【自費素材を使ったつめ物・かぶせ物】副作用とリスク

スルガ

つめ物・かぶせ物に関して

  • 材質によっては、歯ぎしりや噛みしめる力の強い方は、破損させてしまう場合がございます。そのような場合は、マウスピースを装着して対応できます。
  • 材質によっては、まだ使用可能になって期間が短いものがあるため、副作用報告がなくともよく検討する必要がございます。

ジルコニア

  • ジルコニア自体が割れてしまうのではなく、表面を覆っているポーセレンというセラミックが割れてしまうことのほうが多くございます。原因のひとつとしては、ポーセレンというセラミックとジルコニアの密着度が、セラミック同士との場合や金属とセラミックとの場合に比べて、若干弱い場合があるからです。他にも、激しい歯ぎしりをする人の場合、どうしてもセラミックの部分はジルコニアよりも強度が落ちるので、割れてしまうケースがございます。

メタルセラミック

  • メタルセラミック(セラミックボンド)治療は、歯と歯茎の境が黒く変色してしまうケースがございます。

オールセラミック