れる可能性がある

前歯2本のみの出っ歯をセラミック治療した場合、前歯で強く噛みちぎったときに歯の根っこが割れる可能性があります。

歯の根っこが割れてしまうと、歯を抜かなくてはなりません。

噛み合わせに違和感がでる可能性がある

セラミック矯正は前歯の噛み切りやすさが変化することが考えられ、噛み合わせに違和感がでる可能性があります。

また、かみ合わせを考えて被せ物を作製しないと、かみ合わせに異常が生じてしまうデメリットがあります。

割れたり欠ける可能性がある

セラミックは陶器と同じ素材を使用しています。そのため、陶器と同様に強い衝撃が加わると、割れたり欠けたりする可能性があります。そのような場合は被せ物を再度作り直しになります。

かみ合わせが強い場合は、かみ合わせの調整や、就寝時に歯ぎしりやくいしばりの衝撃を緩和するナイトガードの装着をするなど工夫が必要です。

出っ歯のセラミック矯正は歯科医師とよく相談し、最善な治療方法を選ぼう


出っ歯の治療方法はセラミック矯正と矯正治療が選択肢に挙げられます。どちらもメリット、デメリットがあるので歯科医師とよく相談し、最善な治療方法を選びましょう。

セラミック矯正は短期間で見た目が改善し、忙しい方やホワイトニングせずに芸能人のような白い歯を手に入れたい方にとっては、ニーズに合った治療方法です。

セラミック矯正と矯正治療と混合されがちですが、矯正治療は噛み合わせの改善を目的としており、結果的に歯並びが整います。対してセラミック矯正は、見た目の改善を目的とした「美容整形」に近い治療方法です。

セラミック矯正や矯正治療は一生のうちに何度も行う治療ではありません。治療の目的を明確にし、治療を選択する際は治療内容をよく理解して、カウンセリングやセカンドオピニオンを受けることをおすすめします。

スマイルティース編集部おすすめ出っ歯の治療後に使用したいセルフケアグッズ


セラミック矯正の治療後は歯を大切にしたいもの。セラミックを長持ちさせるためには、セルフケアも非常に大切です。そこでおすすめのセルフケアグッズを紹介します。

【2020年モデル】フィリップス ソニッケア― ダイヤモンドクリーン 9000 電動歯ブラシ ホワイト アプリ連動 HX9911/10


手磨きの最大10倍の歯垢を除去。アプリを使って適切なブラッシングができます。ソニッケアーで磨いた後の歯はツルツルして気持ちがいいです。

購入はこちら

ウェルテック リペリオ80g


歯肉の腫れや歯肉の下りを予防する歯磨き粉です。OIM加水分解コンキオリンが細胞を活性化し、歯周組織の修復を促します。歯肉のマッサージにもおすすめです。

購入はこちら