矯正器具をかわいくするブラケット矯正のカラーゴムについて解説

矯正用カラーゴムは、従来の矯正にありがちなイメージだった「隠したい」「矯正中であることが人にバレたくない」といった考えとは、まったく逆転の発想の矯正器具です。

今回は、なにかと憂鬱な矯正ライフを少しでも明るく前向きな気持ちにさせてくれる「矯正用カラーゴム」について詳しく解説いたします。

この記事の結論

・カラーゴムの費用はクリニックごとに異なり、中には費用がかからない場合もある

・カラーゴムは色のバリエーションが豊かなだけでなく、デザイン性に優れたゴムもある

・メリットは、色付きゴムなので食べ物の着色が目立ちにくいなど

おすすめのマウスピース矯正4選

①キレイライン矯正

~目立ちにくいマウスピース矯正!圧倒的な症例の実績!~

②Oh my teeth

~原則、通院不要のマウスピース矯正~

③ローコスト

~月々3,000円から始められる歯列矯正~

④スマイルトゥルー

~治療期間は最短3ヶ月!短期間で可能な歯列矯正~

ブラケット矯正で使用するカラーゴムとは


10代・20代の若者を中心にSNSなどで賑わいを見せている「矯正用カラーゴム」。色やデザインが数多く取りそろえられており、また値段に関しても比較的抑えめであることから、10代・20代の若者を中心にSNSなどで賑わいを見せているようです。

従来の歯列矯正の価値観とは全く違った発想で「あえて目立たせる矯正用カラーゴム」の役割(使用する目的)や気になる費用をお伝えします。

カラーゴムは矯正で使用するゴムに色がついたもの

矯正用カラーゴムとはワイヤー矯正をおこなう際に、ブラケットとワイヤーを固定させるときに使用される直径3mm程度の丸い形かつ小さな輪ゴムを指します。

カラーゴムはアーチワイヤーが抜けないようにモジュールでくくり、結紮(固定)させていく用途で使用されます。

一般的にはブラケットにワイヤーを固定するために、半透明もしくは白色のゴムを使用することが多いです。

費用は0円~リーズナブルな価格

カラーゴムに関する追加料金は一切かからない歯科医院もありますが、費用が発生するとしても比較的リーズナブルな価格で行える歯科医院が多いです。

トータルフィー制の歯科医院であっても、カラーモジュールに関しては費用のなかに含まれておらず、オプションとなるパターンが多いです。詳しくは、かかりつけの歯科医院へ尋ねてみるとよいでしょう。

さまざまな色の種類がある

パステルカラーからビビッドなカラーまで数多くの色バリエーションが楽しめるほかに、キャラクターデザインやハロウィン柄の模様が施されたカラーゴムまで販売されています。

また「ゴムを目立たせたくない」といったニーズにも応えるために、透明色や歯と同系色のトゥースカラーを取り扱っているメーカーもあり、矯正用カラーゴムはさまざまなニーズに応えています。

矯正用ゴムは調整のたびに交換が必要なパーツなので、定期的に来院していただく際にその都度色を変えることも可能です。

したがって、イベントに応じて1~2カ月の定期的な通院に応じてネイルやヘアカラーを変えるように矯正用カラーゴムを変えてみるのも手でしょう。

初めから前歯に付けるのが不安な方は、奥歯からカラーゴムを始めたり薄めの色を選んだりすると取り入れやすくなりますよ。

矯正でカラーゴムを使用するメリット


実際に矯正用カラーゴムを使用した際のメリットとしては以下2つが挙げられます。

  • ゴムへの着色が目立たない
  • 普通のゴムよりおしゃれ

ゴムへの着色が目立たない

パープルなど濃い色味のモジュールであれば変色は目立ちにくく、長期間の装着でも変色が目立ちづらいので、着色の多い食べ物(カレーやワイン・コーヒーなど)をたくさん召し上がる方には向いていると言えます。

モジュールは輪ゴム素材でできているため、1カ月以上つけていると劣化してしまい黄ばんでくるケースが多いので、濃い色味のモジュールを活用して着色が目立ちにくい工夫をされてみてもよいでしょう。

普通のゴムよりおしゃれ

色鮮やかな矯正用カラーゴムを付けることの最大のメリットは、やはり目立つこです。特にSNSなどで自身の写真を撮ると、色とりどりのカラフルなカラーゴムはそれだけで画面を明るくして、一気におしゃれ度が増すでしょう。

雑誌に載っている読者モデルなどがカラーゴムを付けている人もいて、それに憧れる人も増えているようです。また、初対面の人にも覚えられやすいというメリットも挙げられます。

矯正器具へのカラーゴムの着脱について


取り扱いがある歯科医院であれば、矯正時の定期来院ごとにカラーゴムの色・デザインが変えられたり、普通のゴムに戻したりもできます。

しかし歯医者さんによっては矯正用カラーゴムの取り扱いがない、もしくは仮にあったとしてもバリエーションが少なく、自分の希望色などはないといったケースも考えられます。

「どうしても矯正用カラーゴムをつけたい!」といった強い希望がある場合は、矯正検討中の段階で下調べ(ホームページ閲覧)をしましょう。

自分が通っている歯科医院に希望のカラーゴムがなくても、一度取り扱ってもらえないかお願いしてみるのも手ですね。

まとめ


従来の矯正法は隠すもの、といったネガティブなイメージがありましたが、矯正用カラーゴムを付けることの最大のメリットは目立つこと。

矯正用カラーゴムは全く逆転の発想で、あえてカラフルなゴムをつけることで自分の存在感を強くアピールできるのです。

カラーゴムは色味のカラフルさから、食べ物によるゴムの変色が目立ちにくいのもメリットです。費用も0円~リーズナブルな価格帯なので、その時々の気分で気軽にゴムを取り換えてみてもよいでしょう。

スマイルティース編集部おすすめのマウスピース矯正

マウスピース矯正は、マウスピースの取り外しが簡単であることや、透明で矯正していることを気づかれにくい点が特徴です。スマイルティースでおすすめのマウスピース矯正を4つ紹介します。

キレイライン矯正

width=2692
22,000円(税込)から始められる、経験豊富な歯科医師が監修を行うマウスピース矯正です。公式サイトには豊富に症例が掲載されています。

くわしくはこちら

Oh my teeth

LINEやビデオ通話を駆使した、原則として通院不要のマウスピース矯正です。料金体系が明確で安心して歯列矯正を始めることができます。

くわしくはこちら

ローコスト

width=1560
月々3,000円、最短3ヶ月で利用できるマウスピース矯正です。国家資格を持つ歯科技工士が、高品質なマウスピースを国内で自社製造しています。

くわしくはこちら

スマイルトゥルー

width=1560
治療前のヒアリングが評判の歯列矯正です。お口の状態を丁寧にヒアリングし、最適な歯並びを提案してもらえます。

くわしくはこちら